車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

アクア トヨタ

CROSSOVERってどんな仕様のアクアなの? SUV車としてどこまで期待できる?

更新日:

2017年 6月のマイナーチェンジでアクアは、マイナーと言いながらも見た目やグレード、燃費など多くの部分を変更や改良しています。その中で、以前存在した Xアーバンは廃止となり、同年7月に新しくCROSSOVERというグレードとして展開されています。

Xアーバンといえば SUVっぽくはあるけどSUVとしては活用できないアクア、という外観重視の存在でしたがCROSSOVERではどんな仕様になっているのでしょうか?新しく展開されたグレードCROSSOVERはSUVとして対応しているのか?どんな仕様なのか?などを探ってみましょう。

SUVらしいアクティブなエクステリア


引用:トヨタ公式ページ


引用:トヨタ公式ページ

上の画像がアクアCROSSOVER、下の画像はノーマルアクアです。CROSSOVERは専用のエクステリアが採用されていています。並べるとCROSSOVERはアクアよりも大きく、ワイルドに見えます。


引用:トヨタ公式ページ

エンブレムにかかるほどのフロントグリルや台形に広がったバンパーはどっしりと構えた力強さを感じさせ、デザイン性の高いフォグランプやフェンダーアーチモールからはアクティブな印象を受けます。同じアクアでもデザインを変更するだけで、SUVらしいイメージに仕上がっています。

 

内装はアクティブというより上質?


引用:トヨタ公式ページ

全体的な内装は、マイナーチェンジ後の通常のアクアGグレードとほとんど変わりません。外観とは裏腹に乗り込んでしまうとSUVっぽさはなくなりますが、通常のアクアよりも高級感を感じられます。

CROSSOVER専用シート


引用:トヨタ公式ページ

シートはファブリックと合皮を組み合わせたデザインになります。シルバーブラック×合成皮革はCROSSOVER専用シートになりますが、他に16,200円プラスでホワイトソフトレザーの選択ができます。シルバーブラックではアクティブな印象を、ホワイトレザーでは高級感を味わえます。

本革巻きステアリング


引用:トヨタ公式ページ

装備内容がGグレードと大体同じになるため、ステアリングも本革巻きになります。アクティブなだけでなく上質さもプラスされました。

サイズはアクアよりちょっと大きめ


引用:トヨタ公式ページ

アクア・・・・・全長4050 全幅1695 全高1455mm
CROSSOVER・・全長4060 全幅1715 全高1500mm

コンパクトハイブリッドカーのフィットは、元々シートが高めで視界をしっかり確保している設計ですが、アクアはやや低めになります。そのためアクアはフィットと比較すると視界が悪くて運転しにくいという意見を時々聞きます。

CROSSOVERのボディサイズはアクアよりも少し大きくなります。またCROSSOVERでは専用サスペンションを装備することでアクアより車高が4.5cm高くなっています。ノーマルアクアよりアイポイントも高くなるため視野を確保しやすく、小柄な人や女性にも運転がしやすく感じられそうです。

大きめのタイヤを採用


引用:トヨタ公式ページ

ノーマルアクアでは、15インチのタイヤを履いていますが、crossoverでは16インチにインチアップしています。ホイールも専用ホイールを装備することで通常より太めのタイヤを採用しています。

SUVとしてどこまで期待できるの?


引用:トヨタ公式ページ

実用的なSUV仕様としての装備は、車高タイヤくらいしか変更がないCROSSOVERですが、通常のアクアよりどれくらいアクティブな走行ができるのでしょうか?何か通常のアクアより良くなった箇所はあるのでしょうか?

ノーマルアクアよりは悪路に強いかも・・・

引用:トヨタ公式ページ

CROSSOVERは通常のアクアより最低地上高が3cm高く、17cmとなります。その分、ノーマルアクアよりは悪路にも対応してくれそうです。整備されているアウトドアレジャー施設などは問題なく楽しめそうです。

安定感のあるコーナリングはSUVっぽい

走行性能はアクアと変わらないのですが、アクア自体がマイナーチェンジによって安定感が良くなっていますのでCROSSOVERも安定感がありコーナーでよく曲がってくれます。元々低重心な車体をCROSSOVER専用チューニングと16インチタイヤで路面をしっかり掴み、曲がるときに車体の上部がフワっとするというような不安定さが少なく、安定感と余裕を感じられそうです。

ルーフモールは使えない


引用:トヨタ公式ページ

屋根の両サイドに付けられたブラックのルーフモールはSUVっぽさを強調します。CROSSOVERのルーフモールもXアーバンの時と同じ埋め込み式となっていて、積載機能はありません。装備というよりは装飾と言うのが正しいでしょうか。

SUVとしては期待できないけど売れている

CROSSOVERの見た目はかなりSUVっぽくありますが、性能としては街中や高速道路といった普通の道を走行するのに適した車となります。そんななんちゃってSUV、需要はあるのかな?と不安になりますが心配無用のようです。

SUVのアクティブなデザインは気に入っているけどSUVは必要ない、おしゃれな車が欲しい、アクアよりも扱いやすい、などといった理由でCROSSOVERはアクアの中でも売り上げ上位に入っています。

まとめ

アクアのサイズでSUVが欲しかった!という人には残念ですが、外観はSUVっぽくてもエンジンなど仕様は通常のアクアとほぼ同じです。本格SUVとして購入するには、パワーも装備も足りないためおすすめできません。

もちろん、全然走れない車というわけではありませんしアクアより地上高も3㎝高く、ちょっとした行楽や、ある程度整備されたレジャー施設などは問題なく楽しむことができるでしょう。

CROSSOVERは個性的でスタイリッシュなアクアと捉えた方が良さそうです。カッコ良いアクアという存在としては申し分なく仕上がっていますから、お洒落感覚や、個性を追求する場合には、是非ともおすすめです。

また、通常のアクアより地上高が高い分アイポイントも高くなり、小柄な方でも扱いやすくなります。そのためお洒落な車がすきな女性にもおすすめのアクアと言えそうです。

-アクア, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.