車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

C-HR トヨタ

トヨタC-HRの内装を徹底解説!使い勝手は良い?

更新日:

C-HRは2016年12月に発売され半年ほど経ち、街でも頻繁に見かけるようになりました。

「あ!なんだかオシャレな車が来た!っと思ったらトヨタだった!

と言うくらい、トヨタの車の中でもこだわり尽くされた個性的なデザインかつハイブリッドということもあり、同じクラスのSUVの中でも注目されています。

ところでオシャレな車というとデザイン性を優先されることが多く、使い勝手がイマイチであることが多々ありますが、C-HRはSUVタイプの車です。使い勝手も良くあって欲しいところですね。

それではC-HRの内装がどんな仕様になっているのか?気になる使い勝手は良さはどうなのか?などを探ってみましょう。

ダイヤモンドモチーフのインテリアデザイン

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

仕様の話の前にC-HRの内装でこだわられているデザインを紹介しましょう。

キラキラと輝いているわけではないのでわかりにくいかもしれませんが、C-HRの内装では天井、ルームランプ、ドアトリム、エアコンのスイッチ、荷室の滑り止めと、いたるところにダイヤモンドをモチーフにしたデザインが施されています。

アクセントととしての装飾やスイッチの形状をひし形で統一することで、車内にまとまりが感じられますし、ひし形というところが子供っぽすぎずクールすぎない遊び心を感じられます。

クールでスポーティな運転席周り

一見ガソリン車のようなデザイン

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

ハイブリッド車の運転席は未来っぽいイメージのデザインが多い中、C-HRはスポーティな印象になっています。メーターは見やすい指針式が採用されています。

ハイブリッドなのにタコメーター?と思いましたが、これはハイブリッドシステム出力・回生計となっています。真ん中のディスプレイもフルカラーでありながらシンプルで見やすく表示されます。

ハイブリッドっぽくないシフトレバー

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

さらにシフトノブはハイブリッドだけどマニュアル風シフトレバーを採用しています。ハイブリッドのシフトノブがあまり馴染めなかった方には、嬉しい仕様となるのではないでしょうか。

長距離も疲れにくそうな乗り心地

ホールド感のあるフロントシート

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

C-HRはSUVタイプということもあり、着座位置は高めになっています。着座位置が高いと視界が広くなり、運転しやすいと感じるでしょう。フロントシートの形状は立体的でスポーティなタイプとなり、座った時に体をしっかり支えてくれます。

C-HRでは背もたれ部分にも骨が入ったシートが採用され、よりホールド感が増しています。視界の良さと、体をしっかり支えてくれる座り心地で、長時間の運転による疲労を軽減してくれそうです。

乗降しやすいリヤシート

乗降しやすいフラットな形状のシートですが、フロンントシートと比較するとやや柔らかめに感じます。リヤシート中央席のシートベルトが背もたれ内臓式となっているため、車内がすっきりしています。

少ないけど工夫されている収納

オシャレな車の問題点と言っても良い、収納の少なさはC-HRにも当てはまります。ただ、その分使いやすく工夫されているため、そこまで使い勝手が悪いと感じることもなさそうです。

インパネ中央ポケット

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

スマホが置けるサイズになっています。走行中にスマーフトフォンなどがずり落ちてしまわないように、そこ部分はラバーが貼られ、形状も奥側をやや低めにしてあります。

センターコンソール

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

フロントシートの間にあるコンソールボックスは、いろいろなものを収納します。CDを収納したりもしますが、最近では車内でDVDを観たりもしますね。C-HRではCDはもちろん、DVDのトールボックス(約 高さ9cm×幅13cm)のような高さのあるものも、収納することができます。

ドリンクホルダー

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

C-HRにはドリンクホルダーは5つ用意されています。ドアに設けられたドリンクホルダーアジャスター付きとなっているため、細めの缶やペットボトルもジャストサイズで収納することができます。

バニティミラー

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

収納ではありませんが運転席の天井に付けられたバニティミラーは、天井部分に収納されているライトと合わせて使えば、メイクなどもできるようになっています。

見た目より大きい!ラゲッジルーム

デザインはカッコ良いのですが、お尻をストンと落としたようなボディラインでは、ラゲッジはあまり期待できなそうに見えます。ですが実際に触れてみると、予想していたよりも大きく感じるはずです。

荷室容量は318L

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

リヤシートを倒さない状態での容量は318Lとなっています。容量としては他のコンパクトSUVと比較するとやや小さめになりますが、もともとのラゲッッジスペースの設計が広めに作られているため、他の車種よりも広さを感じます。

フラットに荷室を拡大

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

リヤシートを倒した状態での段差を感じることがないので、大きなものや長さのあるものを安定させて積むことができます。

ラゲッジ横幅が通常では最大1100mmとなっています。後輪の上部が普段は収納となっているのですが、サイドデッキカバーを外すことで、1400mmまで幅を広げることもできます。そのためスノーボードなどを横に積めるようになります。

タイヤ1本分が収まる床下収納

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

床下収納はスペアタイヤを選択することもできるように、タイヤ1本分スペースが開いています。標準装備ではパンク修理キットが装備されていますので、スペアタイヤの分丸ごと床下収納部分を広く利用することができます。

まとめ

C-HRはエクステリアだけでなく、インテリアデザインにもかなりのこだわりを感じられます。特にダイヤモンドモチーフによる天井部分の装飾は無くても困りませんが、デザインされていることで車内が華やかになっています。

座り心地も、用途によってつくり分けたシートで、ドライバーも同乗者も疲れを感じにくく設計されていて嬉しいですね。収納面は決して豊富とは言えませんが、シンプルでありながら工夫を凝らしてあるため、使いやすく感じられそうです。

損しないでC-HRに買い替える方法

C-HRへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くC-HRへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、C-HRを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-C-HR, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.