車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:HONDA公式ページ

フィット ホンダ

フィットハイブリッドの価格は?ハイブリッドは割高なの?お得なの?

更新日:

フィットにはガソリン車とハイブリッド車の展開があります。フィットに限らず、ハイブリッドとなると、同じ車種でも価格や仕様が変わってきます。

ハイブリッドと言えば確かに燃費が良いのですが、ガソリン車との差額は約40万円にもなります。いくら燃費が良くなると言っても、初期投資40万円は安いのか?高いのか?とかなり悩むところですね。

今回はハイブリッド車の価格展開はどうなっているのか?またフィットハイブリッドにすることでお得感を得ることができるのか?などを探ってみましょう。

フィットハイブリッドでの価格展開

フィットハイブリッドでは5つの価格展開がされています。ベースタイプからの差額と、価格による装備の違いを見てみましょう。

HYBRID ベースタイプ ハイブリッドは1500ccのみの展開

2wd 1,690,000円

4wd 1,884,400円

価格だけ見ると、ハイブリッド車はベースタイプの時点でガソリン車の15XLと金額があまり変わらず驚きますが、ハイブリッド車ではエンジンの大きさに13L(1300cc)がなく、15L(1500cc)からの展開となっています。

ベースタイプですでに、プッシュスタートキーフルオートエアコンが装備された状態になっており、ハイブリッド特有のデザインメーター、マルチインフォメーションディスプレイ、エコアシストやSモードスイッチ、一体可倒式リアシートと、自家用として利用するのに申し分ない仕様となっています。

インテリアデザインの選択もでき、ボディカラーの数もガソリンタイプより多くなります。

HYBRID Fパッケージ 差額は約11万円

2wd 1,796,000円

4wd 1,990,400円

ベースタイプとの差額は106,000円になります。この106,000円の差額で、車内の快適さや、運転のしやすさがプラスされます。主な装備としてはサイドミラーにLEDのウインカーが付き、オートリトアミラーになります。

内装ではインパネ部分がソフトパドパネルに変更、オートエアコンにはプラズマクラスター機能がプラス、ナビ装着用スペシャルパッケージ、ラゲッジを広く活用できるウルトラシートが標準装備となります。

10万円でこの装備を取り付けるのは無理ですから、Fパッケージはお得なパッケージとなります。

Fパッケージ 特別仕様車 コンフォートエディション 差額は3万円

2wd・・・1,826,000円

4wd・・・2,020,400円

窓ガラスが360°のスーパーUV・RIカット仕様となり、運転席、助手席にシートヒーターが装備されます。そのほかに、ボディカラーが通常のフィットと異なり、ピンクやモカといった女性に好まれがちなカラー展開となります。装備自体はFパッケージとあまり変わりません。

HYBRID Lパッケージ Fとの差額は約16万5千円

2wd・・・1,959,000円

4wd・・・2,121,000円

Fパッケージの時点で申し分ない充実した装備となっていますが、Lパッケージでは安全面が強化されます。ヘッドランプのLED化、エアバッグをサイドにも装備した安心パッケージ、クルーズコントロールが装備され、装飾面でも、ステアリングの本皮巻き仕様、専用シートファブリックと内容が充実したフィットになっています。

ヘッドランプがLEDになることで、ハロゲンランプよりも視界が良くなりますが、オプションでヘッドランプだけの変更は割高です。高齢の方や運転が苦手な方は特に暗い道は怖さを感じやすいので、視界をしっかり確保するためにもLEDヘッドランプをオススメします。

HYBRID Sパッケージ Fとの差額は約26万5千円

2wd・・・2,059,000円

4wd・・・2,221,000円

ガソリンタイプでも展開されていますが、フィットのスポーツ仕様パッケージとなります。差額が263,000円と随分差が開きますが、装備自体はLパッケージを主体としています。Lパッケージとの差額はちょうど10万円となります。

パドルシフト以外にメカニックの変更はありませんが、内装がスポーティになり、カッコ良くなります。アルミホイールは16インチ、RSシート、テールゲートスポイラーなど、この時点で10万円を超えているので、オプション選択するよりSパッケージの方がお買い得になります。

上乗せ40万円でもハイブリッドはお得なのか?

フィットハイブリッドの価格展開の比較では、Fパッケージを基準に必要な用途に合わせて選択していくと選びやすいわけですが、そもそも、ハイブリッド車の購入はガソリン車より割高です。ハイブリッドを選択するべきなのか?迷うところではないでしょうか?

走行距離と維持年数で条件が変わる

ハイブリッド車を購入する条件として、いかに短期間で長距離乗るか?ということが良く挙げられます。これは、40万円分上乗せして燃費の良い車を購入しても、その40万円を消化できないうちに手放すなら、ガソリン車の方がお得だということです。

通常の利用でガソリン車との差額上乗せ分を消化するためには10年以上かかります。フィットハイブリッドを乗りつぶすのであれば、ハイブリッドの購入でも「損した!」という気分にはならないでしょうが、元を取ることだけを考えるとガソリン車の選択が無難でしょう。

ベースタイプで違いを比較してみよう!

フィットガソリン車ではFパッケージになると、自家用としても快適に乗ることができる装備となっていきますが、ベースタイプではあまりにシンプルで業務用のような仕様となり、価格は安くてもなかなか手を出そうと思うことができません。

ハイブリッド車になるとベースタイプの時点で、エアコンはフルオートエアコン、エンジンスタートもプッシュボタンになります。

ハイブリッド車のベースタイプはガソリン車のFパッケージと同じくらいの装備と言えないこともないでしょう。

フィットハイブリッドは免税車になる

ガソリン車Fパッケージの金額が1425,000円とすると、ハイブリッドベースタイプとの差額は265,000円となります。さらにハイブリッドカーは免税対象でもありますから、諸経費から10万円ほどの値引きが行われます。

装備にそこまでこだわらず、ハイブリッド車のフィットを検討したいのであれば、免税の分約17万円走行距離を天秤にかければ、そこまで差額に振り回されることなくハイブリッドの購入に踏み切れるかもしれません。

まとめ

フィットハイブリッドの場合、ガソリン車でのグレードと比較すると一つずつ上にずれていてベースタイプでも十分に自家用として乗ることができます。

ただ、価格自体がガソリン車よりも上乗せとなりますから、そこはじっくり検討したいところですね。上乗せ金額はカタログなどの数字だけで計算すると40万円になりますが、ハイブリッドでは免税や補助金などといった特典が付いてくることなども考慮すると、そこまで敷居が高い存在でもなくなりそうです。

燃費とカタログの価格だけに特化すると割高に感じるフィットハイブリッドですが、エンジンの大きさ装備品も比較対象とすると、意外と高くないかも?と感じられるのではないでしょうか。

フィットの購入の際に普通にディーラーに下取りに出すと損してしまいます!

フィットの購入を考えているあなた。買い替えの際に普通にディーラーで自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに行って「フィットを買いたいのでこの車を下取りしてください。」と言えば当然安く下取りされてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用しよう

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。

▼▼無料で査定依頼を出す
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、すぐに「自分の車の価値が大体いくらか?」把握することができます。査定結果を待つことなく自分の車の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

フィット購入の際には、かんたん車査定ガイドで依頼を出し、その中で一番高い査定を出してくれた業者の見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額を提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、フィット購入の際に損することがなくなります!

とても便利な「かんたん車査定ガイド」ですが、無料で使えるので、車の買い替えを検討しているのであれば、是非活用してみてくださいね。

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-フィット, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.