車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:HONDA公式ページ

フリード ホンダ

新型フリードの先進安全装備Honda SENSINGとは?付けた方がいい?

更新日:

新しくなったフリードにはHonda SENSINGというホンダが開発した安全システムを搭載することができます。

グレードのパッケージに組み込まれてはいますが、実はオプション扱いとなっているので装備しないという選択もでき、その場合は10万円ほど節約することもできます。

「フリードにはすでに最低限の安全装備は付いてるけど本当にいるのかな?

「家族で乗るとなれば、より安全な方が良いけど。本当に安全なの?

「10万円くらいで、どんな安全装備がプラスされるのかな?」

など、気になるところですね。12万円プラスすることでHonda SENSINGが装備されたグレードも選択できます。

今回は装備グレードを選ぶことのメリットと、具体的なHonda SENSINGのシステムなどに迫りたいと思います。

Honda SENSING装備グレードを選んだ方が良いの?

ホンダのサイトを見ても、ディーラーに行ってもすでに装備されているのが当たり前のようなHonda SENSING。確かについていた方が安心だけど・・・。10万円って大きいですよね。

その他にプラスされる装備

Honda SENSING装備パッケージを選択すると、自動的に両側パワースライドドアの仕様になります。

オプションで選ぶよりお得

実はオプションでHonda SENSINGをオプション選択すると、上乗せは10万円ほど。Gグレード・ガソリンタイプ1,980,000円として、Honda SENSINGをプラスすれば、2,080,000万円です。G・HondaSENSINGの価格が2,100,000円ですから、2万円安くなります。

ところで、パワースライドドアの価格が約55,000円します2万円では取り付けることができません。Honda SENSINGパッケージを選択した方がお得になります。

オプションにできないグレードもある

また、選択できる条件があり、Bグレードでは選択することができません。それにGグレードでHonda SENSINGを選択して、他のオプションも付けたいとなると、選べるオプションに制限がかかります。

両側スライドドアを選ぶとなると、割高な上にHonda SENSINGバージョンよりも装備が劣ってしまうというカラクリがあり、結果的にG・Honda SENSINGを選択することになります。

Honda SENSINGの機能はどんなもの?

Honda SENSINGは『”事故に合わない社会”の実現を目指して』Hondaが開発している安全支援システムです。「起こさない」ではなく、「合わない」というところに、Hondaの優しさを感じますね。誰もが安全に車を運転できる装備となります。

システム構成は2つのセンサーとコントロールユニット

ミリ波レーダーとカメラ

Honda SENSINGを機能させるために、まずは危険を察知しなくてはいけません。Honda SENSINGではカメラ物体を捉えミリ波レーダー物体の位置や速度歩行者などを検知します。

まるで車に眼が付いているみたいですね。ミリ波レーダーはレーダーの中でも遠くまで飛ばせる優れもの。より正確に物体を捉え判断することができます。

コントロールユニット

ミリ波レーダーとカメラで状況を捉えたら今度は、どうしたらいいか?判断しなくてはいけませんね。コントロールユニットは車両の状態、ドライバーの意思を認識し、捉えた状況にふさわしい運転操作を判断します。

危ないよ!体感(振動)で教えてくれたり場合によってはフリード自ら、ブレーキやハンドル操作を制御します。

システムによって守られる8つの安全性

具体的にはどんなサポートをしてくれるのでしょうか?HondaSENSINGでは8つの状況に応じて、事故回避のための働きをしてくれます。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

天候時間に左右されることなく、ミリ波レーダーとカメラがしっかり歩行者や前方を走る車を検知します。ぶつかりそうなときは、ディスプレイ表示やブザーで知らせてくれます。

回避ができそうにないと判断すれば、自動ブレーキで衝突を回避、被害軽減をはかります。

歩行者事故低減ステアリング

10〜40km/hで走行中、車線をはみ出て路側帯などの歩行者にぶつかりそうと判断されたとき、ディスプレイの表示と警告音で知らせます。ハンドルも制御し、ぶつからない方向へ回避してくれます。

アクティブクルーズコントロール(ACC)

高速道路などでは前走車と適度な距離を取りたいものですが、慣れないと結構難しいものです。

ACC機能はミリ波レーダーで前方を走行する車との車間や速度を検知し、アクセルを踏まなくても前の車を追って、適切な車間を維持しながら自動で走行してくれます。

車線維持支援システム(LKAS)

比較的早い速度で走行中、カメラが車間をとらえ、車線の真ん中を走行するようにハンドル操作をアシストしてくれます。

車線からはみ出そうになるとステアリングが振動し、ディスプレイ表示で教えてくれます。

路外逸脱制御機能

車線からはみ出しそうになったときの合図はLKASと同じですが、大きくはみ出しそうと判断した場合はブレーキも制御され、車線からはみ出さないように運転をサポートしてくれます。

誤発進抑制機能

誤ってアクセルとブレーキを踏み間違う・・・。まさか自分にはないと思っていても、結構多い事故です。

この機能は前方に障害物があるとわかっている状態で、アクセルを強く踏み込むと急発進しないようにコントロールしてくれます。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前の車はすでに発信しているのに気づかず、後ろの車からクラクションを鳴らされてびっくり!なんてこと、ありますね。

自分が悪いことはわかっていても、鳴らされた方はかなり焦るものです。この機能は、前の車が発信しても動こうとしなかったとき振動ディスプレイで教えてくれます。

このときの合図は、クラクションや自動制御時のブザーより優しく、静かに発信を促してくれるものですから、焦らずに発進させることができます。

標識認識機能

一方通行逆走など、標識の見落としというのは慣れない道ではありがちです。普段からよく使う道であっても自分は滅多に運転しないという場合、いざ自分が運転することになったとき

「ここ一方通行だったんだ!」

初めて知るなんてケースもあります。

カメラが標識をあらかじめ認知し、ディスプレイに表示してくれますから、ディスプレイを確認しながら走行できます。

まとめ

Honda SENSINGは絶対に事故を起こさないものではありません。もちろん、しっかり安全装備として働いてくれますが、やはり運転するのは人ですから安全には十分注意が必要です。

Honda SENSINGの良いところは、運転があまり得意ではない方にも、

安心して乗ることができそう!

と思わせてくれるところです。

本体価格に10〜12万円ほどの上乗せにはなりますが、安全と安心運転に対する自信両側スライドドアが付くことを考えれば、そんなに高い選択ではないように思えます。

車をサイズアップしてフリードを選択する、子供が同乗する、運転が苦手な家族も運転する、などという場合は、ぜひオススメの安全装備です。

損しないでフリードに買い替える方法

フリードへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くフリードへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、フリードを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-フリード, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.