引用元:HONDA公式ページ

フリード ホンダ

フリード+とソリオを比較!5人乗りスライドドアならどっち?

更新日:

定員数で見れば便利なフリードがファミリーに人気ですが、ラゲッジスペースの機能性では、よりアクティブなフリード+が、ファミリーだけでなく、若い方やアウトドア好きの方にも支持されています。

ところで、7人乗りができるコンパクトミニバンという括りで言えば、ライバルはシエンタが代表的ですが、5人乗りのフリード+には、ソリオというライバルが存在します。

ソリオはスペックも車体もフリード+より小さいはずなのに、なぜか手ごわい存在。今回はそんなフリード+とソリオを比較してみましょう。

ソリオがフリード+と比較される理由

5人乗りでラゲッジスペースが広めのコンパクトカーなら他にもたくさんあるのに、どうしてソリオが比較対象にあげられるのでしょうか?大きな理由はこの3つ。

コンパクトカーだけどスライドドア

ソリオはコンパクトカーですがスライドドアを採用しています。狭い場所でも乗り降りがしやすく荷物も積みやすく機能的です。

スライドドアが採用されている車種ですと大きな車が多いなか、ソリオはフリードと同じ5ナンバーになります。

高さ、大きさが似ている

車幅や長さはフリード+の方が大きめですが、高さはソリオの方が高めで全体的なサイズが似ています。高さがある分居住空間が広めで、車幅が小さい分小回りも利くソリオ。アクティブなシーンでの活躍も期待できそうです。

ラゲッジが機能的

ソリオの2列目シートはスライド式で、大きな荷物を積みたいときなどは、座席を前にスライドさせることで広いラゲッジスペースを確保できます。シートアレンジも豊富です。

違いを比較してみましょう!

 外装、内装デザインと居住空間

 フリード+

bc_03

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

アクティブがウリな割には、控えめな印象の外装です。ですがドアを開けると居住空間は広々と開放的。

シンプルだけど明るいイメージのインパネとこだわりのあるシートファブリックは、チープさを感じさせません。高級な仕様とは言いませんが、しっかりと作られているように感じられます。

ソリオ

mx_zrz

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/styling/

外装は元気が良さそうな印象で、アクティブな方に好まれそうです。内装もメーターが針表示(スズキのこだわり)でスポーティです。

内装の作りとしてはシートのファブリックなどはにややチープさを感じますが、空間は、高さがあるのでフリード+より小さいのにとても広く感じます。

また、細かな収納がこれでもかというほど充実していて、見るからに便利そうだと感じます。

質感ならフリード+アクティブならソリオ

外装デザインは好みによりますがクールならフリード+、アクティブな印象はソリオと分かれそうです。内装はソリオの方がスポーティですが、全体的な質感で比較するとフリード+の方が良さそうです。

燃費が良いのは?

ソリオ・・・ガソリン 24,8km/L

ハイブリッド 27,8km/L

フリード・・・ガソリン 19.0km/L

ハイブリッド 27.2km/L

フリード+

カタログ燃費と実燃費の差がそれなり出るのはフリードの方です。エンジンの改良でガソリンタイプは10km/Lを切ることはないかもしれませんが、ソリオのような燃費は出せないでしょう。

ハイブリッドタイプは、先代フリードハイブリッドと比較したら、かなり良くはなっていますから、やや期待できそうです。

ソリオ

ハイブリッドタイプも発売されていますが、ガソリンタイプとの差がありません。これは、搭載されているハイブリッドが簡易的なものであるため。その分、ガソリンタイプとの差額は約24,000円と、価格にも大きな違いがありません。

車体が軽いソリオが有利!

燃費は重量に大きく左右されます。ソリオは車体の軽量化に力を入れていて、この車体でも950kg。ガソリンタイプでもハイブリッドでも、燃費はフリードより良いです。

走行性能は?

フリード+

pic_idcd

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/performance/driving/

1500ccとは言え、車体が重たい割にはしっかり引っ張ってくれます。ハイブリッドタイプも、ハイブリッドとは思えないほど、アクセルを踏めばきちんと応えてくれる頼もしさを感じます。

車体の割にハンドルは軽く、操縦しやすいので誰でも楽に運転できます。ただ、ハイブリッドタイプでの上り坂は、力不足を感じることもあるでしょう。

また背が高い車にありがちな、コーナーで車体が外側に傾く(ロールする)ことがなく、安定した走りを味わえます。先代ソリオで言われていたロードノイズも改善されています。

ソリオ

img07

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/performance_eco/

1200ccとフリード+より小さめのエンジンですが、重量をかなり削っていますので、しっかりとパワーを感じます。

スズキ独自のチューニングで、車体は軽くてもフラフラしない設定がされ、ハンドルもクルクル回ってしまうような軽さはありません。

重量が950kgと軽いのに、この安定感には驚かされます。小回りも効くので女性でも運転しやすくなっています。

街乗りではそこまで気になりませんが、速度が上がるとロードノイズが結構うるさいと感じます。

大きさから言えば、互角とも言えるかも・・・

エンジンの大きさの割に、ソリオはパワーを感じるし小回りも利きます。登り坂不安なく走行できます。ソリオ単体で見ればパワーの面ではフリードに負けているようには感じないでしょう。ただ、やはり1200ccと1500ccは違います。

やや硬めの乗り心地も、そんなに優劣は感じません。静粛性ではフリード+の方がかなり静かになります。

ラゲッジの機能性は?

フリード+

pic_seat_arrange_01

引用:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

ラゲッジスペースを活用する車として申し分ない使い勝手です。しかもシートアレンジの操作がとにかく簡単

シートをフラットに近い状態に倒せる車種はたくさんありますが、フリード+は、ラゲッジを完全にフラットな広いスペースにすることができます。

ソリオ

img06

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/solio/luggage/

寝れないことはない程度のシート展開になります。シートアレンジでいろいろなことができますが、ラゲッジをメイン(車中泊など)に使うという仕様ではありません。

ですからラゲッジを活用しようと思ったら、それなりにプラスαの工夫が必要となります。ラゲッジの機能だけを取り上げるのなら、同じスズキから出ているイグニスの方が機能的かもしれません。

ラゲッジの機能性では無敵!フリード+

ラゲッジスペースを快適に使用することが目的のフリード+ですから、荷室が広くなるよ!レベルと一緒にしたらフリード+が怒ります。ラゲッジの機能性は断然フリード+です。

シート展開の操作がとても簡単ですし、ラゲッジスペースを活用した時の目線でドリンクホルダーが設計されていたり、電源があります。

ただソリオには、ソリオの負けです!と一言では片付けられないシート展開のバリエーションがあり、少し工夫をすれば、車中泊も不可能ではありません。

価格はどっちが安い?

ハイブリッドシステム安全装備を搭載させたタイプで比較しましょう。

フリード+ハイブリッドG Honda SENSING・・・2,516,000円

ソリオハイブリッドMZ デュアルカメラブレーキサポート・・・1,900,800円

フリード+

車の価格が以前より上がっているという理由もありますが、内装の質や走行性能、ハイブリッドシステムの変更などもあり、先代フリードよりも価格が上がっています。

ミニバンと考えれば安いけど、コンパクトカーで括ると高いというイメージが強いです。燃費は確かに良くなりましたが、コンパクトカーと比較すると物足りなさを感じます。

ソリオ

エンジンの大きさなどを見れば当たり前かもしれませんが、価格はソリオの方が安いです。ただ、ソリオに搭載れているのはマイルドハイブリッド

アイドリングストップや減速時に、エネルギーを蓄え、発進時にモーターでサポートするという、簡易的な機能になります。安全装備も自動運転機能などはありません。

ソリオの方が安いけど、そもそも規模が違う・・・

システムの規模が違うので全く同じ条件とは言えませんが、ハイブリッド、安全装備をプラスした状態で比較すると、ソリオはフリードより60万円近く安く購入できます。

価格が安いのはソリオです。燃費もソリオの方が良いと言えるので、お財布面で言えばソリオの方がやさしいですね。

ハイブリッドか?ガソリンか?

フリード+、ソリオ共にハイブリッドタイプが発売されています。でもハイブリッドタイプを選択すると割高ですね。

フリード+なら距離によって変わる

フリード+でハイブリッドタイプを選ぶと約40万円の上乗せです。ハイブリッド以外にも装備が充実するとは言っても、元を取るには相当乗らなくてはいけません。

街乗りメインならガソリンタイプでも良いと言えるでしょう。

ソリオならハイブリッドタイプ

ソリオの場合は24,000円ほどの上乗せとなります。ハイブリッドタイプを選択する!というよりはオプションに近い感覚です。

ガチガチに上乗せ分を回収することを考えるより、乗り換え時の下取り価格なども上乗せされるでしょうから、ハイブリッドタイプを選択した方が良いでしょう。

まとめ

フリード+の機能面で比較してしまうと、ラゲッジをフルに活用することをメインに設計されていないソリオは不利になりますが、大きな荷物を運ぶ広い空間が欲しいなどという面では十分と言えるでしょう。

ただ、ソリオでフリード+と同じことをしようと考えると、自分なりに工夫やアレンジが必要になります。ファミリーよりは単身者、比較的マメなアレンジ好きな方向きかもしれません。

価格の面や走行性能を比較すると、ソリオも申し分ないようですね。価格は大きく変わりますし、走行性能では1200ccで背が高いという一見不利な条件の割には上手にカバーしていて、安定感と力強さを感じられます。

機能性重視か、価格重視かで、大きく分かれそうです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-フリード, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.