C-HR トヨタ

C-HRの安全装備とグレードによる違い!安全オプションの内容とは?

更新日:

最近発売される車の多くは、安全装備の標準化が当たり前のようになっています。出始めの頃、余計安全じゃない!などと煙たがられていた自動ブレーキシステムの性能もかなり改良され、今ではついていない車の方が少ないほどです。

2016年に発売されたC-HRもSUVだからこそでしょうか。かなり安全面を強化した内容となっています。トヨタの安全システム、Toyota.Safety.Sense(トヨタ・セーフティー・センス)では高機能は「P」が採用され、その他にもいろいろな安全装備が標準化されています。

今回は、C-HRの標準安全装備の内容と、加えることで安全面をさらに強化できるオプションなどを紹介しましょう。

トヨタ・セーフティ・センスとは

安全装備にも色々な機能がありますが、現在自動車メーカーが競って標準化している安全装備は、衝突被害軽減ブレーキになります。

この機能は、ミリ波レーダー単眼カメラで前方の歩行者や車両を検知し、衝突の危険性を教えてくれたり、間に合わないときは自動ブレーキを作動させ、衝突被害を軽減するというものです。

トヨタではセーフティセンスという名前で展開し、ミリ波レーダーと単眼カメラの両方で障害物を検知します。

トヨタ・セーフティ・センスにはランクがある

トヨタ・セーフティ・センスはCとPというランクに分けられ、自動ブレーキシステム以外の先進安全装備と組み合わせてパッケージ化されています。

Cとの大きな違いは、Pではレーダークルーズコントロールが装備されていることです。C-HRの場合はセーフティセンス・Pというパッケージになり、Cよりも安全装備が充実、操作がしやすくなっています。

セーフティ・センス・Pの内容

それではトヨタ・セーフティセンス・Pの内容を見てみましょう。同じPであっても車種によって内容が多少変更されています。C-HRの場合は、以下の4つがパッケージされています。

プリクラッシュセーフティシステム

ミリ波レーダーと単眼カメラが前方の車や歩行者を検知し、ぶつかりそうだと判断すると、警報ブザーとディスプレイ表示で知らせます。

それでも間に合わないと判断すると、C-HRがブレーキを作動させ衝突回避、間に合わなかった場合でも被害を軽減するように働きます。今のところ40km/hまでの走行では、衝突を回避できる確率が高いとされています。

レーンディバーチャーアラート

単眼カメラが走行中の車線を認識し、ウィンカーを出さずに車線からはみ出しそうになると、ブザーとディスプレイの表示で知らせ、また、ステアリング操作のサポートもしてくれます。車線幅3m以上、50km/h以上での走行で作動します。

オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替えます。暗がりでの歩行者や障害物早期発見に役立つだけでなく、切り忘れも防止してくれます。

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラが前方を走行する車を認識し、先行車に速度を合わせて車間距離を保ちながら追従走行します。先行車の減速、停止にも動きを合わせ、発進時はアクセルを少し踏むと、追従走行を再開します。

その他の標準安全装備

SRSエアバッグ・サイドエアバッグ・カーテンシールドエアバッグ

衝突時、どの席に座っている人頭や胸なども衝撃を緩和させるため、エアバッグは前席だけでなく、サイド、カーテンシルドも全グレード標準装備となっています。

歩行者障害軽減ボディ

万が一、歩行者などと接触してしまった場合、できるだけ歩行者の衝撃が軽減できるように、歩行者の頭部や脚部が当たりやすいと予測された部分は、衝撃を緩和する構造になっています。

前席3点シートベルト

リヤシートのシートベルトも3点式にすることで前席だけでなく、後部座席に乗車する方の安全性が高まります。

グレードによる安全装備の違い

C-HRではGグレードの選択で、更に安全性を高めるシステムを標準化しています。Sグレードを選択してオプションでプラスするということはできないものもあります。

ブラインドスポットモニター

車線変更の時、隣の車線を走行する車をレーダーで検知し、ドアミラーのLEDインジケーターで知らせてくれます。ドアミラーでは見えにくい後方側の車両や、接近してくる車両を知らせてくれることで、車線変更がスムーズに行いやすくなります。

クリアランスソナー&バックソナー

車庫入れなどの時、周辺の障害物などとの接触衝突を避けるための合図を出します。超音波センサーが車両前後のコーナー周辺にある障害物を検知します。

障害物がある時はブザーで知らせてくれ、車両との距離をマルチインフォメーションディスプレイに表示します。10km/h以下の低速で作動します。

LEDフロントフォグランプ

ひどい霧や見通しが悪い環境で、ヘッドランプの明かりを補助してくれまます。G、G-Tでは標準装備となりますが、S、S-Tではオプション扱いになります。

更に安全性を高めるオプション

標準化されている安全システムにプラスすることで、より安全面を強化できるオプションです。単品扱いとされているものもありますが、グレードによっては付けられない、また、単品では機能しないオプションもあります。

リヤクロストラフィックアラート&バックカメラ

バックカメラが後方の視界を画面に映します。それにより、車庫入れなどが楽になりますが、更にブラインドスポットモニターが、後退時に左右から接近する車両を検知、リヤクロストラフィックアラートで危険を知らせてくれます。

バックカメラだけの選択はどのグレードでもできますが、リヤクロストラフィックアラートを付けるには、Sグレードでの選択ができません。

ブラインドスポットモニターが付いていることが条件となり、ブラインドスポットモニターは真後ろを写すことができないため、バックカメラとのセットでの選択となります。

Bi-Beam LEDヘッドランプ+LEDヘッドクリアランスランプ+LEDシーケンシャルランプ

ヘッドランプをLEDに変更することで、視界が通常のランプよりも明るくなります。ヘッドランプ全てがLEDに変更されているため、明るいだけでなく省エネにも貢献します。

また、流れるウィンカーとして知られる、シーケンシャルターンランプは、ただかっこいいだけでなく、被視認性を高め、安全面も向上します。

安全装備に頼りすぎないで!

安全装備が標準化することで

「存在は知っていたけど、オプション扱いだったのであまり関わりがなかった

という方も、実際に利用するシーンが増えてくると思います。最初は操作に戸惑っても、慣れてくることで今までより車の操作自体がしやすくなったり、運転に自信を持てるようになる方もいるでしょう。

ただ便利な分、気が緩み、他のこと(スマホを見るなど)に気を取られてしまうと、安全装備は、危険な装備に一転します。

操作が自動になっても、どんなに安全面が強化されても、運転しているのはドライバーです。走行中は運転に集中することを忘れないよう、注意が必要です。

まとめ

C-HRで装備されているトヨタ・セーフティ・センス・Pでは、緊急ブレーキ以外にも多くの安全装備がプラスされ、誰が運転しても安心、安全に扱うことができます。

また、グレードによって選べないグレードや、Gグレードにしか装備されないものもあるため、どんな安全装備が必要かよく考えてグレード選択すると良さそうです。

多くの安全装備が標準装備となっていますが、利用できなければ意味も半減してしまいます。C-HRのデザイン性や走行性に加え、標準化された安全装備についても知ることで、C-HRでのドライブがより楽しいものとなりそうです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-C-HR, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.