車の買い替え

車の買い替え!走行距離で売却価格はどれくらい変わるの?

更新日:

もともと日本の車というのはとても優秀で、海外でも壊れにくいと高評価を得ています。走行距離も寿命までの数字をあげると20万キロくらい走る車もあり、海外では元気いっぱいに走る17万キロなどのTOYOTAマークの車を目にします。

ちょっと昔、日本では車の寿命が10万キロくらいと言われている時代がありました。「20万キロだって余裕で走る!」ということが明らかになった今でも、その風習のようなものは変わりません。

ですから買い替え時期とみなされている平均走行距離を知っておけば、今乗っている車の売却時に有利だったり、買い替え時期を見極めるポイントになりますね。

今回は、どれくらいで買い換えれば高額で今乗っている車を手放せるか?また、だいたい何万キロで買い替えの時期なのか?そもそも走行距離とは何なのか?などを探っていきましょう。

なぜ平均走行距離を知る必要があるのか?

そもそも走行距離って何?

走行距離は、車が「乗り出し」から今まで何キロ走ったかを表します。年数と比較して、いっぱい走っているのかあまり乗られていないのかなどをはかります。

走行距離で分かること

車の走行距離は、その車がどれくらい消耗しているかを表すバロメーターになります。ですからどんなに年数が新しい車でも、走行距離がすでに10万キロなどとなると、その車は結構消耗している可能性が高いと判断することができます。

人で言うところの実年齢と体年齢のようなものですね。走行距離は年を重ねても乗らなければ増えないので、あまり乗られていない車は実年齢(年式)より若さを保っているわけです。

ただ、人は体年齢を鍛えることによってキープできたり若返らせることができますが、車は乗らなければ走行距離は増えませんが時間的な劣化は進みます。そこで年数も合わせて判断することとなります。つまり走行距離は消耗や劣化による故障などのバロメーターとなります。年数と走行距離を見ることで車体の調子などを予想することができるわけですね。

走行距離の増えかたと査定額の関係

一般的な走行距離

仕事などでは使わず普段は買い物程度で長距離を走るのは主に休日などという場合、走行距離は1年で1万キロほど増えると言われています。ですから走行距離を見て7万キロを指していたら、7年くらい乗っているのかな?と予想ができ、走行距離である程度査定額を予想できます。

年数よりも走行距離が多い場合

この場合は、どんなに新しい車でもたくさん走っているということがまず予想できますね。仕事や通勤などでハードに使われているケースが多く、外装がどんなにきれいでも内部の状態があまり期待できません。

現状で車体に何の問題もなくても、この先あまり長く乗れないだろう?トラブルが起きやすそうだと判断されがちです。そうなると査定額は低めに設定されることが多いです。

年数よりも走行距離が少ない場合

この場合は、絶対ではありませんが比較的車体の状態が良い傾向にあります。ただ、走行距離が少ない場合はどのように乗られていたかも判断基準になり、街乗りで短距離ばかりの場合は、エンジンが温まりきる前に発進、停車、エンジンを切るを繰り返しているため、エンジンに負担がかかっていることが予想できます。

そうなると、エンジンをチェックしなくては分からないこともありますが走行距離の割に査定額が期待できないこともあります。休日に長距離乗るという場合が一番車体の状態が良いと判断できます。年数より走行距離が少ない場合は、この乗られ方が一番査定額が高く設定されます。

年数よりも走行距離が少なすぎる場合

この場合は、車体の放置による劣化が心配されます。人でも寝たきりの人は起き上がってもしばらく体をうまく動かせませんよね。走行距離が少なすぎるということは、車自体をほとんど動かされていないかもしれないケースが予想できます。

エンジンやその他の部品を含め、車は定期的に動かすことで調子を保っていることが多いです。また動かさないうちに劣化が進み、いつの間にか故障していたという部分もあるかもしれません。走行距離が少ない割には、査定額は低めとなることが多いでしょう。

状況別・買い替えに適した平均走行距離

高額での買い取りが期待できる平均走行距離

車の走行距離は、少なければ少ないほど高額査定を期待できるケースが多いです。だからといって1年で買い替えたりしませんよね。1年1万キロのペースですと、3万キロ〜5万キロの間に買い替えるのが高額で取引される平均となります。

特に新車で購入の場合は、3年目、5年目は車検が入りますから、その前辺りのものは売買が激しいとされています。今乗っている車を売却して買い替えを考えるのであれば、3万キロ、5万キロ以内が高額取引を期待できる時期となるでしょう。

故障頻度が上がる平均走行距離

車の故障頻度を知るときに良く耳にするのは、「10万キロの壁」ではないでしょうか?これは、10万キロくらい乗っていると、平均的に故障が目立ちやすくなるよ〜という目安です。一昔前は、実際に7万キロ、8万キロ辺りから小さな故障が頻発し、9万キロを超え始めると電気系統の故障が起こりやすくなる・・・ということが言われていました。

今でもそう信じている人がたくさんいるので、ディーラーや中古車販売店などは10万キロを判断基準にあげています。ですが今の車は実はそんなにヤワではありません。10万キロを超えたって、難なく走る車はいくらでも存在します。

ただ、これはメンテナンスや点検を頻繁に行っている車の話です。普通に車に乗る場合、車は移動手段の道具であるということが大半ではないでしょうか?そうなると車検はできるだけ安く、点検もなんだか調子悪いかな?という時くらいで必要最小限になるのではないでしょうか?オイル交換を忘れてしまったりすることもあるかもしれませんね。

そしてこのような状態では時間の経過とともに、やはり*チリも積もって小さなトラブルが故障につながりやすくなります。そうなると、10万キロの壁は今でも全く間違いではないと言えそうです。

そうなると故障の前に買い替えをすれば、査定額は低くても買い取り価格が付き、自分が故障のメンテナンスをする心配もありませんね。故障の前に買いえるとなると平均的には7〜8万キロで買い替えを考えると良さそうです。

*チリも積もるトラブルの原因は、一概に言えませんが経年の汚れが多いでしょう。エンジンで言えば、エンジンオイルと埃の固まったものが詰まるとか、雨水がずっと溜まったまま気が付かず、トランクルームの一部が錆びて穴が空いていた・・・など。

買取価格が付かなくなる平均走行距離

さて、故障が目立ち始める平均走行距離、10万キロを過ぎてしまえば、当然ですがなかなか買取の時に良い値段は付かなくなるものですね。ですから買取にどこまで期待するのかにもよりますが、おそらく査定額が出る平均走行距離は8万キロ。10万キロを超えてしまうと、ほぼ買取価格は期待できないでしょう。

たとえどんなに車の調子が良く大切にされていることが分かり、ディーラー的には良い!と思っても買い手が付かないので取引することが難しなってしまいます。ただこればかりは車の事情ではなく、世間一般的な心理が関わってきますので、大事に乗っていたということをアピールして車を買い取って欲しい場合は、8万キロ以内に手放すのが賢明です

まとめ

走行距離は聞いただけで車の年数や状態を予想することができる大切な情報ですね。ただ、走行距離だけでは判断できないこともたくさんあります。また、実際の車の状態よりも、走行距離に対する世間的なイメージが、車の価格を左右してしまうということも分かりました。

あなたの車も走行距離を時々チェックすることで車の状態などを知ってあげれば、だいたいのメンテナンス時や買い替え時なども見えてくることでしょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-車の買い替え

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.