スズキ ハスラー

スズキハスラーの内装はカスタム推奨?安っぽいって本当?

更新日:

近頃の軽自動車は、エンジンも内装もとてもこだわったものが多く、軽自動車とは思えないほど快適なものが当たり前となってきました。

外観をふんだんにこだわっているハスラーの場合はどうでしょうか?外観に凝っている分、内装は期待できないのでは?と心配される人もいるでしょう。

確かに一昔前の個性的な外観の軽自動車は、ちょっとしたこだわりはあっても、内装まではこだわられていなかったり、安っぽくてがっかりするものもありました。

実際にディーラーなどで見ていただくのが一番早いのですが、こちらでもハスラーの内装について調べてみました。安っぽい感じの作りなのか?また、その場合はどこをカスタムすると良いのかを探っていきましょう。

ハスラーの内装を覗いてみよう

まずはハスラーの内装がどんなものか見てみましょう。

グレードはA・G・Xとありますが、今回は比較的選ばれやすいX・Gグレード以上の内装を見て行きます。また、写真がGグレードの場合は、Gグレード以上であればそれより劣ることはありませんので、参考にしていただけたらと思います。

インパネ

img01

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

だいたい軽自動車のインパネはブラックやグレーが多いですが、ハスラーのインパネは、ホワイトのカラーパネルが使われています。

遊び心を感じる楽しいデザインですが、光沢があるので華やかさもあり安っぽく見えません。パッションオレンジとアクティブイエローは、ボディと同じカラーパネルになり、より高級なイメージを感じられるでしょう。

メーター

img03

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

メーターは単眼メーターを使用しています。

今時単眼ってやっぱり内装ケチってるのかな?と思いますが、決してそういう感じではありません。走行の仕方によってメーターの周りの色が変わったりするので、レトロすぎるという感じにもなりませんし、アウトドアなどにはアナログのメーターの方がマッチしているように思えます。

スピーカー

img06

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ちょっとこだわりのある車種の場合はスピーカーにも装飾があることもありますが、軽自動車のドアスピーカーは地味なものがほとんどではないでしょうか?

ハスラーのドアスピーカーは、シルバーで縁取りの装飾がされています。スピーカーの装飾なんて、なんか意味あるのかな?と思うかもしれませんが、存在感が違ってきます。

確かに装飾が付いていなければいないで、全然目にも止まらなかったでしょう。ですが装飾がしてあると見栄えが全くちがってとても格好よく高級感を感じます

シート

img07

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

シートのタイプはベンチシートとなります。シートにパイピングの縁取り装飾がされています。このパイピングは2トーンボディのカラーと合わせてあります。

フェニックスレッドパールと単色の車体のものはホワイトになります。フロントシートの運転席と助手席の間にはアームレストが付いていますから、リラックスして運転することができますね。

リアシート

img12

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/interior/

リアシートもパイピングは同じように装飾されています。ちょっと前までの軽自動車では考えられないことでしたが、シートを前後に動かすことができますので、シートを一番後ろまで下げれば普通の大人がリアシートに座っても窮屈さを感じることがありません

これは、今までですとラゲッジフロアなどにあったスペアタイヤをなくし、そのスペースを有効に使うように工夫がされています。もちろんスペアタイヤの代わりに、簡易版パンク修理剤が入っていますので心配は要りません。

ラゲッジフロア

img07-1

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

通常のラゲッジフロアですと、カーペットのような材質のものが敷かれていますが、ハスラーはアウトドアやレジャーに使われることが多いだろうということを想定し、汚れを拭き取りやすい材質を採用しています。

しかも、ラゲッジフロアには電源を供給できるラゲッジアクセサリーソケットも装備されています。このラッゲジアクセサリーソケットは、もちろん色々な面で活躍しますが、タイヤがパンクした時の修理時に使うと大変便利です。

工夫された小さな収納

ハスラーは、コンパクトなボディなのですが、色々なところにちょっとした収納がたくさん作られています。

トレー類

img11

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ちょっと小物を置いておくのに便利なトレーは、インパネ部分は運転席、助手席、センター部分の3箇所に用意されています。

ポケット類

img10

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ポケットも運転席、助手席側のドアに一つづつ、それから運転席のスタートボタンの下に一つ、運転席と助手席の間のセンターに一つ、あとは後部ドアにそれぞれ付けられています。運転席のポケットは、携帯リモコンを置いておくのに便利です。リアポケットとセンターロアポケットにはドリンクが収納できるようになっています。

ボックス類

img22

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ボックス類は、目に見えるものではグローブボックスとインパネのボックスになります。インパネのボックスは、開けると扉がテーブルとして使えるようになっています。

ここまではどの車種でもありがちな収納となりますが、ハスラーは、アームレストの中と、助手席の下も収納ボックスとなっています。特に助手席下の収納ボックスは、シューズなども入る大きさでとても便利な機能となります。

付け外し自由自在!取付ナット

img06-1

引用元:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/luggage/

ハスラーは、レジャーやアウトドアに活躍するであろう!ということを想定して作られている、クロスオーバーSUVです。ですから、多目的な存在でありたいですね。ハスラーの屋内の天井部分には、便利な機能のアクセサリーを取り付けられるためのナットが付いています。

ナットのキャップを外せば、フックなどを取り付けることができ、ネットを掛けたり、マルチルーフバーを取り付けることができます。ナットは、ラゲッジフロアにも付いていますので、ラゲッジバーとラゲッジネットを組み合わせれば、便利な収納スペースを取り付けることができます

更にドレスアップするなら

内装も充実しているハスラーですが、更にカスタムすることで内装が充実しより高級感が増します。ハスラーはアクセサリーが豊富に展開されているのですが、特にオススメなのはこの2つです。

インパネガーニッシュ

インパネ&ドアトリムデカールは

『スズキハスラーのカスタム【パーツやオプションのおすすめ】』

で紹介しましたが、インパネ自体をドレスアップすることもできます。インパネのセンター部分がシルバーになっていますが、このカラーに合わせてインパネ全体をシルバーで合わせてみましょう。するとシルバーにすることでホワイトの時のような明るさは無くなりますが、インパネ全体のカラーが統一されて高級感が出ます

またブラックもラインナップされていますが、主にインパネの下の部分(グローブボックスやインパネポケットなど)に近いカラーになりますので、ぐっと落ち着いた印象になります。

シートカバー

パイピングの施されたシートもステキですが、革調シートカバーや、撥水加工の施されているカラフルなシートカバー取り付けてみてはいかがでしょうか?革調シートカバーを取り付けると、とてもシックなイメージになります。カラーはホワイトとブラックが用意されていて、ホワイトなら上品さをブラックならモダンな印象を演出することができます。

撥水タイプのシートカバーはとてもカラフルで、室内がポップで楽しい印象になることでしょう。シートを直に汚す心配もなくなりますね。シートカバーを取り付ける時は、緩みがないようにしっかり取り付けましょう。高級感を演出してくれるはずが、なんだか格好悪くなってしまいます

▼ハスラーのカスタムの詳細
スズキハスラーのカスタム!おすすめのパーツやオプションを紹介!

ハスラーは内装も充実!

ハスラーは内装も充実していて、安っぽいという印象はないようです。

ただ、これは個人的な価値観で大きく変わってきますから、物足りなさを感じる人もいるかもしれません。そんな時は、もちろん金額と相談することも大切ですができるだけ自分のイメージに近づくようカスタムしてあげるといいですね。

ハスラーはアクセサリーパーツの品揃えが豊富ですから、きっとあなたの納得できる内装にすることができるでしょう。

▼ハスラー購入検討者必見記事
ハスラーの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-スズキ, ハスラー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.