ノート 日産

ノートNISMO(ニスモ)の走りを評価!MTは楽しい?

更新日:

日産の売れ筋コンパクトカーであるノートには、非常にバリエーション豊富なグレードが設定されています。その中で、多くの車好きの目に留まりやすいのが「NISMO」です。

日産のモータースポーツ部門「NISMO」はレース活動だけでなく、レースで培ったノウハウを市販車のカスタムパーツ開発に注いでいます。「NISMO」が手掛けたカスタムパーツを装備し、内外装だけでなく中身にまで手が加えられた純正コンプリートカー、それがノートNISMOなのです。

NISMOがチューニングを手掛けたノート、たしかに気になります。しかし、いくらNISMOが手掛けたとは言えど「所詮はコンパクトカーでしょ?」と思っている人もいるはず。

そこで、今回はノートNISMOの走りを徹底的に解説し、評価します。ノートNISMOがただのコンパクトカーではないことを証明しましょう。それでは、とくとご覧あれ!

ノートNISMOには3種類のモデルがある

そもそも、ノートNISMOには3つのモデルがあることをご存知でしょうか?

標準モデルの「ノートNISMO」に加え、ハイパフォーマンスモデルの「ノートNISMO S」、ノートe-POWERのチューニングモデル「ノートe-POWER NISMO」がラインナップされています。

どれも魅力溢れるモデルなので、簡単に解説しますね。

標準モデルでコスパの良いNISMO

引用元:ノート公式ページ

まず、標準モデルのノートNISMO。通常のノートのボディに補強を加え、コンピューターチューニングを施したモデルです。サスペンションが専用設計なので、早速走りの良さに期待できそうですね。

身にまとったバンパーやエアロは存在感を感じさせますが、アクの強さは感じません。あくまで自然に、上品なスポーティーさを演出しています。

インテリアは本革・アルカンターラを巻いた3本スポークステアリングホイールや赤い生地が映えるシートなど、一部が専用装備へと変更されています。

日産が本気でチューニングを施したNISMO S

引用元:ノート公式ページ

次に紹介するのは、ノートNISMOのアップグレード版。ノートNISMO Sです。ノートNISMO Sは、ノートNISMOの専用装備に加え、さらなるボディ補強とNISMO S専用装備をプラスしたモデル

通常の1.2L直列3気筒エンジンではなく、パワフルな1.6L直列4気筒エンジンで武装しています。外観に関しては、ノートNISMOと大きな違いはありません。せいぜいNISMO S専用エンブレムが新たに追加された程度。

しかし、中身はまるで別物。ノートNISMO Sは例えるなら、羊の皮を被った狼なのです。

中身の詳細については後ほどお伝えするとして、ここではNISMO S専用装備を少しだけ紹介します。まず、nismoのロゴが入った専用セミバケットシート。ホールド性が高く、スポーツ走行に適しています。

次に、アルミ製のペダル類とフッドレスト。これらが足元でキラリと光ると、俄然スポーツ走行に対してのやる気が出てきます。ブンブン吹かし回りたいですね!

最後に、260km/hスケールのnismoロゴ入り専用コンビメーター。レスポンスが良く、針はビュンビュン動いてくれます。

モーターの力強い加速が魅力、e-POWER NISMO

引用元:ノート公式ページ

日産がノートを一躍人気車種へと押し上げることに成功した「e-POWER」。エンジンを発電に用いて、発生した電気でモーターを回して走行するシリーズハイブリッド方式を採用した車です。

現在大ヒット中のノートe-POWERも、NISMOのチューニングによって、走りが得意な車へと生まれ変わっています。ノートe-POWER NISMOも、上記の2モデルと外観上の違いはほとんどありません。

Vモーショングリルの内側が「e-POWER」であることを示すブルーであること、e-POWER専用エンブレムが取り付けられていること、くらいです。

内装に関しても、ノートNISMO Sとほぼ同じ。ただし、ノートNISMO Sはアナログのコンビメーターですが、ノートe-POWER NISMOはデジタルファインビジョンメーターを採用。視認性が高く、スマートで先進性があります。

また、ノートe-POWER NISMOにはトランスミッションがありません。そのため、e-POWER専用のシフトノブが採用されています。

MTの設定はNISMO Sのみ

ノートNISMOの3つのモデルの中でMTの設定があるのは、ノートNISMO Sだけです。これは、ノートNISMO Sがそれだけ本気のスポーツモデルであることを意味しています。

ノートNISMOは気軽に運転を楽しむためのモデルなので普通のノート同様、トランスミッションはCVTのまま。ノートe-POWER NISMOに関しては、そもそもトランスミッションがありません。

ノートNISMOの走りは?

ノートNISMOが搭載するエンジンは、HR12DDR。1.2L水冷直列3気筒エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせたパワートレインです。最高出力は98PS、最大トルクは14.5kgmを発生します。

日産によると、HR12DDRは出力・トルクともに1.5L自然吸気エンジンと同等のパワーらしいですが、実際にそこまでのパワーがあるかは疑問。しかし、1.2Lとしては十分にパワフルです。

あえてスーパーチャージャーを採用しているので、アクセルを踏めばレスポンス良くパワーを発揮してくれます。低速からしっかりと加速しますが、加速時はガラガラと音がします。あまり心地よいサウンドではありません。

ブリヂストン製スポーツタイヤとボディ補強のおかげか、直進安定性が高く、走行性能は高いと言えるでしょう。専用サスペンションの出来は良く、味付けは固めですが、路面のショックを上手に吸収してくれます。

キビキビとした走りができますが、それゆえにパドルシフトの設定がない点は残念で仕方ありません。エコモードに切り替えるとスーパーチャージャーが停止するので、経済的に走行することができます。

ノートNISMOの魅力は、これだけしっかりとした走りができるにも関わらず、あえてMTを採用していないこと。そのおかげで、誰でも気軽に運転を楽しむことができます

楽しむときは思い切り楽しみ、そうでないときはエコモードで経済的に。こんな運転の仕方もできるので、気軽さにおいてはダントツ1位です。

ノートNISMO Sの走りは?

一見、普通のコンパクトカーに設定された、何の変哲もないスポーティーグレードに見えなくもないノートNISMO S。しかし、実際は日産が本気でチューニングを施した、純正コンプリートカーなのです。

1.6L水冷直列4気筒エンジンとターボチャージャーを組み合わせた、MR16DDT型の最高出力は140PS。軽量ボディのコンパクトカーには不足ないパワフルなエンジンです。アクセルを軽く踏み込めば、エンジンが唸り声を上げます。

レッドゾーンまでぶん回したい欲求に駆られてしまうレスポンスの良さで、アクセル操作に比例してダイレクトに加速します。ただし、スロットルが敏感すぎるあまり、少々気疲れしてしまう人も多いのだとか。

めちゃくちゃ速いというワケではありませんが、ノートNISMOと比べてもその差は歴然。他社のコンパクトカーのスポーティーグレードとは、比べるまでもないでしょう。

サスペンションがしっかりと固められているおかげで、乗り心地は悪いですが、コーナーでの踏ん張りが利きます。ステアリング操作はクイックですが、タイヤの性能の高さからくる安心感もあり、コーナーが想像以上に楽しいです。

初心者でも思い切りの良いスポーツドライビングを満喫することができると思います。リヤがディスクブレーキに変更されていることもあり、ブレーキ性能も必要十分。

「走る・曲がる・止まる」が高次元で上手にまとまっています。たかがコンパクトカー、されどコンパクトカー。ノートNISMO Sは、日産の底力を感じることができる面白いマシンに仕上がっていると感じました。

ただ、ノートNISMO Sの完成度が高いだけにたったひとつ、目立ってしまう点があります。それは、ノートNISMO Sの搭載しているトランスミッションが5速MTであること。

1~4速がクロスしており、スポーツ性はたしかに高いです。ですが、メーカーチューンとは言えノートNISMO Sはあくまでコンパクトカー。ファミリーカーとして、街乗り重視で購入する人も多いでしょう。

ノートNISMO Sを街乗りメインの実用車として考えたとき、シフト操作が忙しく面倒なんです。また、5速までしかないので、高速道路に乗ったときも少し騒がしいですよね。「よし、走るぞ!」という気持ちが伴っていないとき、心地よいエンジンサウンドは騒がしいノイズに変わってしまいます。

ノートNISMO Sはコンパクトカーとしては本格的な走りに期待できる車ですが、そこに力を注いでいるあまり、実用性はそれほど考慮されていないようです。

実際問題、私の言うような「スポーツ性と実用性を両立した車」なんてものは、どう頑張っても中途半端な車にしか仕上がりません。それを考えるとノートNISMO Sは現状の方向性で間違ってはいないんですけどね。

5ドアで5人乗車が可能なだけでもありがたいと感じるべきなのかも。

ノートe-POWER NISMOの走りは?

最後はノートe-POWER NISMOです。ノートNISMOやノートNISMO Sとはパワートレインが全く異なる別物ですが、どんな走りができるのしょうか。

次世代のパワートレインを採用した本格スポーツというのは、EVはおろかハイブリッドを含めてもホンダ・CR-Z、たった1車種のみ。海外メーカーを含めればもう少しあるかもしれませんが、少なくとも市販モデルとして量産はされていないでしょう。

ノートe-POWER NISMOが本格的なスポーツカーと言われると、ちょっと違うかもしれませんが、非常に興味深い存在であることに変わりはありません。

ノートe-POWER NISMOが搭載するエンジンは、HR12DE型。ノートNISMOが搭載するHR12DDRのスーパーチャージャーレスモデルです。

この1.2L水冷直列3気筒エンジンは79PSを発生。1.2Lとは言え、NISMOを冠する以上はもう少し頑張ってほしい数値。

ですが、ノートe-POWER NISMOの走りに直結するのは、エンジンではなくモーターです。そのため、HR12DE型の最高出力、最大トルクが低くても何の問題もありません。

モーターは日産が誇るEV、リーフと同型を搭載。最高出力は109PS、最大トルクはなんと25.9kgmを発生します。

1.0Lクラスのコンパクトカーとしては、有り余るほどの鬼トルク。期待以上のパワフルな加速が堪能できるはずです。

ノートNISMOと同等のサスペンションを採用しているので固さはありますが、ノートNISMO Sと比べるとマイルドな印象を受けます。やはり、ノートがラインナップするNISMOの中でも、ノートNISMO Sは別枠といったところなのでしょう。

そうだとしても、決してノートe-POWER NISMOの走り自体は悪いものではありません。ボディの補強によって剛性もアップしていますし、その辺を走行している車よりかは何倍もスポーティーです。

モーター駆動なので、トランスミッションを搭載する必要がないのですが、寂しさは感じます。やはりギヤの操作が自分でできないと、面白みは下がってしまいますね。シフト操作を疑似的に体感できるシステムのようなものがあれば、評価はさらに高まると思います。

さすがNISMO!走りのレベルはどれも高い

どのNISMOも走りのレベルは高く、車好きでも十分に満足できる域に達していると私は感じます。「走る・曲がる・止まる」のすべてを高い次元で両立していることは素直に評価すべきでしょう。

日産がノートNISMOに費やしたエネルギーが、ひしひしと伝わってきます。

運転の楽しさを第一に考えるのであれば、間違いなくノートNISMO Sを選ぶべきです。ノートNISMO Sの完成度は非常に高く、前車がスポーツカーだったとしても、面白さを感じることができます。そして何と言っても、唯一のMT設定モデルということもあります。

昨今はATやCVTの性能が飛躍的に向上していますが、車を手足のように自在に操る楽しさという点においては、MTには到底敵いません。

ただし、ノートNISMOやノートe-POWER NISMOがダメというワケではないです。事情によりATしか運転できないという人でも、思う存分楽しむことができますよ。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.