車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

デミオ マツダ

新型デミオの安全装備、i-ACTIVSENSEとは?プラスオプションでさらに不安を解消。

更新日:

先進技術を駆使した安全装備は、どのメーカーも競うように開発し自動運転などもが搭載された車が話題を呼んでいます。ただ、今はまだ価格も高価で、コンパクトカーに装備される安全装備は、そこまで充実していませんでした。

新型デミオでは、マツダの開発するi-ACTIVSENSEが搭載され、コンパクトカーの中でも安全装備を充実させています。

今回はi-ACTIVSENSEがどんな機能なのか?ということ、オプションを加えることでより安全性能を充実させることができるということを紹介しましょう。

i-ACTIVSENSE 搭載の内容は?

アダプティブLEDヘッドライト(ALH)

夜間や暗い場所でもストレスを感じることなく運転できるように、ヘッドランプ走行しやすい環境を保ってくれます。

グレアフリーハイビーム

暗い道ではハイビームを照らしたいと思っても、対向車両は眩しく感じます。対向車は眩しさで走行しにくくなるため、迷惑になることを気遣ってハイビームを我慢して走行することもありますね。

グレアフリーハイビームは40km/h以上で走行中、対向車が眩しくないように部分的に消灯させ、対向車を気遣いながらハイビームを照らすことができます。

ワイド配光ロービーム

40km/h以下で走行中、交差点付近では通常よりワイド(広範囲)にライトを照らし、見通しを良くします。

ハイウェイモード

95km/h以上の高速走行ではより遠くまで見えるようにヘッドライトの光軸を自動で上げます。障害物を早めに認知したり、標識の確認に役立ちます。

ブラインドスポットモニタリング(BSM)

車線変更のタイミングをはかったり、後方から迫る車の距離感を掴むのが苦手な方、意外と多いのではないでしょうか?BSMは隣の車線、後方から接近する車を検知し、ドアミラー鏡面のインジケーターがお知らせしてくれます。

さらにそのままウインカーを出そうとすると、音と表示車線変更のタイミングを見合わせるよう、教えてくれます。

リアクロストラフィックアラート(RCTA)

バックで駐車場から出ようとしたら、横から走行してくる車に気がついて慌てること、ありますね。BSMと機能は似ていますが、こちらはバックで駐車場などから出るとき、接近してくる車を検知し、駐車場から出るタイミングをお知らせしてくれます。

ドライバーアテンションアラート(DAA)

エンジン始動後、65km/h以上の速度で走行した時、ドライバーが疲れていない状態での操作と車の動きを学習します。学習したデータと運転状況が変わると、ドライバーの休息を促します。

高速道路を走行している時、自分でも疲れているかどうか判断できないことがあります。疲れてくるととっさの判断力も鈍りますから、休息を促してくれるのは助かりますね。

マツダ・レーダークルーズコントロール(MRCC)

30〜100km/hの速度で走行中、ミリ波レーダーが先行車との車間距離を維持し、車間距離を保ちながら追従走行します。人にはパーソナルスペースといものがあり、自分にとって安全な空間を無意識に保つ能力があります。

これは車に乗っていても作用しますが、車の場合は、自分の感覚だけで操作すると割り込みなどもあり、前の車についていくだけの作業でも、実はかなり神経を使っています。そのため自分が思っているより、疲れてしまっていることもあります。

自動で車間距離を保ち、それをキープして走行してくれるというのは、ドライバーの疲労軽減にかなり貢献してくれることが期待できます。

スマートブレーキサポート(SBS)

15km/h以上で走行中、ミリ波レーダーが先行車を認知します。ミリ波レーダーでの検知は、天候に左右されることなく、遠方の先行車まで捉えることができます。

衝突の危険があると判断すると、音と表示で警告します。衝突が免れないと判断した時は自動ブレーキが作動し、衝突を回避、被害の軽減をサポートします。

スマートシティブレーキサポート(前後)

4〜30km/hで低速走行中、赤外線レーザーレーダーで先行車や障害物を検知し、ブレーキを自動抑制します。後退時は2〜8km/h以下の走行中、超音波センサーが障害物を検知し、衝突の危険がありそうだと判断すると、自動ブレーキが作動します。

AT誤発進抑制制御(前後)

これをつければさらに安心!な安全装備

i-ACTIVSENSEはメーカーオプションで選択することができます。これだけでも十分に安全装備は充実していますが、さらにオプションをプラスすればさらに安全性能を上げることができます。

LEDヘッドランプ

グレードによっては標準装備となりますが、ヘッドランプはハイビーム、ロービーム以前に、元々の照明の明るさが明るい方が安全です。HIDランプにする必要はありませんが、最低限LEDランプには変更した方が安全性は高まります。

取り付けの費用は多少かかりますが、ランプ自体は長持ちですし、点灯にかかるコストも低料金ですむため、燃費向上にも役立ちます。

パーキングセンサー

バンパーの4箇所につけられたセンサーが障害物を感知し、前後の距離や位置をブザーで教えてくれます。これなら今まで何度も切り替えしていた縦列駐車でも安心して駐車できるのではないでしょうか?

バックモニター

バックミラーだけでは確認できない、後方をモニターに映してくれます。タイヤ止めのない駐車場で、下がり過ぎてしまったりすることがないように、モニターには停止位置のガイドラインも出ますから、後方にある壁や障害物との距離も認識することができます。

ブルーワイドミラー

「車線変更しようと思ったら、水滴でサイドミラーが見えなくて慌てて窓を開けた!

という恐ろしい経験、ありませんか。

親水加工されたブルーワイドミラーなら、水滴がつきにくく、サイドミラーの確認も安心して行えます。ブルーのミラーは夜間、後続車のヘッドランプの光を鈍らせてくれるため、眩しさを感じにくくなっています。

まとめ

新型デミオの安全装備、i-ACTIVSESEは、低速時のブレーキサポートだけでなく、高速でもミリ波レーダーで車間距離や、自動ブレーキを作動させる、コンパクトカーにしては高スペックな安全装備だと言えます。

i-ACTIVSENSEというのは「デミオにお任せ!」という存在ではなく、ドライバーの疲労や、衝突時の被害を最小限に抑えることが目的です。ドライバーの方は今まで通り、運転中は運転に集中しなくては、どんな安全装備を備えても事故は減りません。

ですが新型デミオの安全装備ドライバーの安全確認が合わされば、事故がぐっと減るでしょう。また、苦手意識の強い方には、さらに運転をサポートするオプションを加えると、リラックスして運転ができるでしょう。

コンパクトカーというくくりの車は、一番いろんな方が乗る車です。安全装備が充実するというのは、とても頼もしいことではないでしょうか?

損しないでデミオに買い替える方法

デミオへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くデミオへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、デミオを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-デミオ, マツダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.