車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:HONDA公式ページ

フィット ホンダ

フィットにホンダセンシングは付かないの?付いたら車体価格は上がるの?

更新日:

コンパクトカーのなかで、とにかく売れているうちの 1台に入るフィット。価格、燃費、操縦性などで評判が良く、常に上位をキープしてきました。

ところでここのところ、コンパクトカーやファミリータイプの車は我先にと、安全面の強化が行われています。フルモデルチェンジを機に、どの車種もメーカーで最先端の安全装備を搭載しています。

そうなると、向こう 2年はフルモデルチェンジがないであろうフィットはすでに出遅れているし、この先も進化が無いのでしょうか?

フィットにホンダセンシングはつかないのでしょうか?その辺りを探ってみましょう。

あんしんパッケージの内容は?

安全面の充実に関しては、自分で注意して運転するのが一番安全!という厳しい意見もあります。確かにそうなのですが、注意して運転していても危険なシーンに遭遇することはあり、そんな危険を少しでも軽減できるのなら、それに越したことはありません。

フィットのあんしんパッケージにはシティブレーキアクティブシステム前席用i-サイドエアバッグシステムサイドカーテンエアバッグシステムがパッケージされたものになります。

シティブレーキアクティブシステムには低速域衝突軽減ブレーキ誤発進抑制機能が組み込まれます。これは30km/h以下での前方車両との衝突を回避したり、前方に障害物がある状況でアクセルを踏み込んでしまった時、急発進を防止する機能となります。

それって頼もしい装備なの?

少し前なら、この装備でも頼もしかったかもしれません。ただ衝突軽減ブレーキシステムのせいで事故が起こっていたケースも否めません。また、30km/L以下でのブレーキシステムはちょっと事足りないように感じます。

となると、余計なお世話かもしれませんが、フィットはフルモデルチェンジまであんしんパッケージで乗り切るつもりなのでしょうか?リコールも続いて安全面も心もとないとなれば、ちょっと人気維持も心配になります。

ホンダの最新安全装備、ホンダセンシングってどうなの?

ホンダの車でモデルチェンジした車に当たり前のように搭載されているホンダセンシング。次のモデルチェンジでフィットにも着くかなぁ?と期待されていますが、どんなものなんでしょうか?

最先端で頼もしい!

衝突軽減ブレーキの30km/h以下という制限は5km/h以上全域に変わります。また今までのあんしんパッケージでは、ブレーキを操作することはあっても、ハンドル操作まではありませんでした。

ホンダセンシングでは、アダプティブクルーズコントロールの機能が搭載されるため、ハンドル操作も車が自動で行ってくれます。

そのため安全面でのサポートの枠も広がり、車線をはみ出さないように誘導してくれたり、高速道路などで車間距離をキープして自動運転をしてくれたりします。

まだまだオプション扱い

安全装備としては最先端なホンダセンシングですが、実はほとんどの車種で標準装備として搭載はされていません。

ホンダセンシングはまだまだ高価な装備となるため、コンパクトカーやコンパクトミニバンに標準装備で着けてしまうと、かなり価格が上がってしまいます。車としては高機能になりますが、あまり高くなると、コンパクトカーという枠から外れてしまいます。

そのため、コンパクトミニバンやSUVなどの車種でもオプション扱いとされています。グレードによって標準装備仕様として販売はされていますが、全ての車に標準装備というわけにはいかないようです。

フィットに装備されるとしたらいつ?どんな規模?

さて、頼もしいけどちょっと高価な安全装備ホンダセンシングですが、オプションで選択できるのなら、フィットにもつけてほしいところです。フィットに装備される予定はあるのでしょうか?

ビッグマイナーチェンジに期待!

フィットは2017年春頃、ビッグマイナーチェンジを控えています。マイナーチェンジではなく、ビッグがつくところがミソなのですが、この、ビッグの内容に、今までのあんしんパッケージからホンダセンシングへの変更が予想されています。

ビッグマイナーチェンジはフルモデルチェンジの中間に行われることが多く、もしも、このビッグマイナーチェンジがなければ、あと2年ほどモデルチェンジが予測できません。

そうなるとこのビッグマイナーチェンジでのホンダセンシング装備は、フィットにもちょうどいいタイミングと言えますから、搭載されることはかなり期待できます。

機能が制限される可能性がある

ところで、トヨタでも安全装備としてトヨタセーフティーセンスというシステムがあります。このシステムはランクがあり、車種によって搭載される内容が変わります。セーフティーセンスCになると、あんしんパッケージと内容があまり変わらない、ちょっと残念な装備になります。

ホンダセンシングでも、内容が車種によって制限されています。フィットがホンダセンシングのせいであまりに高額になってしまっては、コンパクトカーとしての魅力が半減してしまいますね。

それを避けるために、フィットに搭載できるホンダセンシングの内容も制限が増えるかもしれません。

まとめ

フィットの立ち位置から見ると、ホンダセンシングが今まで装備されていなかったのはちょっと意外ですが、他のコンパクトカーを見ても、やはり安全装備の規模は最小限なことが多いようです。

そうなると、他の車種より高機能なホンダセンシングを搭載することでフィットは、他の車種より一歩リードすることができますから、次のビッグマイナーチェンジでホンダセンシングの搭載はかなり期待できそうです。

ホンダセンシング自体はまだまだ安い装備とは言えませんが、装備したからといって高額で発売しては、コンパウトカーとして成り立ちません。

フィットの場合はオプション扱いや、内容を少し制限するなどしてコストを下げるなどといった工夫をされ、車体価格をむやみに上げることなく搭載されるのではいかと予想できます。

フィットの購入の際に普通にディーラーに下取りに出すと損してしまいます!

フィットの購入を考えているあなた。買い替えの際に普通にディーラーで自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに行って「フィットを買いたいのでこの車を下取りしてください。」と言えば当然安く下取りされてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用しよう

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。

▼▼無料で査定依頼を出す
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、すぐに「自分の車の価値が大体いくらか?」把握することができます。査定結果を待つことなく自分の車の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

フィット購入の際には、かんたん車査定ガイドで依頼を出し、その中で一番高い査定を出してくれた業者の見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額を提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、フィット購入の際に損することがなくなります!

とても便利な「かんたん車査定ガイド」ですが、無料で使えるので、車の買い替えを検討しているのであれば、是非活用してみてくださいね。

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-フィット, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.