車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:HONDA公式ページ

アクア トヨタ フィット ホンダ

フィットハイブリッドとアクアを比較【広さ・燃費・乗り心地等】

更新日:

2017年6月にマイナーチェンジされたフィットハイブリッドとアクア。サイズも値段もなんとなく似ていることから、良く比較されていますが、違いはどこでしょうか?違いを探りながらどっちが良いのか比較してみましょう。

デザインはどちらも先進的になった!

垢抜けたアクア


引用:トヨタ公式ページ

今までのアクアは誰からも受け入れられやすいデザインで、どちらかというと控えめでした。2017年のマイナーチェンジでは大きな変更はありませんがヘッドランプフードテールランプのデザインが変わり、垢抜けたように見えます。

シャープなフィットハイブリッド


引用:ホンダ公式ページ

フィットハイブリッドはフロントマスクが大きく変更され、立体的な形状になりました。ヘッドランプから繋がるセンターグリルとグリルバンパーの樹脂部分が中心に寄り、以前よりもシャープな印象が強くなっています。アクアより大きそうに見えますが、実際のサイズはほとんど変わりません。

上質なインテリアはフィットハイブリッド

最近のコンパクトカーは、内装の質感に上質なテイストを盛り込まれた車種が多くなっています。チープさを嘆かれがちだったアクアやシンプルすぎると言われていたフィットハイブリッドですが、マイナーチェンジで改良はあったのでしょうか?

アクアも良くなってきている


引用:トヨタ公式ページ

今までアクアのインテリアといえば、チープ、プラスチック感が酷いなど、酷評が目立ちました。その悩みも2マイナーチェンジごとに改良され、インパネデザインにレザー調を取り入れたり、シートに合皮が使われるデザインが増えました。

インパネのシンプルな扱いやすさはそのまま、質感を上げることで上質になってきています。

バリエーション豊富なフィットハイブリッド


引用:ホンダ公式ページ

フィットの内装はスポーティなテイストが強く、ブラックをメインにデザインされていましたが、今回のマイナーチェンジではカラーバリエーションが増えています。

ただ扱いやすいというだけでなく、運転中、常に視界に入るステアリングもカラー展開があり、高級感を感じさせるインテリアになりました。

居住スペースが広いのはフィットハイブリッド

コンパクトカーはただでざえ、居住スペースの確保が難しい車ですが、ハイブリッドカーではバッテリーの大きさなどから、余計狭くなってしまいがちです。

後部座席が狭いアクア


引用:トヨタ公式ページ

アクアのカタログなどを見る限りでは、アクアの居住性も悪くなさそうですが、実際に乗ってみると狭くてちょっと窮屈です。後ろへ行けば行くほど空間が狭まるので、後部座席は大人が座ったらギュウギュウな感じになります。

全体的にゆとりのあるフィットハイブリッド


引用:ホンダ公式ページ

フィットハイブリッドは、居住空間の広さがウリのひとつですから、当然と言えば当然ですが、アクアよりも広いです。後部座席に170cmほどの男性が座っても、膝あたりに余裕があります

燃費はアクアの方が若干良い

ハイブリッドカーですもの!燃費は大事ですね。2017年6月にどちらもマイナーチェンジで燃費も改良されていますから、マナーチェンジ前より燃費は良くなっています。

アクアの燃費


引用:トヨタ公式ページ

新型アクアの燃費 JC08モード:34.4km/L〜38.0km/L
改良前のアクアの燃費 JC08モード:37.0km/L
改良前の平均実燃費 26.5Km/L

わずかではありますがマイナーチェンジ前より燃費が良くなっています。ただ、38.0km/Lという数字を出せているグレードは、燃費を良くするためにいろいろな部分が省かれているため、現実的なアクアの燃費は34.4km/Lと考えた方が良さそうです。

フィットハイブリッドの燃費


引用:ホンダ公式ページ

新型フィットの燃費 JC08モード: 31.4km/L〜37.2km/L
改良前のフィットの燃費 JC08モード:36.4km/L
改良前の平均実燃費 26.1Km/L

フィットハイブリッドも若干燃費が良くなり、マイナーチェンジ前のアクアの燃費を超える数字が出ています。ただこちらも、一番良い燃費を出せているグレードは燃費に特化した装備となるため、34.0km/Lが現実的な数字と見た方が良さそうです。

実燃費はどちらも26.0km/Lを超えそう

公表されているカタログ燃費で比較すると、アクアの方が燃費が良いと言えます。ただ、運転の個人差によって燃費は左右されることが多いということ、改良前から実燃費26.0km/Lという数字が出ていることなどを見ると、どちらも燃費が良いと言えます。

対称的な走行性能

メーカーが違うため、違って当たり前ではありますが、アクアとフィットハイブリッドでは、走行性能はどう違うでしょうか?

しなやかで滑らかなアクア


引用:トヨタ公式ページ

アクアは加速がスムーズです。40km/hを超えるとエンジンに切り替わりますが、トランスミッションがないため切り替わりも違和感を感じにくくなっています。

車高が低めで低重心なスタイルは機敏で、ハンドルのレスポンスも良く軽快に曲がります。スポーティとまでは言いませんが、燃費重視なだけの車として捉えると、意外としなやかで滑らかで気持ち良く走行します。

スポーティなフィットハイブリッド


引用:ホンダ公式ページ

フィットハイブリッドは20km/hまでEV走行となりますが、発進時は踏み込んでも思ったような加速をしてくれないと感じることが多いようです。EV走行からエンジンへの切り替わりもハイブリッドシステムの構造上、どうしても違和感を感じやすくなります。

高速での走行ではコンパクトカーであることを感じさせない安定感があり、加速も良くなります。アクアも機敏で軽快ですが、フィットハイブリッドではアクアより硬さがあり、よりスポーティなテイストの機敏さを感じられます。

エコモードが自然なのはフィットハイブリッド


引用:ホンダ公式ページ

アクアもフィットハイブリッドにも、省エネモードに切り替えができる「エコモード」「ECONモード」が用意されています。さほどパワーを必要としない普段の走行では、省エネモードに切り替えておくことで燃費を抑えることができます。

どちらもエアコンの効きとアクセルに対するレスポンスが緩やかになりますが、パワー面で物足りなさを感じやすくなります。特にアクアのエコモードはあまりの非力さに、結局アクセルを踏み込み過ぎてしまい、省エネに繋がらないということもあります。

フィットハイブリッドのECONモードの方が加速も自然な感じで、アクアほど極端なパワー不足を感じにくくなっているようです。

安全性はフィットハイブリッドがリード?

アクアにもフィットハイブリッドにも、安全面を強化する安全システムが付いています。アクアには『Toyota Safety Sense C(TSSC)』が搭載されていますが、2017年のマイナーチェンジでフィットハイブリッドにもホンダの安全システム『Honda SENSING』が搭載されました。

物足りないアクアの安全装備

TSSCの内容としてはプリクラッシュセーフティシステムレーンディパーチャーアラートオートマチックハイビームが含まれ、自動ブレーキは10km/h〜80km/hの速度で作動します。

ただ歩行者の検知ができない全車標準装備ではないなど、安全装備の充実が当たり前となりつつある現在では、ちょっと物足りない装備となります。

充実したフィットハイブリッドの安全装備

フィットハイブリッドも全車標準装備というわけではありませんが、2017年のマイナーチェンジではHonda SENSINGが採用されました。

Honda SENSINGに含まれる自動ブレーキ路外逸脱抑制機能など、アクアのTSSCと似た内容も含まれますが、自動ブレーキは前走車両、歩行者、対向車に対応し、より安全性が期待できます

アダプティブ・クルーズ・コントロールや車線維持支援システムといった装備も含まれた8項目の安全支援システムコンパクトカーに十分な安全性を充実させています。

より低価格なのはフィットハイブリッド

アクア最安価格・・・・・・・・・・1,785,240円〜
フィットハイブリッド最安価格・・・1,699,920円〜

アクアとフィットハイブリッドの最安価格を比較すると、約85,000円フィットハイブリッドの方が安くなります。ただ、アクアの最安価格に当たるグレードは、燃費は良いですがリヤウィンドゥの開閉が手動、スマートエントリーシステムのオプションも選ぶことができません。

標準的な装備のSグレードを選択するとなると、車体価格が1,886,760円となり、フィットハイブリッドより15万円ほど高くなります。

まとめ

フィットハイブリッドとアクアは見た目だけでなく、走行性能安全装備など、違いがたくさんありました。

燃費はさほど変わらないので、スタイリッシュでしなやかな走りはアクア、スポーティでより安全面が充実したハイブリッド車ならフィットハイブリッドという具合に比較ができそうです。

-アクア, トヨタ, フィット, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.