車の買い替え

ローンが残っている車の買い替え方法!車の売却は?

更新日:

車を買い替えたいなぁ〜と思ってもまだローンが残っていると、買い替えの予定なんて立てられない・・・と諦めてしまいますね。買い替えたいという気持ち的な場合もありますが、事故や家庭の都合などでやむを得ないこともあります。

そんな時はどうしたら良いのでしょう?実はローンの返済が終わっていなくても車を買い替えられる方法はいくつかあります。絶対にお勧めの方法!ローンが残っていても是非買い替えて!ということではなく、やはりローンは完済していることに越したことはありませんが一つの手段として参考にしていただければと思います。

その前にちょっと確認してみましょう!

ローンが残っているのになぜ車を買い替えたいのでしょうか?どちらかといえばリスキーな選択ですから理由を明確にした方が良いでしょう。

今買い替えが必要か考える

今回は買い替え時のローンについてのお話ですから、ローンがあっても買い替えられる方法をいろいろと探っていきます。

ですが本当にローンを抱えたままでも買い替えが必要なのか?ローンを上乗せして支払いは苦しくないのか?を一度良く検討してみましょう。ローンは魔法ではないので返済額が消える!ということはありません。ローンを増やせば支払い額もどんどん増えていきますからその辺りは注意が必要です。

ローンはいくら残っているの?

ローンが残っていることが分かっていても、金額までしっかり把握していますか?大雑把に××万円くらいかなぁ?という感じではないでしょうか?ローンの残りをしっかり把握しましょう。これによってどの方法で返済することができるか具体的に計画を立てることができます。

ローンが残っている車の買い替え方

方法1 ローンを返済してしまう

当たり前のことで申し訳ないですが、残りのローンを一括返済してしまいましょう!聞かなきゃ良かった・・・と思いますか?ですがこれが一番安全な方法です。

手持ちがあまり期待できない場合は、返済額を作る手段として車の下取りや買い取りをしましょう。ここで返済額がすっかりなくなってしまえば、このまま買い替えに移ることができます。

方法2 残ったローンを新しくローンとして組む

今の車の売却金額を引いて残ったローンの金額に対してのローンを新しく組む方法ですね。この時は新しく組むローン会社から審査が入ります。審査が通ればローンが組めます。

しかしすでに家などのローンを抱えていて、今の車のローン、さらに次の車の購入もローンで!と考えているとなると、抱えているローンの数が増え、利息も増えますから支払い額も今より増えることになりますね。また、たくさんローンを抱えていると次の審査が通りにくくなる可能性もあります。

方法3 次に購入する車に残りのローンを上乗せする

方法1で払いきれなかったローンを、新しく購入する車に上乗せします。つまり、ローンを一つにまとめるということです。新しく入ったローン会社が、今の車のローンを立て替えてくれるという形になります。

一つにまとめるので返済額なども無理ない金額を1社分だけにすることができます。ですが返済額は新車一台分より多くなるわけですから、今までより負担が大きくなります。ローンを抱えたまま次の車の購入をする場合は、今よりももっと計画的に金銭面を管理しなくてはいけません。注意しましょうね。

今乗っている車の売却方法

さて、ローンが残っていても今乗っている車を元手に返済すれば、買い替えも難しくないということが分かりましたね。車の売却方法は下取りか買取かで変わってきますし、所有者が誰かでもまた変わってきます。

ディーラーに下取りをしてもらう

新しく購入する車のディーラーで下取り査定をしてもらいましょう。この時ローンが残っていることを相談しておくと話がスムーズに運びます

査定額がローンよりも多い場合はそれで問題ないのですが、査定額がローンに満たなかった場合は満たなかった分を現金で支払ってしまうか、その分を次に購入する車のローンに上乗せすることになります。

ただ、この上乗せというのはどこのディーラーでもできる手段というわけではありません。できない場合は残りの返済分だけのローンを新たに組むことになります。下取りの前に確認しておきましょう。

買取専門店で売却する

買取前門店に売却をする場合はまず、所有者の名義を確認してみましょう。ローンで車を購入していると、所有者がローン会社やディーラーになっていることがあります。所有者名義が自分かもしくは家族のものになっていないと、売却をすることができません。

そこで売却をするために「所有権解除」をしてもらいます。ところがこの時ローンが残っている状態では、当然ですが所有権解除はしてもらえません。ですから売却の場合は基本的にはローンが完済していないといけないということになります。

方法としては、ローンを現金一括で支払ってしまい所有権解除をしてもらうというのが一番安全です。ですがそんなことができるのなら誰も悩みませんよね。こういう時は査定額をローンに当てましょう。査定に出してみて残りのローンより査定額が多ければ、それで万事解決です。

後少しで全額まかなえそうだけど足りない・・・という時は、できるだけ満たなかった分は現金で支払ってしまいましょう。

問題は全然足りなかった場合。この場合は買取専門店で新しくローンを組んで支払っていくことになります。まずは買取専門店に相談し査定を出してもらいましょう。ローン完済がかかっていますのでできるだけ高く売れるように、一社でも多く査定を出してもらってしっかり比較してください。一番条件の良いところに売却しましょう!

まとめ

ローンを抱えたまま新しい車への買い替えは可能ですが、なかなか負担が多くなるということが分かりましたね。けれども絶対にダメなことかというと、それぞれ事情がありますし、きちんと返済をできれば大きな問題ではありません。

ただ次の購入時は、ローンがない状態にしないとどんどんローンが膨れ上がってしまうといます。

計画的に気持ち良く買い替えができることを願っています!

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-車の買い替え

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.