インプレッサ スバル

インプレッサG4とインプレッサスポーツの違い!どっちがオススメ?

更新日:

インプレッサといえばハッチバック(5ドア)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。けれどインプレッサにはこのクラスの大きさでは珍しくG4というセダンも用意されています。

どちらも2016年のフルモデルチェンジで、デザインや安全面、走行性などを一新していますが、ハッチバックとセダンでは違う仕様になているのでしょうか?

今回はインプレッサスポーツとインプレッサG4の違いと、どちらがオススメなのか?比較してみましょう。

装備などの内容はほとんど同じ

ボディの形状が違うため、リヤシートで感じる居住空間などに違いを感じますが、内装などは同じ仕様になっています。インプレッサスポーツとG4ではそれぞれにグレードの設定がありますが、内容、価格も共通となり、燃費も同じになります。

インプレッサスポーツとG4の違いはここ!

 全長が違うから見た目めも違う

インプレッサとG4は車体の長さが165mmほどG4の方が長くなります。その分ハッチバックでは全高が25mm高くなります。

ハッチバックとセダンを並べると、フロントデザインは同じですがルーフの高さラゲッジの形状が違うため、横、後ろからのデザインに違いがあります。

トランクとラゲッジの違い

セダンでは居住空間と荷室が分けられているトランクタイプとなります。荷室の容量はインプレッサスポーツが385Lなのに対し、G4のトランクは460Lとなります。

荷室としての容量で比較するとセダンの方が多く積めますが、インンプレッサスポーツはシートの展開次第で、ラゲッジスペースをより広く利用できます

セダンではトランクルームより大きなものは積むことができませんが、インプレッサスポーツでは高さのあるもの、長さのあるものも積み込むことができます

安定性の違い

足回りの設定に変化はないため、走行性能に大きな違いはありませんが、インプレッサスポーツはG4より高さがあります。高さがある車はコーナーでの安定性が悪くなりやすい傾向があります。

ミニバンとセダンほどの違いは感じられませんが、G4の方がコーナーを曲がる時の安定性が多少高いといえるでしょう。

スペアタイヤとパンク修理キットの違い

G4ではスペアタイヤが積まれていますが、インプレッサスポーツはパンク修理キットの装備となります。タイヤ、ジャッキなどの工具を積むべきだった場所収納スペースとして利用できます

オススメはどっち?

レジャーが好きならインプレッサスポーツ

ハッチバックタイプのインプレッサスポーツは、サーフボードやスノーボード、釣竿といった長さのある物もリヤシートを倒して積み込むことができます。積むことができるだけでなく、積み下ろしもしやすいため、アウトドア用品などの大きくて重たい物の持ち運びも楽です。

またフロントシートのリクライニングもフラットとは言えませんが、それなりに横になれる角度まで倒せますから、頑張れば車中泊も不可能ではありません。

レジャーを楽しむことに重点を置くなら、荷室の用途が限られるセダンより、ハッチバックのインプレッサスポーツがオススメです。

静かさや高級感を求めるならG4

乗車時の快適さを優先させるなら、セダンタイプのG4がオススメです。荷室のトランクと居住スペースが分けられているため、走行中の騒音はハッチバックタイプよりも静かになります。

また、乗車中不要な物はトランクに積んでしまえば、車内がごちゃごちゃすることなく、視界も居住スペースもスッキリします。インプレッサは内装が上質に仕上がっているため、セダンらしい落ち着いた空間を確保することができます。

赤ちゃんを優先するならセダン?

「赤ちゃん=か弱い存在→静かで落ち着いた環境が必要」

というイメージからか、赤ちゃんが生まれるのでセダンにした方が良いか?という悩みを聞くことが割とあります。

確かにセダンは静かで安定感もありますが、大人から見ると優しいのオルゴールの音より、走行中のノイズや振動は、お腹の中の音に似ていると言われ、赤ちゃんは車の音が好きです。

お腹の中のような騒音に安心して眠ってしまうこともしばしばあり

「寝かしつけに失敗したら、ドライブで寝かすべし!」

などと勧める人もいるほどです。

寝かしつけドライブは賛否ありますし、すべての赤ちゃんに効果があるわけでもないためここではオシませんが、安全装備の充実しているインプレッサなら、さらに安全基準を十分にパスしたベシーシートきちんと装備していれば、赤ちゃんはご機嫌でしょう。

家族が増えてからの用途に合わせて選んだ方が後悔がないようです。

スペアタイヤとパンク修理キットはどっちが安心?

インプレッサだけの問題ではないのでやや脱線した話になるかもしれませんが、

「スペアタイヤパンク修理キットどっちが安心なのか?」

という疑問も良く聞きます。インプレッサはG4ではスペアタイヤ、インプレッサスポーツではパンク修理キットと、備えられているものが違うためどっちが安心なのか?と比較しやすくなります。

ジャッキでタイヤ交換か、説明書を読みながら補修材で応急処置か?を比べれば、安心なのはより多くの人が対応できる確率が高いのはパンク修理キットかもしれません。

ただ、高速でパンクした時、絽方にインプレッサを停めて作業することになりますが、高速で停車し路上に降りることはかなり怖いですし、非常に危険です。

高速道路でパンクした場合は、無理しないで加入しているJAFや保険会社のロードサービスに電話した方が、タイヤの過剰な破損も避けられますし、事故に遭いにくくなります。

ちなみにスペアタイヤとパンク修理キットのデメリットは、インプレッサに乗っている間1度もパンクしなければスペアタイヤ車体を重くしているだけになります。

また、応急処置として積まれているパンク修理キットを利用した場合、修理材によっては補修したタイヤでは走行できる速度が限られたり、タイヤ自体が通常より長く使えなくなってしまうこともあります。

車を使うシーンを考えて決めよう

インプレッサスポーツでは、走行性能や装備よりも、主に見た目(ボディの形状)荷室やに違いがありました。デザインではハッチバックタイプなら、アクティブなイメージが強くなり、セダンでは高級感を感じられます。

ラゲッジでは、とにかく荷物をたくさん積むのであればリヤシートを倒せるハッチバック、荷室と居住空間を分けたセダンでは、静かで落ち着いた空間を得ることができます。

価格、燃費、内装、安全装備にはほぼ違いがないということは、条件で縛られることが少ないため、どのような用途で頻繁に使うか?どっちのデザインが良いか?などをより好きなように選択をすることができるのではないでしょうか。

▼どのインプレッサでも、インプレッサの購入を考えている方へのおすすめ記事
インプレッサの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-インプレッサ, スバル

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.