車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

インプレッサ スバル

新型インプレッサの3種類のグレードの違い!お得なグレードはどれだ!

更新日:

2016年のフルモデルチェンジで安全システムが標準装備となって、新型インプレッサはより多くの方に選ばれるようになりました。

3つに展開されたグレードでは内装の充実感だけでなく、エンジンの違いなどもあり、さらに2wdと4wdの選択肢もありますから、一概に一番高いグレードが良い!と判断も出来ません。

かといって、グレードによってはオプション選択できないものもあり、たった3つの展開でもあれこれと迷ってしまいます。

それでは3つのグレードによる装備の違い、どのグレードを購入するべきか?などを探ってみましょう。

3つのグレード、違いは何?

インンプレッサに用意されたグレードは、インプレッサスポーツでもG4(セダン)でも内容はほぼ同じになります。

1.6i-L Eye Sightは多くを求めなければ十分な仕様

価格は一番安いグレードになりますが、安全システム他のグレードと同じように充実していて、Eye Sightはもちろん、歩行者保護エアバッグも標準装備になります。

今時っぽくないことと言えば、エンジンがプッシュスタートではないことになりますが、これもオプションで変更(64,800円)することができます。パネルデザインはカーボン調、16インチアルミホイールが標準装備となります。

2.0i-L Eye Sightはさらなる充実感

約24万円の上乗せになります。ベースグレードでもすでにアルミホイールが標準装備でしたが、2.0-L Eye Sightではインチアップし、17インチの切削光輝(でザイン性の高い)アルミホイールとタイヤに変更されます。フォグランプにメッキの装飾も装備されています。

内装ではパネルが金属調のデザインとなり、ステアリングも本革巻タイプを標準装備としています。オートエアコンも左右独立タイプ快適さがプラスされました。エンジンもプッシュスタートに変更されています。

2.0i-S Eye Sightは装備も走りもスポーティ

2.0-L Eye Sightに21万円の上乗せとなります。スポーティなグレードということもあり、ホイールはさらにインチアップし18インチのアルミホイールとタイヤが標準装備になります。

外装ではサイドシルスポイラーの装備、2.0-L Eye Sightまではオプション扱いだった、LEDハイ&ロービーム+ステアリング連動ヘッドランプなども標準装備となり、安全面はさらに充実しています。

内装ではアクセルペダルがアルミのスポーツペダルに変更され、スポーティさを際立たせています。また、装飾だけではなくアクティブ・トルク・ベクタリングがプラスされ、走行性能も向上しています。

どのグレードを選ぶべきか?

価格だけ見ると1.6-L Eye Sightは一番安いけど・・・。

1.6-L Eye Sightは車体価格が200万円を切っているのに、安全システムは充実していています。キーレスアクセス&プッシュボタンスタートLEDハイ&ロービーム+ステアリング連動ヘッドランプのオプションが162,000円となり、それを合わせても2,084,400円です。

燃費も18.2km/Lと他のグレードと比べて良いのですが、インプレッサは重量が1300kgあるのに対し1.6Lのエンジンやや非力に感じるかもしれません。

車体を安く購入して独自にオプションやカスタムを加えるということもできますが、1.6-S Eye Sightではアクティブ・トルク・ベクタリングやSI-DRIVEをオプションでプラスすることができません

▼インプレッサの価格の詳細はこちら
新型インプレッサの価格差による仕様の違いは?乗り出し価格はいくら必要?

インプレッサとして最もお買い得なのは2.0i-S EyeSight

おおよその車種では、お買い得なグレードは真ん中あたりのグレードであることが多いですが、インプレッサという車種という視点で選択するのなら、最上グレードの2.0i-S Eye Sightがオススメです。

インプレッサのスポーティなイメージを引き立てる装飾がふんだんに盛り込まれているだけでなく、走行性能を高めるアクティブ・トルク・ベクタリングが装備されています。これらは、2.0i-S Eye Sightにしか装備されません。

2.0i-L Eye Sightに21万円分のオプションを上乗せしても、これだけ装備を充実させることはできませんし、アクティブ・トルク・ベクタリングやスポーツペダルは、他のグレードではオプションで追加することもできません。

安全システムの標準装備で見るとどのグレードもお買い得

インプレッサでは安全装備Eye Sightが標準装備になっています。これはどのグレードでも備えられています。Eyesightでは、前方の車や人を検知し、衝突を避ける役割を果たしてくれます。

ただ、インプレッサの標準安全システムはこれだけではありません。国内初、歩行者保護エアバッグが装備されています。安全システムはオプション扱いであることが多い中、これだけ充実した安全装備標準装備扱いで192万円〜は、かなりお得だと言えます。

2wdと4wdの違いも選択基準になる

インプレッサと言えば4wdをイメージする方も多いでしょう。悪路対策ではなく、安定した走行にも適した4wdとなりますから、インプレッサでは4wdの需要が他の車種より高めです。

4wdを選択すると、その分20万円ほど上乗せとなります。また、車体重量が重くなるため、燃費は2wdより悪くなります。日常使いのための4wd選択、走行性を求めるための4wd選択で、選ぶグレードが変わってきます。

どんなインプレッサがほしいか?という要望にシンプルに答えられるグレード展開になっている

インプレッサではグレードの上下に関わらず安全装備は充実していますし、元々の装備自体も、グレードが低いからといって不便に感じるような仕様ではありません。

ただ、せっかく安全装備を充実しているのであれば、1.6-L Eye Sightでも、ヘッドランプはLEDの方がさらに安心できますからオプションで追加することをオススメします。

ヘッドランプだけの変更なら1.6-L Eye Sightの選択の方が価格を抑えられますが、ヘッドランプ以外にもオプションで装備を充実させるとなると、最上グレードの方がお得になってきます。

またインプレッサではグレードによって加えられる装飾は高級感というよりもスポーティなデザインが際立つ仕様になるため、インプレッサらしさを求めるなら上級モデルがおすすめでしょう。

インプレッサは装備が充実している分、どんなインプレッサが欲しいか?という要望にシンプルに応えられるグレード展開となっているようです。

▼インプレッサ購入検討者必見
インプレッサの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

インプレッサを安く購入するために一番大事なのは下取り金額!

「インプレッサをなるべく安く購入したい!」というのは当然の願望です。そして、その可能性を高めるためには今の車をいくらで手放すかに目を向けるのがポイントです。

相場以上に安くインプレッサを購入している方の多くは、ディーラーの下取り金額を高くすることに力を入れています。

ディーラーもビジネスで車を売っているので、当然ですが、利益額を大きくするためにあなたの車をできるだけ安く下取ろうとしてきます。

なので、ディーラーの下取り金額を鵜呑みにすると、正直損をしてしまいます。

そこで、おすすめしたい裏技が、一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を上手く活用することです。

かんたん車査定ガイドでは、約1分程で最大10社に一括で査定依頼を出すことができます。なので、約1分の作業で、あなたの車の相場がわかってしまいます。(しかも無料です。)

簡単車査定ガイドで、複数の業者に査定をしてもらって、その中から一番高い業者に売るのも良いです。ただ、査定額をもとにディーラーに交渉するのが一番スマートです。

ディーラーからしたら、自分の所以外で売られてしまったら、自分たちの利益になりません。なので、可能な範囲で交渉に応じてくれるはずです。
(もし、インプレッサのディーラーが交渉に応じてくれなかった場合は、買取業車に売ってしまえば良いだけです。)

感情で「高く下取ってくださいよ!!」と言っても、当然通用しません。

でも、かんたん車査定ガイドの査定金額を使って「〇〇はこれくらいの金額を提示してくれています。」という事実としての数字を見せることができれば、相手は交渉に応じざるを得ません。

「がつがつ値引き交渉なんてしたくないよ。。」という方は・・

かんたん車査定ガイドを使って査定をしてもらった上で、ディーラーに下取りの査定をしてもらいます。査定額を単純に比較して、どこを使って今の車を手放すか決めれば、めんどくさい交渉も発生しません。

かんたん車査定ガイド経由の査定額の方が高い場合は、ディーラーの方に「下取りはなしで大丈夫です。」と伝えるだけでOKです。運が良ければディーラーの方から下取り金額のアップ提案をしてきます。その場合はあなたはがつがつ交渉したわけではなく、相手の要望に答える立場になるので、気持ちも楽です。

値引き交渉をする気がない人もかんたん車査定ガイドはこう使えば活用できます。

→かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは無料で使えるサービスで、かつ下記のフォームを入力するだけなので、すぐに終わります。

車の相場は日々変動します。あなたが所有している車は日に日に古い車になって行きますので、早めに査定依頼を出すことが、高額査定をもらうコツです。

また、かんたん車査定ガイドを使ったからと言って、必ず売却をしなければいけないわけではありません。

車の買い替えを検討していて、損したくない人は気軽に使ってみてくださいね。

-インプレッサ, スバル

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.