車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

デミオ マツダ

新型デミオのグレードごとの違い!ガソリンとディーゼル両方解説

更新日:

スポーティでパワフル。しかも内外装の質感は上質、とターゲット層を広げ「若者」「車好き」だけではなく、女性や高齢の方にも注目される新型デミオ。コンパクトなのは価格だけ?と感じるほど、コンパクトカーの枠から飛び出たハイスペックさには驚かされます。

2014年に新型デミオは、ガソリン車とディーゼル車の展開で発売されています。そのためグレードもその2つで大きく区切られ、その中でさらにグレード展開がされています。

今回は新型デミオは特に内装に力を入れ、スポーティなだけではなく、上品な仕上がりです。グレードによってその辺りのこだわりに変化はあるのでしょうか?

新型デミオのグレードによる仕様に迫ってみましょう。

1.3L DOHC ガソリン車

上質な最廉価版13C

ガソリンタイプの中で一番シンプルな装備のデミオとなります。ベースグレードとなると、「売る気ないでしょ?」と思われる仕様が多いなか、新型デミオはシンプルと言っても、シートの質感や内装のこだわりは最低限備えられ、粗末なイメージはありません。

燃費、走行性能も他のグレードより劣るということはありません。エンジンもプッシュボタンスタートです。

ただ、ミッションにマニュアル展開がないので、シンプルに走りを楽しむ!スポーツタイプとして、独自にカスタムしていくという方には向いていません。

また、マツダコネクトの装備がない、オプション選択ができないと言った不便さもあります。

13Sは安全装備がプラス

約11万円の上乗せで7インチWVGAセンターディスプレイの装備と、メーカーセットオプションの選択ができるようになります。安全面でも、スマートシティ・ブレーキサポートが装備されます。

装備の点で大きくプラスされるものはこれ以上ありませんが、13CではヘッドランプにLEDを装備できない仕様となり、13Sからはオプション選択ができるようになります。

標準装備ではなくてもLEDヘッドランプに変更できるというのは、安全面にこだわる方には心強いでしょう。

充実感が違う!13S touring

13Sから約27万円の上乗せです。急に価格が跳ね上がって驚きますが、装備・装飾ともに、かなり充実しています。外装ではLEDヘッドランプが標準装備となり、ホイールはアルミに変更となります。装飾面ではフロントグリルガーニッシュのピアノブラック塗装がプラスされます。

内装ではフルオートエアコン、アクティブ・・ドライビングディスプレイの標準装備で、豪華さと快適さが備わった、上位モデルとなります。

別格シートの13S touring L package

13S touringと装備にはほぼ変更がありません。それなのに54000円の上乗せって、なんでしょうか?なんと、シートが本革仕立てになります。シートの背もたれ部分ということで、全て本革というわけではありませんが、他の部分に使用されている合皮の質感も上質です。

たかがシートの材質と思われるかもしれませんが、本革シートは1度座るとその質感の良さは病みつきです。54000円の上乗せで、しかもコンパクトカーで本革シートを味わえるのはかなり嬉しいですね。

XD 1.5L DOHC ディーゼル車

装備も質感も充実しているXD

XDの中では一番リーズナブルなグレードですが、13Sとの比較で、価格は約33万円の上乗せになります。価格だけ見ると、ディーゼルエンジンってそんなに高いの?とびっくりさせられます。

ただ、13Sの仕様と比較すると、13Sよりも機能が充実していて、LEDリアコンビランプ、15インチアルミホイールが標準装備となります。また、ガソリン車との差別化を強調する、フロントガーニッシュも装飾されています。

高機能さ装備をプラスしたXD touring

XDに高機能さをプラスした仕様となります。外装ではヘッドランプはLEDに変更、フォグランプも標準装備、タイヤは16インチアルミホイールになります。

上乗せ価格はXDと比較して約18万円ですが、オプションでこれらの装備を揃えるとしたら、外装だけですでに18万円ほどの上乗せになることを考えると、お得ではないでしょうか。

さらに内装では、フルオートエアコン、クルーズコントロール、アクティブ・ドライビング。ディスプレイなど、ドライブを快適にする装備が充実しています。

シートの質感に差があるXD touring L package

こちらは、13S touring L packageと同じように、シートのクロスがレザーに変更された、高級グレードとなります。XD touring の時点でかなりハイスペックな仕様のデミオに仕上がっていますから、シートをレザーにしたらもう言うことなし!な快適さと上質さです。

リッチすぎる!特別仕様車 Tailored Brown

新型デミオの中でも、デザインにこだわった仕様として展開されている特別仕様車、Tailored Brown。グレードとしては「touring」とほぼ同じ仕様になります。

高級感と優雅さを組み合わせ、カラーには落ち着きのあるライトブラウンを採用することで、余裕のある大人なデミオに仕上がりました。質感だけでなく、仕立ても丁寧で、コンパクトカーに有りがちな雑さは微塵も感じられません。

通常1300ccほどの小さな車が、内装だけ凝ってもアンバランスに感じますが、デミオの安定感と力強さを感じる動力性能はうまく噛み合っていて、不安感がありません。

ガソリン車、ディーゼル車共に用意されていますが、どちらも「touring」より2万円ほど安く展開されています。

新型デミオがすでに、今までのデミオとは一味も二味も違いますが、デミオTailored Brownのドアを開けたら、外装を見て車種をもう一度確認したくなるほど。予想を超えた別世界のような美しさに驚かされます。

まとめ

新型デミオのグレードは、最廉価版の時点ですでに質感に文句のない状態の展開となっています。また、ガソリン車とディーゼル車では価格が大きく変わりますが、その分、ディーゼル車は装備も充実していますから、一概にディーゼル車は高いと!判断も出来ません。

今回のグレードでは、主に内装の違いに差をつけられている傾向がありますから、どこまでリッチなデミオに乗りたいか?で、グレード選択をすると良いかもしれません。

さらに内装にこだわった、特別仕様車「Tailored Brown」については、またじっくり迫りたいところです。

損しないでデミオに買い替える方法

デミオへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くデミオへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、デミオを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-デミオ, マツダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.