インプレッサ スバル

インプレッサの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

更新日:

2016年にフルモデルチェンジしたインプレッサは、走行安定性と安全面を充実させ、車好きだけでなく全ての人に乗りやすい車となりました。

ところでフルモデルチェンジしたばかりの車種と言うのは、注目度も高く、値引きをしなくても購入したい人が多いため、あまり値引き額は多くありませんが、新型デビューから1年近いインプレッサの場合はどうでしょうか?

値引き額がいくらなのか?というのは、おおよその予算を立てる上でも気になるところですが、実際に購入した人がいくら値引きしてもらっているか知ることで、どこまでの交渉が可能なのか?値引き相場はどれくらいか?などが見えてきます。

実際購入した人の値引き額を参考に、限界値引き額や値引き相場、また、どういった手段で交渉に持ち込んだのか?なども探ってみましょう。

インプレッサはどれくらい値引きされている?

インプレッサを購入した人は実際にいくら値引きしてもらっているでしょうか?フルモデルチェンジ直後に購入した人と最近購入した人で比較してみます。

フルモデルチェンジ直後の値引き価格 総額20万円

車体から5万円
オプションから15万円

車体価格からの値引きは最初5万円だったのですが、交渉で7万円まで引いてもらいました。オプションをあまりつけなかったのですが、車体から引いてくれない分、オプションを頑張ってくれたように思います。

最近購入した人の値引き価格 総額22万円

車体から12万円
オプションから10万円

20万円の値引きを目標に交渉しました。車体価格からは期待していなかったのでしつこく交渉はしませんでしたが、一応アクセラと迷っているというニュアンスで話を進めました。

結果的に車体から12万円の値引きができて良かったです。ビルトインナビの設置でオプションからは10万円ほどの値引きとなりました。

値引き総額の変化はないが・・・

値引き総額をを見るとそれほど差がないように思えます。ですが、交渉次第という面もありますが、車体価格からの値引きは、フルモデルチェンジ直後と比較すると2倍以上になっています。以前よりは値引きがしやすくなっていると判断して良いのではないでしょうか。

これからまた値引きは難しくなる

これからどんどん値引き額は大きくなるのかな?と期待したいところですが、今後も現状維持となりそうです。

2016年にはフルモデルチェンジが行われましたが、2017年10月にはB型として改良モデルが発売されます。現行モデルの注文自体はすでに終了しているため、これから購入できるのはB型になります。そうなると、改良直後はまたしても値引きは難しくなることが予想できます。

最低値引き額は総額0円

フルモデルチェンジ直後だったし、どうせ値引きはしてもらえないだろうと、あえて値引きの話はしませんでした。

インプレッサの良さについては盛り上がりましたが、営業マンも値引きに関して何も言わなかったので、「やっぱり値引きはなんだな・・・」と納得していました。

何もしなければ値引きは無し・・・?

車を購入する際、値引き交渉はして当たり前という流れもあり、ディーラーの方からあらかじめ値引き額を提示してくれるところもあります。

これは親切な場合と、これ以上値切って欲しくない場合とありますが、インプレッサの場合は遠慮して値引きの話をしないでいると、そのまま表示価格で購入することにもなりかねません。値引きが少ないのは確かですが、

「値引き、どれくらい頑張れますか?」

取り敢えず一度聞いてみることを忘れないようにしましょう。

インプレッサの値引きに実際に使われた手段

可能な値引き額がおおよそ20万円ということはわかってきましたが、値引き交渉はどんな手段が使われているのでしょう?

スバル同士の競合

とにかく交渉あるのみ!とまずは3回お店に通いました。車体価格が10万円となり、そろそろ打ち止めと思われたので、他のディーラーに向かい、3回目の見積書を見せました。すると、

「うちで買ってくれるなら!」

と見積書より2万円安くしてくれました。ここでやめても良かったのですが、やはり何度も交渉したディーラーで購入したかったため、他店の見積書を持って最初のディーラーに戻り、さらに2万円の値引きに成功しました!

オプションからの値引きを引き出す

オプションをたくさんつけたいから、値引きを頑張って欲しいとお願いしました。40万円ほどのオプションを25%の値引きで 約10万の値引きとなりました。

さらにフロアマット、オプション取り付け工賃、ガラスコーティングをおまけしてもらったので、価格としては10万円以上の値引きができたと思います。

インプレッサの限界値引き額は?

値引き相場としては20万円くらいの値引きが可能であろうと見込めますが、世の中にはどうやったの?と目を疑うような値引きをしてもらっている人もいます。いくらの値引きでどんな手段を使ったのか?また、参考にできるのか?探ってみましょう。

総額35万円の値引き①

車体価格から25万円
オプションから10万円

ずっとスバルに乗っていて、乗り換えでインプレッサを購入しました。親の代から同じディーラーで購入しているため、いつも安くしてもらっています。

お得意様価格は敷居が高いが・・・。

誰もがスバルに友達や身内がいるわけではないため、知り合いがいたは万人向けの値引き手段にはなりません。

ただ、普段から同じディーラー点検や車検を依頼したり、何かあった時は相談するなどして、友好的に関わっていると、買い替えの時も交渉がしやすくなるでしょう。

初めて購入するにしても値引き交渉のためだけでなく、試乗や車体を見にいくなど、何度も足を運ぶことで、営業マンも

「◯◯さんだからなぁ〜、もうちょっと安くできないかな〜。」

と、いつもより頑張ってくれるかもしれません。

総額35万円の値引き②

車体価格30万円
オプション5万円

値引き交渉で停滞していたため、購入を保留にしていたら、

在庫車買いませんか?

とディーラーから提案されました。展示品でしたが、実物を見に行くと新車と変わらない綺麗な状態で、かなりお買い得だったので迷わず展示車を購入しました。

在庫車を購入した

在庫車は、ディーラーであらかじめ発注して販売のために用意しているものもあれば、展示用に確保したものもあります。展示用に使われていた車体は、とても大切に扱われているため、ほとんどの場合目立つような傷はもちろん手垢すらありません。

ただ、たくさんの人が触ったり乗ってみたりはしていますから、そういったことが気にならない人には、お買い得な車体と言えます。また、カラーやメーカーオプション、グレードは選ぶことができません。

いつもあるわけではないので、興味がある人は、ディーラーに問い合わせてみましょう。

値引き相場は15万円!目標額は?

車体価格からは10万円、オプションの値引き率はディーラーごとのキャンペーンや交渉次第で変動するため一概には言えませんが、最低で10%は値引きしてもらえるだろうと予想すると、最低でも総額で15万円は値引きをして欲しいところです。

車体価格から15万円の値引きも難しくなくなってはいますが、今後インプレッサB型に移行するため、もうしばらく車体価格は10万円以上で予想した方が良さそうです。総額15万円を最低ラインとして、もう少し交渉を粘って、値引き総額20万円を目標にすると良いでしょう。

他の車種の値引きに関する記事一覧

アルトの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
スイフトの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
イグニスの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
C-HRの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
セレナの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
ノートの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
アクアの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
シエンタの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
プリウスの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
デミオの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
ハスラーの値引き体験談から交渉術を学べ!相場より安く購入する方法。
ホンダフィット購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
新型フリードの購入者体験談から値引き相場を割り出した【限界は?】
新型ヴォクシーの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

-インプレッサ, スバル

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.