車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

インプレッサ スバル

スバルインプレッサvsマツダアクセラの比較!おすすめはどっち?

更新日:

インプレッサはCセグメントに分類される車種の1台にあたります。Cセグメントとは全長が4300mm〜4500mmほどのサイズで、ハッチバックや小さめのセダンが含まれます。

コンパクトカーなどはライバルもたくさんあるところ、Cセグメントに分類される車種が少なく、インプレッサと同じくらいのサイズで同じくらいのスペックとなると、ライバルも少なくなります。

そんな中、パワー、サイズ、価格などを見ると、マツダ・アクセラ、トヨタ・プリウスがライバルとして上がってきます。走行性能にこだわりを持つアクセラは、ライバルの中でも強敵となりそうです。

今回はマツダ・アクセラとインプレッサの違いを比較してみましょう。

アクセラってどんな車?

アクセラはマツダが販売しているセダンになります。走行性能にこだわりのあるセダンとして、世界的にも注目を集めている車種の一つです。2016年にビッグマイナーチェンジが行われ、先進的なデザインと技術がぎっしり詰まった1台へと進化しました。

ガソリンエンジン、クリーンディーゼル、ハイブリッドが展開されています。

アクセラとの違いを比べてみましょう

今回比較するのは、アクセラ・スポーツ15XD Lパッケージ。1.5Lのクリーンディーゼルエンジン・ターボを搭載した仕様の最上グレードになります。

車体の大きさはだいたい同じ

インプレッサスポーツ 

全長 4460mm ホイールベース2670mm

全高 1480mm 全幅 1775mm

アクセラスポーツ

全長 4470mm ホイールベース2700mm

全高 1470mm 全幅 1795mm

車体の大きさはほぼ同じになりなります。アクセラスポーツの方が居住スペースが少し広めにできていますが、インプレッサスポーツの方が高さがあり、さらに床を低くしているため、開放感を得られそうです。

デザインの比較

エクステリアデザインは似ている

エクステリアデザインは、なかなか似ているのですが全体的にダイナミックさや躍動感などを感じられるのはアクセラでしょう。

インプレッサスポーツもモデルチェンジで、以前よりシャープな印象にはなりましたが、正面から見ると、キリッと睨みを利かせたアクセラに対し、インプレッサは穏やかに微笑んでいるように見えます。

バックデザインも控えめで、プレスラインにもこだわりを感じますがアクセラの方が洗練されています。

インテリアはエレガントなアクセラと硬派なインプレッサ

ステアリングの形状、メーターの位置と形状などは似ているのですが、デザインではメーターパネル、アクセルペダル、シフトレバーなど、いたるところにスポーティなテイストが盛り込まれているのはインプレッサスポーツになります。

アクセラはスポーティではありながら、大人っぽい上質感運転のすやすさが見た目にも感じられます。

燃費以外のことを大事にしているインプレッサ

インプレッサに低燃費を求めるべきではないのですが、参考までに比較してみましょう。

アクセラスポーツ(2WD)・・・21.6km/L

インプレッサスポーツ(4wd)・・・15.8km/L

1.5Lのアクセラは4wd展開がなくインプレッサは4wdを選択されることが多いため、2wdと4wdでの燃費で比較になりましたが、インプレッサは2wdでも16.0km/Lと大きな差はありません。

低燃費の面では、燃費が良く、燃料自体も安く上がる軽油のクリーンディーゼルエンジンで2wdのアクセラが圧勝です。ただ、2wdと4wdの燃費にほぼ違いのないインプレッサは4wdで見ると燃費が悪い車だとは言い切れません・

軽快か重厚感感安定感か?走行性能のの比較

インプレッサはプラットフォームなどの全体的な改良から、アクセラはG-ベクタリング・コントロールの採用どちらも走行性能は良く、乗った感触もスポーティ(やや硬め)なところは似ています。

走行性能としてはどちらも申し分ないのですが、この2台の中で軽快さならアクセラ、安定感ならインプレッサでしょう。

新型インプレッサは新設計のプラットフォーム軽くて頑丈なボディに変更されています。また、操縦しやすさを重視した設計に改良されているため、ハンドル自体は重く感じても、意のままに動く扱いやすさと安定感があります

ディーゼルエンジンのアクセラも他の車種より重厚感がありますが、インプレッサとの比較では軽快に感じます。安定感もありハンドルも、他の車種よりは重めに感じますが、インプレッサほどではありません。ただ、アクセラの場合は重い割には・・・と操作性にやや不満を感じることもあります。

コストパフォーマンスが優れ過ぎ?のインプレッサ。価格の比較

アクセラスポーツ 15XD-L・・・2,689,200円

インプレッサスポーツ 2.0i-D・・2,592,000円

どちらも上位グレードとなり、インプレッサでは4wd選択時の価格となります。2wdでは約21万円安くなります。

価格を見るとアクセラスポーツの方が10万円ほど高くなりますが、免税特典があるので車体価格自体はあまり変わらないと言えます。

価格は似ていますが、装備されている内容が大きく違います。アクセラでもインプレッサでもメーカーによる安全システムが標準化されていますが、インプレッサの方が性能が良く歩行者保護エアバッグなどといった安全装備も標準化しています。

また、アクセラではオプション扱いの装備が、インプレッサでは標準装備となり、コストパフォーマンスはインプレッサの方が高いでしょう。

最終判断は試乗をしてから決めるのがベスト

アクセラとインプレッサでは、デザインや走行性能など、どちらも方向性が似ています。ただ、載せているエンジンなどは違うため、どちらもスポーティではありますが、性格が違います。

走行性はどちらも良いので、好みで選んでも良いでしょうが、ハンドル操作では同じ「重い」でも、操舵性には違いをみられます。好みや感じ方によっても評価が分かれるでしょうから、実際の試乗をオススメします。

2台で比較すると走行性能やコストパフォーマンスはインプレッサの方が優勢と思われるので、ライバルとして持ち出すなら、上質さやデザイン性の面で張り合うと良さそうです。

▼インプレッサ購入検討者必見
インプレッサの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

損しないで車を買い替える方法

車の買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢く車を買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、買い替える車の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-インプレッサ, スバル

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.