イグニス スズキ

スズキイグニスを実際試乗したのでレポートしてみた!

更新日:

イグニスは、今までなかったコンパクトカーのクロスオーバーSUV。新しいタイプの車になります。SUVだ!と見るからに主張しているデザインではなく、街乗り用かと思わせてアクティブな走行にも対応している頼もしい車です。

発売前から話題になり注目を浴びていました。今回は、そんなイグニスに実際に触れ、試乗をしてきたので、そのレポートを報告したいと思います。

イグニスってどんな車?

イグニスはスイフトの後継モデルだとか逆輸入版などと囁かれていますが、どちらかというとスプラッシュの新型となり、ソリオをベースにデザインされていますので、エンジンはソリオと同じになります。

スズキの自動車はヨーロッパに輸出されることが多く、そのため安全基準もヨーロッパの基準で作られている部分が多々あります。ヨーロッパの安全基準はとても厳しいので、イグニスも安全面を非常に重視した設計になっています。デザインも他のコンパクトカーとは違いヨーロッパ調を思わせる感じで、どことなくおしゃれですね。

外観や内装はどんな感じ?

試乗の前に外装や内装部分の紹介もしておきましょう。カタログでも外装や内装のことを紹介していますが、実際見てみたり触れてみると、また違ったイメージになります。

外装はどんな感じ?

外装は他のコンパクトカーとは一味違い、どことなく漫画に出てきそうなポップなデザインが施されています。横からみたデザインは一昔前のフィアットパンダを連想させるようなデザインで、今までにはなかったのではないかな?と感じます。

クロスオーバーSUVタイプということで、ハスラーと同じように車高が高くなっていて、タイヤも大きめのものをはいているのですが、ボディが丸っこい形状ですのであまり車高が高く感じられません。

その辺りも、SUVを強く主張していないように感じられるののかもしれませんね。

内装はどんな感じ?

クロスオーバーSUVで言えば、ハスラーなどは内装もとても充実していましたが、イグニスの内装はちょっとぱっとしないような感じがします。ところどころに、ボディと同じ色のパーツが組まれていますが、ダッシュボードなどは若干チープさを感じるのではないでしょうか?汚れが落ちにくそう・・・というイメージでした。

シフトレバーやメーターにはスズキならではのこだわりがあり、シフトレバーはスポーティなデザインですし、メーターもタコメーターが付いています。コンパクトカーと言えば、スピードメーター以外はおまけのような表示のものが多い中、これは車好きも小躍りする装備ではないでしょうか。

また後部はリアシートを倒せたり、移動することができるなど、スペースを様々な用途に合わせて有効活用できるような工夫がされています。収納はそんなに工夫を凝らされているわけでもないので、可もなく不可もなくといったところでしょう。

それでは実際乗ってみましょう!

今回試乗させていただいたイグニスはMZグレードの4wdタイプ。セーフティパッケージ装着車になります。

座った感じは?視界は?

SUVタイプの車やコンパクトカーというと、どちらかというと座席は高めに作られていることが多いように感じますが、イグニスはその辺りと比較すると、若干深めのシートになっています。乗用車タイプと言えばわかりやすいでしょうか。

ですから視界は、ババーンと見渡せるというほど良くはありません。ただ、シートを高くすることもできますし、ハンドルの高さも調節できますから、好きなように視界を確保することができます。

乗り心地は?ハンドル操作は?

通常のコンパクトカーは乗り心地が柔らかくハンドル操作は軽めだとすれば、イグニスは硬めで重めと感じられます。クリープ走行もとてもゆっくり進み、言い方は悪いかもしれませんが「のっそり」しています。

4wdということも手伝っているのかもしれませんが、かなりずっしり重たい感じのする車です。

好き嫌いは分かれるかもしれませんが、このずっしり感には実はヒミツがあります。イグニスは、本当のところはとっても軽量なコンパクトクロスオーバーSUV。車体もエンジンものっそりずっしりと感じられるほど、重たくはありません。

ですがそんなに軽くては、オフロードや荒れた道を走行するとき、車体がフワフワしてしまいますね。そこで、サスペンションが必要以上に反応しないように設定されているわけです。

ですから、高めの段差を降りてもガッタンという感じがしません。ハンドル操作もわざと重めに設定することで、荒い道などを走行するとき、必要以上にハンドルが回らないように工夫されています

街中での乗り心地は?

まずは平坦な街中を走ります。何度も書いてしまいますが、通常のコンパクトカーをイメージして走行すると、アクセルを踏んでも思うように進みません。のっそりじわっと速度が上がる感覚です。

この感覚は、好き嫌いが本当にはっきりしそうですが、 4wdを選択した場合は、どんな車種でもこのような感覚が少なからずありますから、慣れでしょうか。

ハンドル操作は確かに重ためで、慣れるまでは曲がり角で「えいっ」とハンドルを切る様な感じになります。これも好き好きですが、少し重たいほうが操作は安定します。普段軽すぎて無駄に小刻みなハンドルを切ってしまう様な人には、オススメかもしれません。

上り坂でのパワーはどう?

イグニスの驚くところは、上り坂での走行でした。小さな車の疲れるところは上り坂でのパワー不足が多いと思います。イグニスも1200ccとエンジンは決して大きくありません。それなのに「ブォンブォン」と頑張らなくても、がっつり登ってくれます

小さな車にありがちな自分もなんとなく力んでしまうという様なことはなく、安心して走行を任せることができます。

噂のアイドリングストップ

スズキのマイルドハイブリッドと言えば、アイドリングストップ装置ではないでしょうか?イグニスだけではなく、他の車種にも続々装備されていますね。このアイドリングストップは、エンジンのかかりかたがスタートの時とは違う掛け方をしますので、とても静かです。

ただ、ブルブルっという音はほとんどしませんが、カチャカチャという音が結構気になるかもしれません。とにかく今までのアイドリングストップとはまったく違うので、これは是非一度肌で感じてみるべきですね。

セーフティパッケージのブザーが・・・!

さて、イグニスは安全装備が充実していますが、更に安全な走行を目指すため、セーフティパッケージというのをどのグレードのどのタイプにも備え付けることができます。

ブレーキサポートやエアバッグなどはとてもありがたい装備なのですが、他にもお知らせ機能がたくさん付いています。お知らせ機能は、車間距離が狭くなりすぎたり、ふらついたり、信号待ちなどで前の車が発進したことを教えてくれるのですが・・・。

ちょっとうるさく感じるかもしれません。例えるなら助手席で妻の運転のダメ出しをする夫のような存在です。

「これは切れるんですか?」

と思わず聞いてしまいましたが切ることはできるそうです。音声やブザーを切っても、メーター部分に表示が出て安全確認をしてくれます。ただ、やはり運転に自信のない人や初心者、ペーパードライバーの人には、助かる機能でしょう。

まとめ

イグニスはコンパクトですが、それをあまり感じさせないような仕様に仕上がっていて、乗っていて頼もしいなと感じる車でした。アウトドアやレジャーって、一般的には年に数回ではないでしょうか?そうなると、普段は街乗りで大活躍!

さらにアクティブなレジャーもへっちゃらなイグニスはとても魅力的な車のように感じます。車が好きな人にも、楽しめるのではないでしょうか。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-イグニス, スズキ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.