引用元:HONDA公式ページ

フィット ホンダ

フィットの車体価格は?いくらあれば購入できる?ガソリンタイプ編

更新日:

街なかでもかなりの頻度ですれ違うコンパクトカー、フィット。小回りは利くし燃費も良いだけではなく、走る楽しさも忘れていないと、人気をキープしています。

そろそろ車を買い替えようかなぁ?と思った時、フィットを検討する方も多いのではないでしょうか?

ところでひと言にフィットを買うと言っても、フィットにも色々と価格に違いがあります。しかもフィットの場合は細かく価格分けがされています。

今回はガソリンタイプのフィットの価格による違い、どの価格帯を選ぶべきか、また、乗り出しにかかる金額はどれくらいか?というのを探ってみましょう。

フィットの車体価格と差額

13G・・・2wd 1,299,800円

4wd 1,494,200円

13Gはとてもシンプルな作りとなります。車に乗り慣れている方は抵抗がないかもしれませんが、今時新車を購入するのに、エンジンがプッシュボタンではありません。エアコンもマニュアルになりますから、自分で温度調節をすることになります。

乗れない車ではありませんが、自家用として購入するにはあまりオススメできません。この13Gをベースに、差額と追加される装備を見ていきましょう。

13G Fパッケージ 差額は約12万5千円

13G Fパッケージ・・・2wd 1,425,000円

4wd 1,614,900円

13Gとの差額は125,200円となります。この125,200円の差額でエンジンはプッシュスタートになり、エアコンはフルオートに、ドアミラーにウィンカーも付きます。更に後部座席が足元に収まり、ラゲッジと一体化させるウルトラシートに変わります

グレードによって選べるか?という条件的な問題はさておき、オプションでこれをらすべてを付けたとすると125,200円では収まりません。自家用車として購入するとなると、Fパッケージからの選択が価格、快適さをみてもオススメになります。

13G Fパッケージ特別仕様車ファインエディション 差額1万3千円

2wd 1,438,000円

4wd 1,632,400円

Fパッケージとの差額は13,000円です。プラスされる装備としてはアームレスト付きセンターコンソールと、ナビ装着用スペシャルパッケージになります。乗車中の快適さがプラスされた仕様となっています。

13G Fパッケージ 特別仕様車 コンフォートエディション 差額は3万円

2wd 1,455,000円

4wd 1,649,400円

Fパッケージとの差額は30,000円となります。運転席、助手席にシートヒーターと360°スーパーUV・IRカットが装備されます。このパッケージでは、選択できるボディカラーも変わってくるので、価格よりも条件での選択となりそうです。

13G Lパッケージ 13G Fとの差額は約14万円

2wd 1,562,000円

4wd 1,756,400円

Fパッケージとの差額は137,000円になります。ヘッドライトがLEDに変更され、安心パッケージ、クルーズコントロールの搭載で、安全面を充実させています。

13G Lパッケージ ファインエディション Lとの差額は3万6千円

2wd 1,598,000円

4wd 1,792,400円

Lパッケージに36,000円の上乗せとなります。安全装備を充実させたLパッケージに、居住空間の快適さを加えた仕様です。シートファブリックの変更、ナビ装着用スペシャルパッケージ、リヤシートにもアームレストが装備されます。

13G Sパッケージ Lとの差額は約10万5千円

2wd 1,664,000円

4wd 1,858,400円

Lパッケージに102,000円の上乗せになります。Sパッケージはスポーツ仕様になるため、外装やホイールなどの変更になります。LパッケージのLEDヘッドランプに加え、フォグランプ、LEDポジションランプの装備、15インチアルミホイール、パドルシフトがパッケージされています。

外装だけならカスタムなどでお好みに変更できますが、パドルシフトが装備されているフィットに乗りたい場合はSグレードの選択となります。10万円ほどで外装がスポーティになり、パドルシフトも付いているとなれば、お得なパッケージではないでしょうか?

15XL Lとの差額は約20万円

2wd 1,749,000円

4wd 1,911,000円

Lパッケージとの差額は187,000円と20万円近くの上乗せになります。SパッケージとLパッケージの良いところを装備し、更にエンジンも1500ccと大きくなることで、走行性能も乗り心地も、他のフィットとは一味違ったワンランク上のフィットとなります。

RS 13G Fとの差額は約50万円

2wd 1,926,000円

RSを検討するということは、MT(マニュアル)仕様を視野に入れているという方がいるでしょうから、こちらは13G Fパッケージと比較してみましょう。RSは車体だけで200万円近くします。差額を見ると501,000円。

ただ、変速段数が13G Fパッケージでは5段なのに対し、RS では6段。積まれているエンジンも1500と、パワーが違います。内装、外装の装備を比較しても、13G Fパッケージはマニュアルも選べるよ!という位置付けなのに対し、RSではホイールも16インチとなり、走行性能にこだわったスポーツ仕様となります。

乗り出しはいくらかかるの?予算の計算をしよう!

ここまではフィットの車体価格とそれに含まれる装備の差を比較しましたが、車というのは、車体価格とオプションの価格を足しただけでは購入できません

乗り出す為にかかる費用を計算してみましょう。車体によって多少ずれはありますが、車体価格と、オプション、それからここで出す諸費用を足せば、おおよその必要な金額が割り出せます。

諸費用などを細かく書きだすよりも、ざっくりとでも予算を立てやすいように、まずはどのフィットでも使えるシンプルな数字を出してみました。

フィットにかかる諸費用は約18万円

諸費用の内訳は、税金、保険料、リサイクル法関連費用となります。車種によって変動がありますが、ひとつの車種で何十万も変わるということはありません。フィット購入で予算を立てたいと思った時、この、諸費用がいくらくらいなのか?というので、なかなか具体的な数字を出せないことがあります。

ざっくりとですが、フィットの場合の諸費用は18万円と見立てることができますので、予算を立てるの役立ててみてください。今回はガソリンタイプの中で一番高いRSで計算していますから、18万円より上回ることはあまり考えられないでしょう。

内訳 税金にも色々有る

税金の中には、自動車取得税と自動車重量税、自動車税があり、自動車取得税は車両価格に対しての金額となる為、同じフィットの中でも増減があります。

自動車重量税は、重さによって増減がありますが、フィットの場合は1,5t以下の計算で22,500円、これは3年分の金額となり3年分まとめて支払うことになります。

自動車税は排気量によって定められていて、毎年4月に請求がきます。その為、4月以降に車を購入された方は月割りでの請求となり、購入月によって金額が変わってきます

内訳 代行手数料は払った方が安い?

諸経費の中には税金のほかに保険料があります。「保険なら入っているわよ!」と言いたくもなりますが、これは法律で義務付けられている保険なので外すことはできません

また、リサイクル法関連費用も法律で定められているものなので外すことができず、フィットの場合は10,260円になります。

そのほかに諸経費として組み込まれているのが、書類代行手数料です。こちらは、車庫証明やナンバー申請など、ややこしい書類手続きをディーラーにやってもらう為の費用なので、削ることができます。

ですが自分で行うとかなりめんどくさい作業になりますから、「時間もお金のうち!」と考えるとディーラーにお任せする方が安いと言えるでしょう。

フィット購入に必要な金額の割り出し方

上であげた諸費用18万円と、車両価格 、オプション価格の総額で、フィットを購入する金額を出すことができます。

13G Fパッケージでオプションが30万円、諸費用が18万円だとしたら、

1,425,000円+諸費用18万円(高く見積もっている)+オプション30万円=1,905,000円

となります。カーナビなどの金額が大きいですが、オプションを40万円以内で収めれば、13G Fパッケージは200万円以下で購入することができます。

まとめ

フィットはガソリンタイプひとつとっても、価格設定が細かくされています。その設定の中には、必要に応じた装備のパッケージがされているので、どんなフィットが欲しいのか?ということをじっくり検討すると良いでしょう。

パッケージには頼らずに、好きなオプションを自分で選択して購入するという方法もありますが、オプションをあれこれ選んでいるうちに、パッケージよりも高くついてしまうということもあります。

パッケージに含まれいる方がお買い得な面が多々あるので、それぞれのパッケージをベースにオプションを追加していき、諸費用をプラスしていくと、フィット購入に必要な金額を具体的に知ることができるのではないでしょうか?

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-フィット, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.