車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

車の買い替え

軽自動車に車を買い替え!維持費削減はできる?

更新日:

駅から徒歩圏内に住んでいて、移動はほとんど公共交通機関を使っていたり、休日に家族と出かけることも特にない・・・。

「でも全く車が要らないわけではないし・・・。」

「ちょっと、車にお金をかけすぎている気がする・・・。」

そんなこと、ふと思ったりしませんか?

そういった時は次の買い替えで軽自動車を選択してみるというのも一つの手段かもしれません。軽自動車というとセカンドカーのようなイメージかもしれませんが、今の軽自動車は性能も良くそうとも限りませんよ。

軽自動車に買い替えると削減できるお金やメリット、また、安いからといっていきなり軽自動車に替えてしまっても良いのかどうかのポイントをあげてみましょう。

軽自動車に買い換えを考られるポイント

維持費を削減したいからと、問答無用で軽自動車に変えてしまっては、かえってその後不都合が起こることもあります。こんな状態なら、軽自動車に買い換えても大丈夫というケースをあげてみます。

近場の買い物と子供の送迎に妻が使うだけ

レジャーなどにおいては車で移動という手段はほとんどなく、多く利用するの女性で、行き先はスーパーへの買出しや子供の習い事への送迎という場合ですね。

街を移動する車としては軽自動車は本当に便利です。小回りが利くので細い道やごみごみした道も怖くないですし、ハンドルも軽く女性でもとても操作がしやすいです。

全然乗っていなかった車が故障。でも一応車は所持していたい。

久しぶりに車に乗ろうと思ったら壊れていた!なんてケースは都会の駅近に住んでいる人には珍しいこととも言えません。

独り身なら、まぁ仕方ないな・・・で済むかもしれませんが、家族がいるとなるとなんとなく視線が痛いですね。

「乗らないんなら、捨てれば?お金もったいないよ。」

と言われかねません。でも自分としては車を所持していたい・・・。

車に何を求めるかでオススメ度合いも変わってしまうのですが、たまにドライブに行きたい!という気持ちならば、軽自動車に買い替えるのも悪い選択ではないでしょう。

え〜軽でドライブ?と思うかもしれませんが、最近の軽自動車は本当に性能が良いし見た目もカッコ良いですよ。また軽自動車のなかにも走るタイプいじるタイプもありますから、規模を縮小して楽しむこともできますよ。

家族が少ない

家族は今のところ奥さんだけで、もう少ししたら増やす予定・・・。車にこだわりはないけど、所持はしていたい!という場合も、軽自動車に買い替えるのに適しているかもしれませんね。

今後家族が増えることを想定して、貯金のためにも今は車の維持費を削減したいなど、何かプランがあると踏ん切りはつきやすいのではないでしょうか?

最近、車の運転がしんどいと感じる

普段は街乗りが多いというのに大きな車に乗っていて、なんだかもう疲れてしまった・・・。ちょっと高齢になり、コンパクトで小回りの効く車が欲しくなってきた!歩くのは面倒だから車の所持はしていたいなどという場合ですね。

どんなに運転は慣れだ!とは言っても、苦手分野は誰にでもあります。難しいなぁと思いながらずっと乗っているのなら、無理をするより操作しやすい方に変えてみるのも良いでしょう。

とにかく車の維持費をなんとかしたい!

何か理由があり他にお金をかけなくてはいけないことになった時、車がそんなに重要なポジションにないのであれば、小さく(軽自動車に買い換え)なってもらいましょう。

車の維持費はとてもお金がかかりますが、車種や保険の選び方によっては年間30万ほど浮くこともあります。またできるだけ削減したいとなると、税金の支払いが4月にぴったり切り替わる時期に買い換え、今乗っている車もできるだけ高く買い取ってもらうことで、初期費用も少なくスムーズに買い換えることができます。

データを集めるためにもまずは今の車の査定額を知っておきましょう。こちらから調べることができますよ。

買い替えることで削減できること

軽自動車に買い替えることで、普通自動車に乗るよりも削減できる費用が幾つかあります。保険や車検なども安くなることがありますが、これは選択の仕方によって変動しますから、確実にコストダウンするものをあげてみましょう

税金

2015年4月から軽自動車の自動車税も値上がりしました。ですがそれでも普通自動車の5ナンバー以上の車と比較すると、三分の一の金額で済ませることができます。

車種にもよりますがおおよそ普通自動車の5ナンバーですと34,500円かかるのに対し、軽自動車は10,800円となります。年間でしたら23,700円の差になりますね。5年乗ったら118,500円です。なかなか大きいのではないでしょうか?

燃費

ガソリン代は、どれくらい車に乗るかで変わってくるのですが、軽自動車は車体が軽いので、その分燃費が良い傾向にあります。半分になるということはありませんが最低で一月1,000円浮いたとしても年間だと12,000円です。

車自体が小さいので燃料タンクも小さくなりますから、ガソリンを入れる時は金額ではなく量をチェックしてみましょう。4駆の場合は通常の軽自動車より燃費は上がります。

 高速料金

これは嬉しいことです。多くの高速道路では、軽自動車は高速料金の割引があります。出すスピードは同じでも普通車の2割引で乗ることができます。これは、軽自動車が、道を破損させる度合いが低いからだということです。

他にあげられるメリットとしては?

金銭面ではないですが他にもメリットが多々あります。特に軽自動車は小さいので、スペースの面で優遇されることが期待できます。

 小回りがきいてハンドル操作が軽い

先ほどからアピールしていますが、軽自動車は狭い道でもスイスイ走れたりハンドルも軽いので操作が楽です。女性やペーパードライバー、免許取りたての人にも優しい車ですね。操作が簡単なので、ちょっとそこまでな用事も気軽にこなせます。

軽専用駐車場も遠慮なく停められる

よくショッピングモールなどでやっと空きを見つけた!と思ったら「軽」と書いてある・・・ということ、ありますね。軽自動車に乗っていれば、そんな駐車場も遠慮なく停められます

そんなの、稀なケースじゃない?と思うかもしれませんが、結構よくあることなんですよ。「軽」と書いてあるにもかかわらず、大きな車が申し訳なさそうに停まっている・・・ということもありますが!

 月極駐車場も、お値打ちな場所を勧めてもらえる

不動産屋で駐車場を問い合わせると「軽専用なら空いてるんですけどねぇ・・・。」と言われることがあります。また、「駐車場はないけど軽なら停められるスペースが空いているから、確保してあげますよ」と言われることも。

普通に駐車場を借りるとなると、普通自動車と料金は変わりませんが、軽専用駐車場は大体料金も低く設定してあります。

軽自動車の選択があまり向いていない方

軽自動車のいいことを色々とお伝えしましたが、車の使用頻度や目的などによっては軽自動車を選択しない方が良い場合もあります。

アウトドア大好き

近場でキャンプ程度なら、軽自動車でも問題なく行けます。ですが、もっと入り組んだ山奥などは、ちょっと心もとないかもしれません。4駆の軽自動車も存在しますが燃費は良くないですし、ガッツリアウトドアでは車やタイヤの仕様もそれなりにすることになるので、結局お金はかかります

ガソリンタンクが小さい分燃料もたくさん入りません。山奥に軽トラあるじゃん!と言われるかと思いますが、それは地元の地形に慣れた方の物ですし、快適さを全く無視した仕事用です。

遠出や雪山にも出かける

普段はめったに乗らないけど乗る時は遠出や雪山に出かける場合は、軽自動車ではちょっと頼りないかもしれません。どんなにドラテクに自信があっても、長距離高速ドライブなどはやはりとても疲れます

軽自動車は風や対向車の影響を受けやすいので余計に疲れます。またスキー場などで軽自動車を見かけることもありますが、ナンバーを見るとやはり地元の方が多いですね。おそらく雪国仕様になっています。

家族がいっぱい

軽ワゴンに無理やり5人家族で乗っている・・・という方もいないことはないですが、普通の軽自動車で、家族が4人以上いてみんなで車に乗って出かけることが有るとなると、ちょっと窮屈です。

4人のうち2人は小さな子供であれば小さいうちは大丈夫ですが、チャイルドシートを置いたりすれば、やはり空間は狭く感じます。

車にパワーを求める、パワーが必要

最近の軽自動車はいろいろな工夫がされていて、軽自動車の割によく走るなっと感じることもあります。それでもやはり限界がありますから、急な上り坂などではアクセル全開にしても足らないこともあります。

それに地形などによっては「頼りない」では済まないこともあります。自分の住む地形がアップダウンが激しいなどという場合は、地形と相談してみた方が良いでしょう。

維持費削減を目的とするのなら、下取りを念入りに!

軽自動車は維持費は確かに削減できますが、新車で購入する時の値引きが全然と言っていいほど期待できません。稀に、決算前で10万円ほど引いてもらえるケースもありますが、絶対引いてもらえるとは限りません。

しかも、最近の軽自動車は、全然安くありません。

こうなったら今乗っている車を1円でも高く買い取ってもらうよりありませんね。査定はできるだけたくさん依頼をかけましょう。

軽自動車は中古市場でも人気者な存在!

軽自動車は中古市場でも新車と同等の価格で販売されているほど人気のある車です。ほとんど乗られていない新中古で、新車より随分安く購入できるのであればお得なのかもしれませんが、あまり金額が変わらないのなら新車を購入することをお勧めしますまた、それだけ人気ということはちょっとくらいキロ数を長めに乗っても、比較的高額で買い取ってもらえます。その点も踏まえるとやはり新車の方が良さそうですね。

まとめ

車の買い替えで維持費削減を優先させる場合、軽自動車を選択することはとても合理的です。また、最近の軽自動車は高性能ですし良く走りますから、いざ買い換えてみてもそんなにがっかりすることもないのではないでしょうか?

ただ高性能ということはその分人気が高いしお値段も高くなっています。確かに維持費は削減できますが、初期費用はそれなりにかかります。

まずはしっかり計算をしてみることをおすすめします。そして家族の方とも良く話し合いましょう。お金は浮いたけど、家族と仲が悪くなってしまっては困ります。どんなに進化していると言っても、やはり軽自動車です。パワーもスペックも普通自動車とはガラッと変わりますからね。

このサイトを参考に、あなたにとってベストな選択ができることを願っています。

損しないで車を買い替える方法

車の買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢く車を買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、買い替える車の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-車の買い替え

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.