車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

インプレッサ スバル

インプレッサの納期は長いって本当?納期を早める方法はある?

更新日:

2016年10月に発売された新型インプレッサは、ハッチバック、セダンともに人気が高く、注文が殺到しました。予定販売台数が4倍ほど上回り、当初予定していた納期にもスレが生じてしまい、発売直後の注文でも年内には納車されないほどでした。

発売から半年ほど経った現在でも人気の度合いは変わりませんが、納期も相変わらず長いのでしょうか?また、インプレッサにはグレード、タイプなどの違いがありますが、違いによって納期は変わるのでしょうか?

今回は新型イプレッサの納期がどれくらいかかるのか?できるだけ納期を早める方法はあるのか?を探ってみましょう。

現在の納期は3ヶ月〜

先行予約や発売直後に注文された方は、最初に告げられた納期よりさらに延びたり、反対に早まるなど、納期がまちまちだったようです。現在では注文状況や生産ラインも安定し始め、納期はおおよそ3ヶ月となっているようです。

グレードによって多少変わる

1.6i-L Eye Sightは、他のグレードより少し納期が長くなるようです。ただ、1.6Lの場合は発売時期が2.0i-L Eye Sightより1ヶ月ほど遅かったため、製造に時間がかかるというわけではなく、最初からズレがあったとも言えます。

オプションによって納期が変わる

安全システムEye Sightは、どのグレードでも装備されるため、安全装備による遅れはありません。機能的なオプションに関しても遅れはありませんが、ブラックレザーのオプションを選択すると、他のオプションよりも若干遅れが出るようです。

ボディカラー、タイプによるズレはない

インプレッサにはハッチバックタイプセダンタイプが展開されていますが、この2タイプによる納期のズレはないようです。また、ボディカラーの選択も、どれを選んでもだいたい同じ3ヶ月の納期になります。

納期は絶対ではない

おおよそ3ヶ月とい言われている納期も目安でとなり、契約の時期やその後の製造状況などによって、変動します。また、契約時に納期を提示されても後日連絡があり、納期が早まったり遅れたりすることもあります。

現時点での具体的な納期を知りたい場合は、メーカーのホームページで確認したり、ディーラに直接確認してみると良いでしょう。

インプレッサの納期を早める方法は?

インプレッサの納期が3ヶ月くらいだということは分かりました。ですが、記念日や長期休暇には間に合わせたい!とか、今乗っている車が故障寸前など、理由は様々でしょうが、どうしても納期を早めたい!という方もいるでしょう。絶対に早まるというわけではありませんが、いくつか方法があります。

人気グレードを選択する

人気があるグレードは注文が入ることを見込んで、多少多めに生産しています。また、製造ラインも安定しているため、他より早めの2ヶ月ほどでの納車が期待できます。

インプレッサで人気があるのは2.0i-S Eye Sightになります。2.0i-S Eye Sightで、ブラックレザーなどのオプションは加えなければ、納期が早まりそうです。

キャンセル待ちを狙う

人気が高いということは、様々な人が注文をするということになります。となると、中にはキャンセルをする方も出てきます。キャンセルされた車は在庫としてストックされます。ディーラーでも在庫をストックすることはありますが、キャンセルで出た在庫は、予定外の困った存在です。

欲しいグレード、ボディカラーなどが似ているキャンセル車があるのなら、そちらを購入することで納期は、運が良ければ2ヶ月どころか1ヶ月も待たないで購入できます。

ただ、キャンセルはいつ出るのか?まったく予測がつかないものになりますし、キャンセルが出ても欲しい条件とは違うこともあります。

人気グレード人気カラー誰もが選択するであろうオプションの組み合わせは、確率が高くなります。ディーラーに、キャンセルが出たら教えて欲しい!と告げておくと良いでしょう。

展示車や新中古を狙う

どうしても急いでいる!という旨をディーラーに話すこと、展示車試乗車を案内してくれることがあります。展示車と聞くと販売していないようですが、実はディーラーが抱えている在庫のうちの1台になります。

在庫車ですからとても丁寧に扱われているため、傷などの心配もほとんどありません。メーカーオプションの選択ができませんが、条件が合えば、納期を待たずに購入することができますし、通常よりも多い額の値引きが期待できます。試乗車のように数キロ走行したものは新古車として扱われます。

そもそもスバルは納期が長め

他のメーカーが通常の納期を1ヶ月半〜としているところ、受注生産を徹底しているスバルは特にモデルチェンジなどがなくても納期に2〜3ヶ月ほどかけているようです。

また、スバルの車は海外でも人気があり、海外向けにも生産をしているため、サボっているわけではなくても納期は長くなってしまいます。

人気が殺到しているインプレッサでは、注文数を見込んで多少多めに在庫を用意しているようですが、落ち着きを取り戻してからも在庫をストックすることは考えにくくなります。現時点で納期が2ヶ月と言われているのであれば、早い方と判断しても良いかもしれません。

まとめ

新型インプレッサの納期は3〜4ヶ月ほどかかるようです。他のメーカーと比較するとやや長めに感じますが、スバル自体がどの車種も3ヶ月ほど納車に時間をかけているので、スバルとしてはそんなに遅れているわけでもないようです。

グレードやオプションによる遅れも確かにありますが、数日〜1週間程度のズレになります。ただ、納期が長めだということを把握して注文しないと、納車前に車検が切れてしまうこともあります。

車検が切れてしまうと面倒な手続きも増えますから、購入を検討している時点で、納期と車検の確認はしておきましょう。

また、どうしても納期を早めたい方は、ディーラーに相談すると、キャンセル車や展示車なども問い合わせてみると良いでしょう。

損しないでインプレッサに買い替える方法

インプレッサへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くインプレッサへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、インプレッサを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-インプレッサ, スバル

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.