車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

中古車買取

傷・故障ありの中古車は買取査定の前に修理に出すべき?

更新日:

どんなに車を大切にしていても、擦り傷や凹み、故障などが全くないということはほとんどないのではないでしょうか?そして車を売却することになった時、それはマイナス要因となりますね。基本的に車の売却は、現状のまま売ることができます。

けれども傷や凹み、故障などがあると査定額が下がってしまいます。だからと言って修理をしたら、現状で売るより査定額は上がっても、その分修理代がすごくかかってしまい、結果的に現状で売った方が得だった・・・というようなケースもあるでしょう。

今回は、買取査定の前に修理すべきか?修理するとしたらどの程度までやるべきか?また、自分でできる修理はあるか?などを探っていきましょう。

買取査定前に傷や凹み、故障箇所を自分でチェックしてみよう

買取査定に出す前に、自分で車の傷や凹み、故障箇所の状態をチェックしてみましょう。度合いによっては、ちょっと手を加えれば直るものもあるかもしれません。

傷はどの程度のものか?

買取査定では、この傷はセーフ!この傷はアウト!ということはありません。見る人によると言えばその通りなのですが、基準としてはどの傷もアウトだと思っていた方が良いでしょう。それでも大きいよりは小さい方が良いですし、たくさんよりは少ない方が良いので、傷の数や大きさなどをチェックしてみましょう。

その中で、一見傷だと思っていたものが実は汚れているだけで、拭いたり軽くこすったりしたら落ちるものが時々あります。専門家が見れば一目瞭然なことももちろんありますが、先ほども書きましたが見る人によって左右されることもあります。一つでも傷は少ない方が良いのですから、誤解を生むような汚れは落としておきましょう

また、ザックリした傷ではなく、浅くかすった程度の傷は、コンパウンド入りのワックスなどで目立たなくすることもできます。目立つ傷よりは目立たない傷の方が良いのでその辺りもチェックしましょう。

凹みはどの程度のものか?

石ころがコツンと当たったような凹み(良くエクボなどと呼ばれています)は、とても小さいのですが自分で直すのは至難の技ですね。修理に出すとしても、エクボの部分の塗装が剥げていると、ペイントもしなくてはならないので相当な費用になります。

例えば、ドアに1つづつ塗装の剥げたエクボがあったら、そのドアごと塗り直すことになるので、ドア2枚分のエクボの修理と塗装代がかかってしまいます。ただ、エクボの場所や大きさによっては10,000円以内で修理することができるようですので、小さなエクボ1個だけなら板金屋さんで相談してみましょう。

ボコッと大きな凹みがある場合は、査定額も下がりますが修理費用も結構かかってしまいますからそのまま査定に出しましょう。ただ、やはり場所によっては簡単に直るケースもあります。一応修理業者にみてもらっておいた方が良いですね。

どんな故障なのか?

故障も大小、様々ありますが、ランプが切れているなどといった故障の場合は、自分で取り替えられるなら取り替えておきましょう。他にも、小さくて自分で直せる箇所は直しておきます。

自分ではどうにもならないような故障はそのままの状態で査定に出します。査定額は確かにその分期待できなくなりますが、修理に出してお金をかけるより、そのまま査定に出した方がお金がかからないケースが多いようです

どこまで自分で手を加えるか?

修理する箇所にもよりますが、売却を考えた時はとことん修理はしないほうが賢明です。ただ、自分でできそうなところや、10,000円くらいで済みそうな修理ならやってみても損はないかもしれません。自分でできそうな修理方法をいくつかあげてみましょう。

小さな傷の場合

キーで引っ掛けたドアノブ周辺の傷、車庫入れやバックなどの時にちょっとこすったバンパーの傷など、下地(白い部分)が見えていない程度の傷はコンパウンドや鏡面磨きワックスなどを使うだけで、目立たなくすることができます。

「そんなことをしたら買取業者を騙すことになるのでは?」

と思い、現状のままで持っていく方が良いような気がするかもしれませんが、そんなことは全くありません。傷は見た目ですから、目立たなくなるならその方が良いでしょう

方法としては、洗車をした時などに傷部分の汚れをきれいに落とし、水分を拭き取ります。柔らかい布にコンパウンドを付けて優しく磨き、拭き取ります。

この時気を付けなくてはいけないのが、あまり強くこすると、こすっていない部分とのムラや擦り跡ができ、かえって汚くなってしまいますからあくまで優しく磨いてあげましょう。コンパウンドに慣れていない人は、傷を隠す鏡面磨きタイプなどのワックスを使うのも一つの手段です。

傷が下地まで見えてしまっていたり、もっと下の黒い部分も見えているなど、塗装が必要な時は迷いどころです。手先が器用で塗料の扱いに慣れているような場合は、パテや塗料を使ってきれいに直すことができますが、慣れない人が査定のため!と修理をするとかえって目立ったり、塗料が盛り上がってボコボコになってしまいます。

同じような色で塗っておくというのも止めておいた方が良いですね。

凹みの場合

凹みはなかなか自分で治すことはできません。時々、動画サイトなどでバンパーの凹みを直す裏技などを見つけることもできますが、大体、配信しているのは整備工の人や専門知識を持った人のようです。余計に酷くなっては悲しいので、自信のない人は無茶な修理はせず査定に持って行きましょう。

私の経験談を書きますと、エクボのような小さな凹みには効きませんが、自分で凹みを直す方法があります。大きめの凹みはコールドスプレーで凹み部分をしっかり冷やした後、ドライヤーで急激に温めるとボンッ!と凹んでいた部分が戻ってくれることがあります。

ただ、大きな凹み自体は戻りますが、きれいに元どおりというわけではなく、小さなベコベコ感が残りました。表面がユラユラしたような状態で、どのみち査定はマイナスになりました

故障の場合

小さな故障は自分で直してみましょう。この場合は故障といっても電球の交換、ヒューズの交換と言った簡単な修理になります。車の中に取扱説明書があると思います。そこに、車種によってはヘッドライトの交換方法や、ルームランプ、ヒューズの取り替えなどの仕方が載っていることがあります。

その場合は「これくらいは自分でやれるよ」ということなので説明書をみながら自分でやってみましょう。もちろん、パーツを壊したらどうしよう?などと不安に思う場合は無理にする必要はありませんが、換えておいた方が査定額を下げられる不安要素が減ります

無理に修理をしない代わりに

車の修理を最低限に抑える代わりに、おすすめしたいことがあります。それは、車をきれいにして査定に持っていくことです。車の査定は機械がするわけではありません。ということは人が見るわけです、当たり前のことですが。そうなると絶対ではありませんが受ける印象というのがいくらか作用します。

どんなに高級車でどんなに良いスペックでも車の中がゴミだらけだったり埃まみれでは、

「この車は大事にされていなかったんだな・・・。」

と思われてしまいます。

傷や凹み、故障なども、ずっと放って置かれたような傷口が錆び付いた傷や、傷口にこすった時の汚れが着いたまま放置された傷と、傷があるけど、そこも目立たないように磨いてある傷ではイメージが違ってきます

大事にしていた分査定額が跳ね上がるということはありませんが、きちんとしておいた方が見る方も気持ちがこもります。その分、丁寧にみてもらえることが期待できますよ

まとめ

車の買取は、現状での売買が基本になりますから、大きな傷や凹み、故障の修理はかえって高くついたり、あまり良いことがありません。ただ、現状での買取だからと言って、そのまま乗り捨てるように査定に出すよりは、きれいにしてから持って行きましょう。

車の中も、外も、エンジンルームも、付けてしまった傷も凹みも・・・。きちんとチェックして、今までで一番ピカピカなくらいきれいにしてあげれば車も喜びますし、査定する人もあなたも気持ち良く取引ができるはずだと思います。

損しないで車を買い替える方法

車の買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢く車を買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、買い替える車の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-中古車買取

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.