車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

C-HR トヨタ

トヨタC-HRの価格!Gグレードが絶対お得とは限らない?

更新日:

2016年12月にトヨタの新しいコンパクトSUVとして誕生したC-HRは、同年夏頃に生産終了したRAV4とは一味違いハイブリッドをメインとしていながらパワー面も十分に期待できる仕様として、注目されています。

グレードとしては2展開ですが、駆動方式による選択ハイブリッドか?ガソリン・ターボエンジンか?による選択という具合に、意外と選択肢があり、どう選択するのが一番お得なのか?と迷ってしまいます。

今回はC-HRの価格と、求める条件によってどう選択するのがお得なのか?を探ってみたいと思います。

C-HRの価格一覧

まずはC-HRの車体価格を見てみましょう。価格自体は非常にシンプルで、価格設定は4パターンしかありません。

S(2wd)・・・2,646,000円

S-T(4wd)・・2,516,400円

Sグレードはスタンダードモデルとなります。装備としては自家用車としての快適さを十分に満たしているため、このグレードでも不自由なく乗ることができます。

快適さの条件としては、

スマートエントリーキープッシュスタートスイッチ左右独立型フルオートエアコン、などがありますが、C-HRでは他にも本革巻ステアリングToyota Safety Sense Pの標準装備と、コンパクトカーなどでは上級モデル扱いの装備がスタンダードモデルで装備されています。

G・・・2,905,200円

G-T・・2,775,600円

Sグレードとの差額は約26万円になります。Sグレードの時点で既にかなり充実した仕様となっていますが、Gグレードでは装飾面安全面さらに強化しています。

S-T・G-Tは4wdとなり、エンジンが1.2Lのガソリンエンジン+ターボの搭載になります。価格はS・Gグレードよりも13万円ほど安くなります。

Gグレードにプラスされる装備

ハイブリッドシステムを選択するのに13万円程しか上乗せしないのに、グレードを1つあげると、その倍の金額を上乗せすることになります。

Sグレードの時点で十分な機能を搭載したC-HRは、26万円上乗せすることでどんな機能がプラスされるのでしょうか?26万円上乗せする価値があるのでしょうか?内容を見てみましょう。

装飾面のプラスで華美さがアップする

18インチアルミホイール(17からインチアップ)

フロントフォグランプ

ドアミラー足元イルミネーション

ドアベルトモールディングメッキ仕様

シートのファブリックが上質+本革

内装色がリコリスブラウンに変更

LEDイルミネーション付きカップホルダー

単に質感が上がるというよりはラグジュアリーさがちょっとではなく、かなりアップします。ドアミラー足元イルミネーションはドアミラーに設置されたライトによって、地面にC-HRのロゴが映し出されます。実用性は感じられませんが、オシャレ遊び心を感じます

快適装備のプラスで気が効くC-HRに!

ナノイー

オートワイパー

自動防眩インナーミラー

快適温熱シート

バニティミラー付きサンバイザー(照明付き)

UVカットガラスにIRカットもプラス

電動ランバーサポート(運転席)

Sグレードの快適機能がさらに快適になります。また、「こんなのあったらいいな!」というような、照明付きバニティミラー快適温熱シートオートワイパーは嬉しい機能ではないでしょうか。

安全装備のプラスで車全体をサポート

ブラインドスポットモニター

クリアランスソナー&バックソナー

Toyota Safety Sense Pでは、主に前方の安全をサポートしてくれますが、ブラインドスポットモニターとクリアランスソナー&バックソナーが、車両後方の安全もサポートしてくれるため、より安心して運転することができます

全体でみると高級車のような装備

ざっと挙げただけでもこんなに多くの装備がプラスされています。中には必要ないと感じるものもあるでしょうが、26万円のプラスでこれだけ内容が充実するのは、お得な感じがします。

C-HRはコンパクトSUVですが、Gグレード高級車顔負けのハイスペックな装備と言えそうです。

どれを選択するのがお得なのか?

いくらG グレードがお得だと言われても、必要ないと感じれば、それはお得とは言えません。C-HRにどんなことを求めるかで、お得な条件も変わってきます

最安値のC-HRはS-T

車体価格が最も安いのはS-Tになります。ただ、S-Tはガソリン車で4wdになりますから、Sより購入後の燃料費などがかかります。

そのため購入後の維持費などを考えると、S-Tが断然お得!とも言い切れなくなります。初期費用を抑えたいのであれば、S-Tグレードを選択するのがよさそうです。

走りやカスタムを重視するならSかS-T

SやS-Tの走行性能が、Gより上回っているというわけではありません。走りやカスタムを楽しみたい方は、タイヤのインチアップやローダウンなどを考えることもあるでしょう。

では18インチのGグレードで良いのでは?とも思いますが、おそらく走りにこだわる方は、18インチアルミホイールより1〜2インチ大きなサイズを選択することが考えられます。

Gグレードのラグジュアリーさは求めないのであれば、Sグレードでも十分快適に乗れるため、上乗せ分をカスタムに回すというのもひとつの手段かもしれません。

コスト重視ならS

同じ車種でハイブリッド車とガソリン車を展開していると、車体価格に大きく差があることが多い中、C-HRは差額が13万円ほどしかありません。しかもハイブリッド車は免税対象になるため、ガソリン車とほとんど同じくらいの価格でハイブリッド車を購入できます。

そうなると、今まで良く言われていた

「ハイブリッドは燃費が良くても車体価格が高いから元が取れない!」

説が嬉しい方向に覆されます。ハイブリッドとしての能力を存分に発揮できるため、購入後のコストも節約できます。

とにかく安全で快適ならG

GグレードはSグレードと比較すると26万円ほどの上乗せとなります。26万円という価格だけを聞くと随分高く感じますが、装飾面、快適装備、安全システムが充実しています。また、Gグレードでしか選択できないオプションも多々あります。

オプションを加えることでさらに価格は上がってしまいますが、Sグレードの選択ではLEDヘッドランプをつけることができないため、安全面をより充実させたいのであれば、Gグレードを選択することになります。

まとめ

C-HRではSグレードでも十分に快適なSUVとして乗ることができますが、26万円ほどの上乗せで、ラグジュアリーなSUVを手に入れることができます。

ただ、26万円分でプラスされる機能としては確かにお得に感じますが、購入する方が求めている条件によって、選択するグレードなどは変わってくると思います。

また、Gグレードでないと選択できないオプションもありますが、オプション自体はただではないので、その分価格が上乗せされていきます。

どんなC-HRが欲しいのか?予算や求める条件と照らし合わせることで、一番最適でお得な購入プランが見えてくるでしょう。

損しないでC-HRに買い替える方法

C-HRへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くC-HRへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、C-HRを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-C-HR, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.