車の買い替え

愛着のある車の買い替え!売却を決断するには?

更新日:

今の車、何年乗っていますか?いつも3年ほどで乗り換えるという人もいれば、10年、いや13年・・・限界がくるまで乗り潰すという人もいると思います。

さて、車検や故障、家族構成が変わるなどの理由により、そろそろ新しい車にしなくちゃなぁ〜っといざ車を見に行っても、

「今の車、好きだったんだよな〜。まだ乗れないかな?」

「同じようなのがいいんなだよなぁ〜。この年式は良かったんだよなぁ〜」

「良いのないし、直しちゃおっかな?」

と、愛着が湧いてしまって、なかなか踏ん切りがつかないものです。

それはあなたが車を大切にしていた証拠ですね。

けれども乗り換えの時期を逃すとそれはそれで面倒です。

愛車とのお別れの時期の見極めや、納得いく手放し方をご紹介しましょう。

何故車に愛着してしまうのか?

車が好きな人には、愛着が・・・の一言で気持ちがわかってしまうものです。ですが、世の中にはそういった方ばかりではありません。たかが車じゃない?と思われる方も多いのです。

踏ん切りのつかない人だって、それくらい分かっているんですよね。買い換えなくてはいけないことは分かっているけど、少しだけ気持ちを知っていただきましょう。

お金を貯めて自分で初めて買った車だから!

家庭を持つようにもなれば自分で車を買うどころか、「こういう車に買い換えておけよ!」などと言われてしまう立場にもなりがちですが・・・。

初めて自分で買った車というのは、本当に苦労と汗と涙の結晶と言っても、決して大げさではないですよね。こんなに頑張った!という証でもあります。

その後、もっといい車が購入できるようになっても、初めての車は、なかなかお別れしたくないものですよね。

車との大事な思い出がたくさん詰まっている!

みんなで旅行に行ったり、大事な人を乗せてドライブしたなどという大切な時間を共にした車は、今も大切な思い出を乗せています。そんな存在を手放してしまったら、思い出も消えてしまう・・・。

そう思ったら手放すなんてできませんね。もちろんそんな訳はないことは分かっていても、なかなか踏ん切りがつかないものです。

人から譲ってもらった車だから!

ご両親が成人の時や一大イベントの時にプレゼントしてくれた!大切な人から譲り受けたなどという場合も、どんなにボロボロになっても、なかなか手放す気になりません。

他に同じ車種の車があっても、それじゃなくちゃ意味がない!と感じてしまいますよ。物はいつか壊れるということは、もちろん分かっていますが、そんなに簡単じゃないんですよね。

散々探し回ってやっと見つけた車だから!

すでに生産はされていなくて、でもデザインやスペックなどがとても気に入っている場合は、苦労して探し、中古でも購入することがあります。

この場合は、愛着ももちろんありますが、これを手放したら次、また同じ車種を簡単に購入できないという気持ちもありますね。

心だけでなく、目に見える形で思い出を残そう

愛着があるけど、もうこれ以上その車と一緒にいられないんだという時、それは大切な人とお別れするのとなんら変わらない寂しさがあります。

ですが、車は人ではないし、泣き喚いて人に迷惑をかける訳にもいきませんね。

そんな時は、きれいに洗車して、記念撮影をしましょう。写真ならいつでも見ることができますし、思い出が消えてしまうということも解消できますよ。心に焼き付けるよりも具体的ですし、いつでも眺めることができます。

もう限界?修理ではダメかな?故障した時の手放す時期の見極めは?

とても気に入っている車などは、車検を何回も通して乗られる方も多いのではないでしょうか?

ですが、ご存知の通り、車検を何度も通すということは、年数もそれなりに経っているということで、年々、小さな故障が増えてきますね。車検に出したばかりなのにまた故障・・・。そんなことが目立ってきます。

そして、そろそろ乗り換えた方が良いのかな?でも気に入っているんだよなぁ〜と迷っているうちに、大きな故障が起こり、手放すに手放せない状況になってスクラップということにもなりかねません。

こういう場合は、修理に出せるうちに手放してあげる方が、自分にとっても車にとっても幸せではないでしょうか。

見極められる時期は?

一言で、ここで判断しろ!とは言えませんが、ちょっと愛車の健康状態が疑わしい(修理が目立つ)時は、年式より走行距離を見てみましょう。

走行距離が7万キロを超える頃、車はエンジンや電気系統の故障が目立つようになってきます。そして6万キロくらいまでなら、まぁ仕方ないな・・・と思える値段で買ってもらえることもあります。この先もずっと自分が修理して乗っていくのか、誰かにもっと大事にしてもらえることを期待するか選択する時期となるでしょう。

もちろん、「運命の出会いだ!」という場合もありますから、ずっとこの車に乗る!という選択肢もアリですが、金銭的には相当覚悟が必要な場合もあります。

何処をどうぶつけたか?事故で破損した車を手放す見極めは?

愛着のある車をぶつけてしまったら、それは悲しみも深いでしょう。

ですが悲しんでばかりもいられませんね。今後どうしてあげるべきか考えなくてはいけません。感情だけで決められるなら、迷わず修理をされるのかもしれませんが現実はそんなに甘くないこともありますね。判断材料をあげてみましょう。

どれくらいの損傷か?

ちょっとした事故の場合は修理をされると思います。本当にかすり傷なら、上手くやれば自分できれいに直すことも可能ですね。そしてこの場合、事故車という扱いにもなりません。

けれども車のフレーム(骨格)に大きな損傷を受けるような事故を起こしてしまった場合は修理にもお金がかかるし、修復してもその後の走行に影響が出る場合があります。修理をした後手放すにしても「修復歴あり」の車、つまり事故車扱いとなり、売却価格は大きく下がってしまいます。

保険がおりるかどうか?また、どれくらいおりるか?

愛着のある車の場合、「お金ではないのだ!」とおっしゃられる方が多いのですが、やはり保険で直せるのなら直したいところですね。

事故をした時、おりる保険の金額と自分が負担する金額を測ってみましょう。フレームまで損傷していなくて保険で賄えるのなら問題はありませんね。ですがフレームに損傷はないけど保険で賄いきれない場合や、フレームまで損傷しているし保険で賄いきれない場合は、愛着の度合いで決めましょう。

保険でおりるお金は、絶対修復に当てなくてはいけない訳ではありません。同じ車種を購入するという手もありますね。また、動かないくらい酷い損傷を負った車も売却することができますから、悲しい話ですが死に損ないにはしなくて済むかもしれませんよ。

高く売れるうちに手放すのも一つの手段。

自分にとっては乗れば乗るほど愛着が湧き、可愛くて仕方がない存在の車ですが、他の人から見るとただの古い車でしかないことも、残念ながらよくあることです。

新車で車を購入し、とても大切に乗っていた場合、あなたの車は3年くらいで買い換えると、とても高額で買い取ってももらえます。この場合は走行距離も左右するので絶対!とは言い切れませんが、5万キロ未満であればかなり期待できます。

「この車に限る!」という訳ではなく、どの車でも気に入れば満遍なく愛情を注げるタイプの方やいろんな車に乗っていきたい方は、今乗っている車の未来は他の方に託し、新しい車に乗り換えるのも良いですね。

大切に乗っていると手放す時の寂しさはつきものですが、早く手放すことで高額で買ってもらえるあなたと、きれいなまま手放されるので第二のパートナーが見つかりやすく、また大切にされやすい車はどちらも幸せではないでしょうか?

まとめ

愛着のある車を手放すのは、実はそれほど容易ではありません。

まるで分かったように手放す見極めなどを書いている私ですが、実は半年くらい引きずったこともあります。ですが、別れがあれば、新しい出会いがあるように、新しく迎えた車でも、やはりすてきな思い出ができていくものです。

それに新しく迎えた車も悲しみますよ。気持ち良くお別れして、すがすがしく新しい車をお迎えしましょう!

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-車の買い替え

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.