C-HR トヨタ

TRDカスタムのC-HRはオンでもオフでもがっつり映える!おしゃれで実用的!

更新日:

C-HRといえばスタイリッシュなSUVとして人気があり、売れ行きも絶好調です。たくさん売れているということは、いくらスタイリッシュでも人とかぶってしまい

「もうちょっと、人とは違うC-HRに乗りたい!」

と思う方もいるでしょう。そうなるとカスタムを検討したりもするでしょうが、エアロを付けたりすると車高が低くなり、今度は

SUVとしてはどうなの?

「実用的でないと困る・・・。」

と、悩みも尽きません。そんな方にはTRDカスタムのC-HRはいかがでしょうか。TRDではSUVとしての機能をさらに引き出すアグレッシブなデザインと、都会に似合う重厚的なデザインが展開されています。今回はTRDではどんなデザインで展開されているのか?見ていきましょう。

TRDとは

引用:http://trdparts.jp/factory.html

TRDとはトヨタグープの1つで、トヨタ専用のカスタムパーツを製作している会社になります。モータースポーツ車両の開発を行っているため、カスタムパーツもデザイン重視ではなく、走行性能重視で実用性が高いものが多く展開されています。

 全く違った性格の2つのスタイル

TRDが手がけたC-HRはSUVの機能をぐっと引き出したアウトドアにもってこいな仕様と、都会でもカッコ良く映えるファッション性と走行性を兼ねた仕様が用意されています。

エクストリームスタイル

引用:http://trdparts.jp/c-hr/extreme.html

街中でももちろんカッコ良いデザインではありますが、エクストリームスタイルはラリーアウトドアなどのオフロードで映える元気いっぱいのC-HRです。

フロントスポイラー

引用:http://trdparts.jp/c-hr/extreme.html

アンダーカバーのような形状金属調加飾を施したスポイラーは、SUVっぽさを前面に引き出したデザインとなっています。

オーバーフェンダー

引用:http://trdparts.jp/c-hr/extreme.html

オリジナルと比較するとかなり大きく、ブラックの樹脂製というところが、オフロードな印象を強調させるオーバーフェンダーになります。

マッドフラップ

引用:http://trdparts.jp/c-hr/extreme.html

都会的なイメージのC-HRからはちょっと外れますが、ぬかるみや悪路といったアクティブなアウトドアシーンにマッチしそうなマッドフラップです。レッドとブラックの2色で展開されています。

アグレッシブスタイル

引用:http://trdparts.jp/c-hr/aggressive.html

ファッション性を高めたワイド&ローなデザインとなっていて、車高は変えていないのですが、かなり低重心に見えずっしりとしたイメージのC-HRになります。

フロントスポイラー(LED付き)

 

引用:http://trdparts.jp/c-hr/aggressive.html

存在感が際立つデザインのフロントスポイラーです。ブラックアウトによってグリルを大きく見せたり、LEDイルミネーションは暗がりでも存在感を強調させます。ただデザイン性が高いだけでなく、ボディを沈みこませる形状安定感を向上させます。

サイドスカート

引用:http://trdparts.jp/c-hr/aggressive.html

スポーティなイメージを強調するデザインとなりますが、デザイン性だけでなく機能性も高く、車体が路面に吸い付くような体感を得られるようです。

リヤバンパーポイラー

引用:http://trdparts.jp/c-hr/aggressive.html

アグレッシブスタイルの最もアグレッシブな部分といっても良いほど、スポーティでずっしりとした重厚感と存在感を感じるリヤバンパースポイラーです。

その他の共通するパーツ

エクステリアでは個性を追求した2パターンに分かれますが、共通するパーツもあります。エクスロリームにもアグレッシブにもマッチするデザインです。

フロントバンパーガーニッシュ

引用:http://trdparts.jp/c-hr/aggressive.html

フロントマスクのヘッドランプの下の部分をブラックマイカ金属調シルバーのガーニッシュに変更できます。ブラックに変更することでかなり締った迫力のあるマスクに仕上がります。

シルバーでは、ブラックより柔らかく優しい感じがします。どちらも結構大きさを感じるサイズのガーニッシュですが、光沢が立体感を作り重くはなりすぎません。

リヤトランクスポイラー

引用:http://trdparts.jp/c-hr/extreme.html

ぴんっと跳ね上がった形状は、オリジナルのシンプルなバックスタイルにインパクトを与えてくれます。エクストリームスタイルでは、トランクスポイラーがほど良いアクセントになります。

アグレッシブスタイルのリヤスポイラーと合わせると、かなり派手になりますが、スポーティな印象がさらに強まりカッコ良いのではないでしょうか。

乗り心地と走行性をアップするアイテム

スポーツシートカバー

引用:http://trdparts.jp/c-hr/parts.html

スポーティなカーボン調や革調のデザインでこだわりを感じられるシートカバーです。TRDのエンボスロゴに、小躍りしてしまいますが、スポーティなのは見た目だけではありません。

かなり実用的なシートカバーで、機能としては滑りにくい素材を使うだけでなく、座面をリブ形状することで前滑りを抑制してくれます。

また、腰部にはサポートパッドが配置され、腰骨をしっかりホールドしてくれます。体型問わず、ドライビングポジションを確保することができます。

モーションコントロールビーム

引用:http://trdparts.jp/c-hr/parts.html

C-HR用に設定されたダンパーになります。C-HRの剛性を高め振動を減らすことで、乗り心地を良くしてくます。

具体的な効果としては、ハンドル操作がダイレクトに感じられたり、走行中の突き上げ感を感じにくくなります。

デザイン豊富なアルミホイール

 

引用:http://trdparts.jp/c-hr/parts.html

TRDからのアルミホイールは17・18インチになります。走行性能を左右するもの、デザイン性の高いものといろいろなバリエーションがありますが、個性的なのはWORK製の17インチアルミホイールです。

引用:http://trdparts.jp/c-hr/parts.html

シルバーTOM’S17インチアルミホイールは、ブラックアウトされているC-HRの足元を華やかにしてくれそうです。

まとめ

実用性を兼ねたカスタムが得意なTRDのカスタムで、C−HRは都会的なワイルドさを強調したボディと、オフロード仕様のSUVらしさを追求した2パターンが展開されています。

また、デザインだけでなく、機能や乗り心地、走行性能の面でも優れ、実用性も十分に考慮されて設計されていると感じられます。

そうなると比較的ありがちな、クールか?ワイルドか?といった選択よりも難しく、どちらも同じくらい欲しくなり、かなり頭を悩ませてくれそうです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-C-HR, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.