車の買い替え

車の買い替えのタイミング!【年数・走行距離等の事情別】

更新日:

車を買い替える時というのは、「なんとなく飽きたから・・・」という方ももちろんいるでしょうが、それより生活スタイルが変わったり、また変わりそうだという時が多いのではないでしょうか?

例えば引っ越し、結婚した、子供ができた、子供が巣立った・・・。など。また、最近車の調子が悪いという場合もありますね。こんな時、

「よし、買い替えだ!車屋さんに行こう!」

と思い立ったら即行動できるほど、車って簡単な買い物ではありませんよね。

今回は事情別!車を買い替えるタイミングや、また、これは乗りつぶした方がいいのでは?などということを検証していきましょう。

メーカーの事情編

まず、こちらの事情はさておきこの時期に買い替えるとお得ですよ!というメーカー側のタイミングをご紹介しましょう。

決算前

自動車メーカーは3月に年度末決算、9月に中間決算があります。決算期、自動車メーカー側は一台でも多く売りたいので、2月末、8月末に登録できるように話を進めると、値引き交渉が他の時期よりもスムーズに行えます。

また決算前にはほとんどのメーカーがキャンペーンを行います。交渉が苦手な方でもいつもよりお得に車を買うことができる時期となりますね。

そうなると1月あたりから試乗や値引き交渉を始めると良いでしょう。

ただ、よく言われる

今日ハンコ押してくれれば、さらに値引きします!

は、お決まりの文句になってしまっているので、本当に決算ならではの値引きなのかは、じっくり検討する必要があります。

モデルチェンジ前

新型車が発売される前は、売れ残りを一台でもなくしたいので普段よりも値引きを期待できます。新型車が出るというのに在庫をいっぱい抱えている場合などは交渉も、結構無理を聞いてくれたりオプションをいっぱいつけてくれたりします。

ただ、新型車が欲しい方にはメリットはありません。

「お願い・・・車検切れる前に持ってきて欲しい・・・」

ディーラーでの下取りは、車検ギリギリでも取ってもらえます。買い取り専門店でも車検が切れていることは、実はさほど問題でもありません。ですがディーラーで下取りの場合は、

ちょっとでいいから車検残しておいてください!そうしたら下取り、この値段でやります!」

と言われることがあるばかりか、切れたなら車検通して!と言われることさえあります。実はディーラー側は下取った車体の車体価格をそこまで期待していません。それよりも、動いてくれないと困るのです。下取りでお願いする場合。ここはディーラーの言うことを聞きましょう

買い取り専門店の事情編

車を買い替える時、少しでも負担を減らす為にも買い取り専門店や下取りがどれくらいになるかは知っておいたほうが良いでしょう。乗っている年数(年式)や走行距離によって買い取り価格が変動します。高く買い取ってもらえるタイミングはこの主に2つです。

乗っている年数は浅い方が有利

今の乗っている車が新車で購入したものなら、買い替えを考えている場合は5年未満が良いでしょう。ですから、もうすぐ5年ならば、買い替えのタイミングとなりますね。

ただ、あまりないケースですが、5年未満だけど10万キロ以上走っているとなると、査定金額はあまり期待できないでしょう。

走行距離は少ない方が有利

車の査定で見られるのは、年数ももちろんありますが走行距離です。ですから、年数は5年以上経っていても走行距離があまり多くなければ、そこそこ値がつけてもらえることもあります。高い査定額を期待するのなら、目安としては5万キロ未満が望ましいですね。

普通に乗っている程度であれば、年数と走行距離はそんなに大きくずれませんから、走行距離を見つつ、年数でタイミングをよむことができるでしょう。

生活事情編

生活スタイルが変わることで今乗っている車では大きさ的に無理がある、維持費がかかりすぎるなどといった不都合が生じることは、しばしば見られることだと思います。車としてはまだまだ乗れるのですが、用途的に無理が生じてきたら、それは買い替えのタイミングと言えます!

結婚したので車を買い換えたい

結婚自体はそれほど大きな問題ではありませんが、結婚によって将来を考えるようになりますね。子供はすぐにでも欲しいとか、何人欲しいか。また、それぞれが持っている車を手放して新しく1台購入し、お互いに無理なく乗れる車に買い替えることで維持費を削減するなど。

こういった場合は車検や車の状況によりますが、ある程度買い替えるまでに時間をかけることができます。ですからおおよそのターゲットが絞れたら、試乗に出かけたり見積もりを比較したり、また、決算期を待つということもできますね。

また、お互いの車を買い取りに出すことで購入に必要な金額を随分抑えられるかもしれません。結婚は物入りです。1円でも高く売りましょう。

子供ができたので車を買い換えたい

これはとてもメジャーなタイミングです。今までスポーツタイプの車でブイブイ(古いですか?)言わせていたあなたも、落ち着く時がやってきました。これからはセーフティードライバーです!

早めに妊娠がわかっているのであれば、安定期の頃が具体的に買い替えを考え始めるタイミングではないでしょうか?安定期の頃から探し始め、見積もり、比較をし、出産予定日よりひと月ほど前に交渉が成立すれば、お誕生とともに納車が可能です

あまり初期では妊婦さんの体調などもあるので、二人で話し合うということが難しいかもしれませんし、後期になってくると、身重になってきて試乗の感覚もちゃんと分からないかも知れませんからね。

引っ越し先で車が車庫に収まらない

転勤や引っ越しなどが決まり、車を持って行こうと思ったら車庫に車が収まらない・・・。ちょうど車検も近い・・・などという場合は買い替えを考える良いタイミングかもしれません。この場合は、車検は通さず、時間が許すのであれば車検が切れるちょっと前までに納車を済ませれば大丈夫です。

子供が自立。などで同居人が減ったので車を買い換えたい

この場合は、今までのケースとは少し違います。子育てもひと段落といったところでしょうか。時間にも金銭にも余裕があります。確かにタイミングとしては良い機会ですが焦りはありません。今まで頑張った分、気の向くままにメーカーを廻り自由に購入するべきです。もちろん、決算期や年数、走行距離によるタイミングを参考にしていたけたら嬉しいです。

車の事情編

私的な事情は他にもたくさんあるでしょうがこのぐらいにして、今度は車の方の事情です。あなたがどんなに大事にしていても「物」ですからね。いつかはこういう時が来るでしょう・・・。そんな事情です。

故障が目立つようになった

最近の車は約束されているかのように、よっぽどのことが無い限りある年数、ある走行距離を越えないと、故障が頻発するということはなくなりましたね。

故障が目立つようになるということは、おそらく走行距離は7万キロを超えているでしょう。故障の頻度は今後ますます上がっていくと思われます。

買い替えるべき時が来ているようです。ですが、できるだけ費用を抑えたくても下取りや買い取りは期待できません。比較的急いでいて、安めに購入したいということでしたら、メーカーが行っているキャンペーンや「○○台限り!」または展示品を狙うのも一つの手段ではないでしょうか?

ただ、車種や車体の選択肢がとてつもなく狭まります。

今の車に飽きた、もっと欲しい車が見つかった

この理由をタイミングに車を買い替える方、実は少なくないです。しかも、だいたい3〜5年以内に乗り換えています。当然購入費用はかかりますが、高く買い取ってもらえるうちに手放すので、比較的負担は軽めで乗り換えられています。更に購入時期も計算しています。

そのような人のことをわざわざ書く必要ないと思われるでしょうが、今が1台目の新車の方のためにあえて書いています。自分は飽きそうなタイプや目移りしがちなタイプだと思ったら、飽きるタイミングをよみ、早めに買い替えることをオススメしますよ!

事故を起こした

事故などで致命的なところが壊れてしまった場合、または修理で直るけど負担金額が大きすぎる場合は、買い替える時期かもしれません。この場合、通常取りの下取りや買い取りは期待できません。その代わり、たとえ保険で賄えるとしてもあなた自身が買い換えたい!と思えば修理は止めて、保険でおりる金額を購入する車の費用に充てることができます。

まとめ

買い替えるタイミングというのは、おそらくもっとたくさんあるでしょう。ですがどのタイミングでも、ある程度の時間をかけたり下調べをした方が、選択肢も増えますし、購入時にかかる費用や維持費は軽減できますね。

また、何かをきっかけに買い替えを考える場合もありますが、日頃から走行距離くらいはチェックしておくと、チャンスを逃すことなく買い替えができるかもしれません。

タイミングよく車を買い替えることで、さらに生活が充実することを願っています。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-車の買い替え

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.