車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:HONDA公式ページ

フィット ホンダ

ビッグマイナーチェンジでフィットはどう進化する?時期はいつ頃?

更新日:

燃費も良くて走りも楽しめる。コンパクトで扱いやすい。度重なるリコールもなんのその、安定した人気を維持しているフィットが、年度末から年度明けにかけて、マイナーチェンジを行うようです。

それもただのマイナーチェンジではなく、大きくと手を加えられるビッグマイナーチェンジとなっては、是非どんなものかチェックしておきたいところですね。

今回はフィットのビッグマイナーチェンジの内容に迫ってみましょう。また、具体的にはいつ頃の予定か?というのも調べてみました。

ビッグでマイナー?どういうこと?

フィットのマイナーチェンジの内容に迫る前に、このビッグマイナーという、面白いネーミングのモデルチェンジについてあげておきたいと思います。

フルモデルチェンジとの違い

マイナーチェンジはエンジンの一部が改良されたり、内装が変わったりと所々変更があります。それに比べてフルモデルチェンジは外装も内装もエンジンも、ありとあらゆる箇所の改良が行われます。

ビッグマイナーチェンジでは、見た目も内装もエンジンも変更され、フルモデルチェンジと何が違うの?とも思われますが、フルモデルチェンジでは法的には国土交通省に届ける型番が変更になることがあります。

また、フルモデルチェンジでは全体的な改良が行われるのに対して、ビッグマイナーチェンジでは、大掛かりな改良ではあっても全体的な改良というわけではありません。

フィットのマイナーチェンジは毎年行われている

フィットの場合、毎年どこかを改良するマイナーチェンジが行われているので、大規模な改良の時はビッグマイナーチェンジと呼ぶのが正しいかもしれません。

ビッグマイナーチェンジはだいたいフルモデルチェンジの中間あたりに行われ、改良だけでなく車体のリフレッシュのような役割があります。

フィットはビッグマイナーチェンジでどう変わる?

上にも少し記した通り、フィットは毎年マイナーチェンジで少しずつ進化していますが、フルモデルチェンジまでの折り返し地点での、ビッグマイナーチェンジは多くの方が注目しています。今回のビッグマイナーチェンジではどのあたりに手を加えられるでしょうか?

エクステリアデザインの変更

マイナーチェンジでエクステリアも変更してしまうの?と驚く方も多いでしょう。ビッグマイナーチェンジですからね。リフレッシュも兼ねた変更がありそうです。

フィットのエクステリア自体が元々おとなしい感じではありません。今回のモデルチェンジではさらに、フィットの個性の一つである「走りも楽しめる」部分もアピールし、よりアグレッシブさを前面に出したデザインとなるようです。

イメージとしてはヴェゼルやシャトルに似せた印象となるようです。

インテリアも変更はある?

居住空間の広さやインテリアのデザイン自体に変更予定はないようですが、シートファブリックの質感やインパネの質感などの変更は期待できるようです。

エンジンの載せ替えは?

フィットのマイナーモデルチェンジで話題となっていたのが、エンジンの載せ替えです。現行ガソリンタイプでは1.3L i-VTECエンジンが搭載されています。

載せ替えのターゲットとなっているのはダウンサイシングターボエンジン。こちらは今までの1.3Lをさらに小さく1.0L規模のサイズにし、ターボを装備することで1.3Lと同じくらいのパワーを引き出すというものです。

以前からホンダ車では、ダウンサイシングターボエンジン搭載の話題がつきませんが、今回のビッグマイナーチェンジでは見送りとなるようです。

ただガソリン、ハイブリッド共に、エンジンの改良はされていますから若干の燃費改良も期待できると言えるでしょう。

安全装備は一新

今回のビッグマイナーチェンジで大きく変更されるところは、安全装備です。今までも「あんしんパッケージ」という安全装備が付いていましたが、低速時の自動ブレーキと、サイドカーテンエアバッグ程度のものでした。

安全であることには変わりありませんが、次から次と他のメーカーや車種が最新の安全装備を充実させる中、フィットは取り残され気味でした。今回の改良で、フィットにはヴェゼルと同じホンダセンシングを搭載されるようです。

ホンダセンシングはあんしんパッケージとは技術も性能も全く別物。ホンダセンシングなら、他メーカーの安全技術に引けを取らない仕様となり、物足りなさを感じることはなくなります。

ホンダセンシングの内容としては

衝突軽減ブレーキ(CMBS)

歩行者事故低減ステアリング

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

LKAS(車線維持支援システム)

誤発進抑制機能

路外逸脱抑制機能

先行車発進お知らせ機能

標識認識機能

この8つとなります。低速での自動ブレーキや障害物を避けることはもちろん、ACCは自動運転機能となり、かなり高機能なフィットに進化してしまうことになります。

モデルチェンジの時期はいつ?

実は2016年内にマイナーチェンジが行われるのでは?という噂もあったのですが、それは見送りとなり、2017年4月ごろにビッグマイナーチェンジを行うことにしたようです。

このところフィットはリコールが続いていていました。これ以上リコールが起こらないようにして欲しいところですね。リコールはフィットだけの問題ではありませんから、フィットに新しい機能が搭載されるということは、またリコールも起こる可能性もあります。

焦ってマイナーチェンジをするより、4月のビッグマイナーチェンジに向けて、リコールが減るように改良されると良いですね。

まとめ

今回フィットのビッグマイナーチェンジでは、外装と安全装備の改良にスポットが当たりそうです。特に安全装備は、現時点でホンダの最先端、ホンダセンシングを搭載することが予定されています。

ホンダセンシングがフィットに搭載されていなかったということも少し驚きですが、ハイテクフィット誕生となるビッグマイナーチェンジ、今から楽しみですね。

また、技術ばかりでなく、リコールが起こらないように改良されて欲しいところですね。

車を高く売るために一括査定サイトに申し込みは時代遅れ

車系のサイトでよくすすめられている「一括査定サイト」。たしかに、あれは便利ですし、私もあれを使うことにメリットは当然あると思っています。

基本的な使い方としては、

・車の情報を入力する

・大体10社くらいに査定依頼が行く

・あなたに「査定させてください!」というメール・電話がめっちゃ来る

・良さそうな業者数社に査定してもらう

・一番価格が高い業者に売る

になるのですが、これぶっちゃけ超めんどくさいです。得はするのですが、めんどくさい。

まず、電話がめっちゃ来ることがうっとうしいです。ただ、それでも、車をお得に手放せる手段だったので、まあ、使わざるを得ない、みたいな状態だったのですが、更に革新的なサービスを見つけてしまいましたので、紹介させてください。

「ユーカーパック」で楽に高く車を手放そう!

今までの電話かかってきまくりの一括査定サイトとは違うユーカーパック。

具体的に何が違うかと言うと、

・査定は提携ガソリンスタンドor自宅で1回のみ(複数業者に査定してもらう必要なし)
・買取業者へ公開されるのはその時の「車の査定情報」のみ(一括査定サービスは電話番号なども公開)
・なので、電話はユーカーパックからしかかかってこない(一括査定サービスは複数業者からめっちゃ電話かかってくる)
・毎回業者に査定してもらう仕組みではないので、最大2,000社から査定してもらえるから本当の最高額がわかる

めっちゃすごくないですか?

・電話が複数業者からかかってこない
というだけで、結構革新的だと思うのですが、仕組みが素晴らしいため、最大2,000社から査定してもらえて、本当の最高額がわかる。しかも、査定依頼は無料です。

複数業者から電話めっちゃかかってこない。査定依頼無料。それで、最大2,000社に査定してもらえる。車を買う時に損をしたくない方は絶対に使うべきサービスです。

「電話がめっちゃ鳴るのが嫌だから使わないんです〜」
↑一括査定サービスの存在を知っておきながら、これが理由で使わない人がいたのですが、もうその言い訳は通用しませんね。笑

車の相場は日々変動するので、早めに査定依頼をしてもらった方が損しないです!申し込みはお早めに。

▼公式ホームページ
https://ucarpac.com/

-フィット, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.