車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

C-HR トヨタ

C-HRオリジナルカスタム、スポーティスタイルとは?純正カスタムをすすめる理由は?

更新日:

トヨタから発売されているSUVの多くは欲張りな傾向が強く、ただ機能的なだけではなく、高級感やデザイン性といった都会的な要素がプラスされているように感じます。

2016年12月に発売されたC-HRもスタイリッシュなデザインが話題となり、カスタムも、モデリスタ、TRDはもちろん、純正カスタムにおいても、販売店チャンネル(ネッツ店、カローラ店など)ごとにカスタムパーツを提案しています。

純正カスタムパーツは選択しやすく、カスタムに興味はあるけど敷居が高いと感じるカスタム初心者にもオススメですが、純正カスタムのスタイルも5種類あるのは、選択肢が増えて嬉しいですね。

今回は5種類の中でも、全店舗チャンネルで選択できるオリジナルカスタムパーツの内容はどんなものなのか?また、初心者に純正カスタムパーツをおすすめする理由をあげてみましょう。

オリジナルカスタムの外装はスポーティスタイル

引用:http://toyota.jp/c-hr/accessories/

C-HRのエクステリア・カスタムパーツはディーラーごとに提案がされています。販売店ごとのデザインも純正品として扱われていますが、どの店舗も共通の純正カスタムパーツはブラック×レッドのスポーティスタイルになります。

画像ではホワイトのボディに装着されていますがどのボディカラーでも映えそうなデザインです。

フロントスポイラー

引用:http://toyota.jp/c-hr/customize/sportystyle/?padid=ag341_from_chr_ex_sportystyle

モデリズタやTRDと比較すると、控えめなスポイラーですが、大きすぎないブラックのエアロパーツにレッドモールがアクセントとして映え、シャープなデザインになります。

サイドマッドガード

引用:http://toyota.jp/c-hr/customize/sportystyle/?padid=ag341_from_chr_ex_sportystyle

フロントデザインからつながりを感じられるレッドモールの装飾が施されています。

リヤバンパーガーニッシュ

こちらもサイドマッドガードとつながるデザインです。レッドモールのアウトラインがボディ底面を1周し、スポーティなイメージを与えています。ネッツ店でグリーンモールが展開されていますね。

パッケージならお得に装備できる!

フロント、サイド、リヤを飾るエアロやガーニッシュは、つながりをもたせたデザインに仕上げられていることが多く、まとめて装備することでボディに統一感が感じられます。

スポーティスタイルもフロント、サイド、リヤのパーツはパッケージになっていて、単品で購入すると152,280円のところ140,400円となり、12000円ほどお得になっています。

その他のエクステリアパーツ

サイドガーニッシュ

引用:http://toyota.jp/c-hr/customize/sportystyle/?padid=ag341_from_chr_ex_sportystyle

ドア下の樹脂部分にシルバーの装飾をプラスすることで、ボディがより立体的になり、高級感とスポーティさを強調させてくれます。

フロントコーナーガーニッシュ

引用:http://toyota.jp/c-hr/customize/sportystyle/?padid=ag341_from_chr_ex_sportystyle

フロントスポイラーだけの装飾でもボディが引き締まりますが、フロントコーナーガーニッシュをプラスすると、ワイルドさが引き立ちます。

インテリアデザイン

インテリアデザインは全店舗チャンネル共通になります。インテリアのドレスアップパーツ自体はそれほど多く展開されていませんが、オススメをあげてみましょう。

革調シートカバー

 

引用:http://toyota.jp/c-hr/accessories/interior/

革調カバーはブラックホワイトの2展開になりますが、オススメしたいのはホワイトのデザインです。ホワイトといっても白い部分はシートの側面で、座面はブラックになります。

肩の部分のレッドアクセントが加わり、ホワイト、ブラックの配分が良い具合にデザインされていて、車内がメカっぽく映えるのではないでしょうか。スタイリッシュなC-HRにぴったりなシートカバーとなります。

ホワイト部分の素材は汚れにくく、またついた汚れも落ちやすい素材を選ばれているので、小さなお子さまがいても、躊躇なく選択できます。

ドアリフレクションデカール

引用:http://toyota.jp/c-hr/accessories/interior/

ドアを開閉するときにしか見えないカスタムですが、ホワイトの革調シートカバーと合わせてオススメしたいデカールになります。

暗がりでのライト反射時に、ブルーに煌めくデザインがさりげなくかっこいいだけでなく、ドアの開閉を後方に知らせる、安全面もサポートします。

初心者に純正パーツをおすすめする理由

C-HRは純正品以外にも、モデリスタ、TRD、その他の社外製品と、カスタムパーツが多く展開されています。

どれもスタイリッシュなC-HRをよりカッコよく、より個性的にみせるデザインなのですが、カスタム初心者の方には、純正品やトヨタ専用カスタム(モデリスタ、TRDなど)をオススメします。

保証が付いている

トヨタの純正カスタムパーツには3年間6万km保証が付いています。また、どんなにC-HR専用とうたっていても、形状にズレや歪みが生じていることもあります。

メーカーで取り付けてくれる

販売店で直接取り付けてもらうのであれば良いのですが、社外製品の中にはパーツを取り寄せて自分で取り付ける物もあり、届いてみたらサイズが合わないということもあります。純正品はメーカーの工場で取り付けてくれ、安心できます。

査定でもマイナスになりにくい

カスタムカーは、下取り査定に響くことが多々あるため、改造前のノーマルな状態に戻すケースが多くなります。ですが純正品のカスタムパーツはマイナス材料になりにくく、場合によっては査定額に上乗せしてもらえることも期待できます。

まとめ

C-HRの全販売店共通純正パーツでは、ブラック×レッドのスポーティな印象が強いデザインとなっています。また、インテリアの革調シートカバーとの相性も良く、カスタムすることで特別なC−HRに仕上がりそうです。

純正パーツの良いところは、保証が付いていることで安心感がありますし、手放す時、下取り査定のためにノーマル仕様に戻さなくても査定額がプラスになることもあります。

そのためカスタムが初めてという方や、興味はあるけど敷居が高いし不安!という方は、まずは純正パーツから始めてみると良いでしょう。

損しないでC-HRに買い替える方法

C-HRへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くC-HRへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、C-HRを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-C-HR, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.