引用元:HONDA公式ページ

フリード ホンダ

新型フリードの試乗レポート街乗り編【静寂性が印象的】

更新日:

2016年9月に生まれ変わったフリード。エンジンの性能、ハイブリッドシステム、内外装と大きく改良され、燃費や走行性能がぐっと上がったと好評です。

ネットや雑誌では良いこと尽くめで、コンパクトミニバンNO.1も当たり前に勝ちとろうとしているフリードですが、実際に乗ってみないとわからないこともたくさんあります。

今回は試乗で実際に感じた良いところ今ひとつだったところなどをレポートしていきたいと思います 。

試乗したフリードはガソリン、ハイブリッド共にGグレード Honda SENSING、走行したのはスムーズに走行できる、市街地のやや広い道になります。

一番印象的だったのは静粛性

フリードはパワフル、操縦しやすいなどという良い評価もたくさんありますが、音に関しては「うるさい」とよく言われています。今回は街乗りですが、実際に走ってみるとどっちがハイブリッドなのか良くわからないほどの静かさに驚かされました。

遮音性が高いせいかロードノイズもほとんどなく、エンジンの音も遠く聞こえるほど。車内でのおしゃべりやウインカーの音、Honda SENSINGのアナウンスが良く響くという印象で、今までのホンダの車はうるさいコンパクトカーはうるさいという悪評を一掃しているように感じます。

さて、とにかく静粛性は文句無しというところで、他にも良いところ、気になったところをあげていきましょう。

見た感じはどうだった?

今回試乗のフリードはガソリンハイブリッド共にボディカラーはコバルトブルー・パール。天気は曇りということも手伝い、ブルーに深みがあり締まった印象でした。

外観は言われるほど地味でもない

シエンタが2015年のフルモデルチェンジで、かなりインパクトのある外装デザインに変更し、一気に地味だという烙印を押されてしまったフリード。

実際に見ると確かに派手さはありませんが、キリっとしています。写真で見ると全体的に丸っこいイメージですが、実物ではボンネットが思ったより下がっていてシャープでした。

ボディカラーにもよるのでしょうが、コバルトブルー・パールは印象として◎でしょう。

内装は思ったほどインパクトがない

全体的にしっかりとした作りになっていて、コンパクトカーなどにありがちな、デザインは凝っているけどチープという感じはしません。

ただ、木目調インパネ部分の幅が写真で見るより細く、ちょっと寂しいです。とは言っても個人的にはもう少し太くても良かったかな?という程度で、おしゃれな印象は変わりません。

乗った感じはどうだった?

視界は広いけど慣れが必要

シートやハンドル、ミラーを合わせて、いざ正面を見ると、

どこまでが車なの?

と戸惑います。外からボディの形状をみたときは確かにあったボンネット車内からは見えません

車庫から出るとき、お店の駐車場から交通量の多い道へ出るときは、かなり戸惑いそうです。とは言っても慣れですから、何回か乗るうちに感覚が掴めそうでした。

シートは硬いけど心地よい

ホンダの車は全体的にシートが固め!とよく言われますが、フリードもやはり固めです。ただ、硬いだけでなく座るとホールド感がありしっかり支えてくれていると感じられます。

ガソリンタイプでも十分静か

最初に出発したのはガソリンタイプ、のはずですが・・・。

当たり前のような静かさに驚きます。ロードノイズもほとんどありません。おかげでウインカーHonda SENSINGによる女性の声が車内によく響いていました。

ステアリングは軽い!

コーナーを曲がるときにハンドルをきると、自分以外の誰かが一緒に操作してくれている?ような軽さです。これは電動パワーステアリングによるものですが、ただ軽いだけではなくハンドルを回したあと、クルクルと戻ってきません。

最近の車は電動パワーステアリングが多いので慣れている方は違和感なく乗れそうですね。ステアリング自体は小ぶりな割に太い印象でした。この辺りはやや好みが分かれそうなところです。

ブレーキがキュッキュしない

フリードの気に入ったところの1つに、ブレーキをあげたいと思います。新車というのはブレーキがまだ硬く、たいして踏んでもいないのにキュッキュッと嫌な止まり方をするものが多々あります。

運転している本人は感覚がわかりますが、同乗者をかなり不快にさせてしまいます。フリードでは初めからこれが感じられません。じわっと、けれどもしっかり止まってくれるので、同乗者にも怒られませんね。

ミニバンでこれだけ引っ張ってくれるのは頼もしい!

1500ccクラスになると、実はそこまでパワー不足を感じません。ただ、フリードの場合はコンパクトとはいえ車体も重いし、乗車人数によってはかなり重たくなります。

1500ccで大丈夫なの?とちょっと不安もありましたが・・・。急な坂道も違和感なく登り、加速もしました。

同乗者が増えればもう少しパワーダウンするかもしれませんが、フリードより大きなヴェゼルも同じエンジンを積んでいるところをみると、かなり頼れるのではないか?と感じます。

また、シエンタなどが走り出しでのっそりしがちなのに対し、フリードはのっそり感がありません。踏んだらその分応える反応も良く、乗っていて気持ち良いです。

ハイブリッドはどうだった?

シフトノブに慣れるまでアタフタしそう

ハイブリッドタイプとガソリンタイプで見た目も操作でも一番違うのは、シプトノブではないでしょうか?

フリードハイブリッドのシフトノブは、押して引くレバータイプではなく、シフトノブを手先で回すような感覚で操作します。

おそらくこれも慣れでしょうが、かなりアタフタします。

発進時はエンジンで始動

ハイブリッドタイプの車は、走り出しがモーターであることが多いのですが、フリードは、最初はエンジンで始動します。ここがハイブリッドなのにモタモタしないポイントでしょうか。

上り坂でのベタ踏みは評価が分かれそう

ハイブリッドのパワーを実感するために、急な勾配の坂道を走らせてもらいました。まずは普通に踏んで坂道を上がってみます。はじめのうちは問題ないのですが、徐々に頼りなさが漂ってきました。

「こんなもんですか?」

ホンダのお兄さんに聞くと

「もうちょっとちゃんと踏んでみてください。登っていきますから!」

とのこと。

2回目はベタ踏みとまではいかなくてもしっかり踏み込んでみます。確かにしっかり引っ張ってくれました。ベタ踏みと言うと、軽自動車にありがち限界を感じる感覚ですが、そうは感じられません。

ただこれをちゃんと登っていくと評価するのか、頼りないと感じるかは、意見が分かれそうです。

温まるのも早いシートヒーターが燃費向上に貢献

エンジンをかけ、スタートしようかな?とアクセルを踏む頃にはもうお尻が暖かく感じはじめました。そして5分も走行しないうちにすでにポカポカです。この日の気温としては肌寒いくらいでしたが、途中で暑くなるほどでした。

ハイブリッドカーはシートヒーターが標準装備なことが多いです。フリードの場合はグレードによってオプションですが、燃費のためにハイブリッドにするのなら、シートヒーターは選択した方が燃費向上により役立ちます。また、空気を乾燥させないで暖をとることもできます。

まとめ

ホンダの車は癖があるとかうるさいなどということを良く耳にしていましたがフリードに乗ってみると、どうやらそれは噂らしい・・・と感じるほど、快適に乗ることができました。静粛性は、かなり良いといえます。

ハイブリッドタイプも、ガソリンタイプとの差を感じさせないほどパワフル。あまりに不安要素が無さすぎて、物足りなさを感じるほどです。

いざちゃんと走って欲しい時にはしっかり引っ張ってくれる、頼もしい車です。アクティブなファミリーやアウトドア好きな方に支持される理由がわかった気がします。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-フリード, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.