ノート 日産

新型ノートの安全システムは充実している?安全装備オプションは必要?

更新日:

コンパクトカーも燃費や動力性能にだけでなく、どのメーカーも安全面に力を入れています。自動ブレーキ自動追従機能などを搭載する車種も増えてきました。

ただ、車の中で最も身近な存在であるコンパクトカーにはもっと安全装備を標準で充実させて欲しいところですが、今のところまだ、高機能なものはオプション扱いが多いようです。

日産でも自動運転技術などが注目を集めていますが、ノートではどのように安全システムを搭載されているでしょうか。

また、安全オプション機能はプラスしたほうがよいのでしょうか?ノートに搭載される安全装備を探ってみましょう。

ノートに標準装備されている安全装備

インテリジェントエマージェンシーブレーキ

フロントカメラが前方の歩行者や車両を検知し、衝突の可能性があると判断するとブザーと警告灯で知らせてくれます。

さらに衝突の危険性が高まると、自動的にブレーキを作動させ衝突を回避、衝突してしまった場合でも被害を軽減させる働きがあります。

10km/h〜80km/hの間で作動してくれますが、衝突を回避できるのは30km/h以下までとなるようです。

LDW(車線逸脱警報)

フロントカメラが車線を検知し、意図しないで(車線変更などではない)車線をはみ出しそうになるとブザーと警告灯で知らせてくれます。

道路の車線は、だいたい車体よりも広い間隔で引かれています。教習所などでは車線内でも極力左側を走るように教わりますが、初心者や運転に慣れていないドライバーには意外と難しく、焦ったり迷ったりしているうちにふらついたりします。

LDWは一人で運転している時になどにもはみ出しそうになれば教えてくれますから、頼もしいのではないでしょうか。

エンジンイモビライザー

盗難防止機能になります。こちらは運転中の安全というよりは、車両自体の安全を守ってくれます。

安全装備オプション

ノートにさらに高機能な安全装備をプラスすることで安全面をよりサポートできるようになります。

インテリジェントアラウンドビューモニター

駐車スペースに車を駐車するのは、通常の走行よりもたくさん注意を払いながら車を操縦することになります。そのため駐車は苦手とする方が結構いますが、苦手意識は視野や思考を余計に狭めます。しっかり確認したつもりでも

「切り返したらいつの間にか後方に歩行者がいた!」

「ミラーでは確認できない小さな障害物があった!」

などヒヤッとさせられることがあります。

アラウンドビューモニターは空から見下ろすように前後左右のカメラが車周辺を映し、どの角度からも安全が確認できるようにサポートしてくれます。また、映すだけでなく、ノートに歩行者などが近づいてきたらブザーと表示で教えてくれます。

これなら落ち着いて全方位を確認することができ、余裕を持って駐車できるのではないでしょうか。心強いですね。

スマートルームミラー

アラウンドビューモニターでとらえた前後左右の状況を映し出してしてくれますが、機能はそれだけではありません。

バックミラーで後方を見るとき、リヤシートのヘッドレストや荷物、同乗者などが邪魔でしっかり後方が確認できないということが多々あります。スマートルームミラーでは、後方のカメラが捉える映像をルームミラーに映すことで、後方をクリアに表示します。

雨天の場合も通常ならリヤガラスの水滴や曇りで見にくかった後方がクリアに映し出されるので安心です。カメラの感度アップによって、夜間の見にくかった後方も明るくクリアに確認できます。

安全装備オプションパッケージの内容

インテリジェントアラウンドビューモニター

スマートルームミラー

踏み込み違い衝突防止アシスト

フロント&バックソナー

安全装備はセットオプションとなっていて、主にこの4点がパッケージされた安全オプションは97,200円で用意されています。

他にディーラーオプションでバックビューモニターだけという選択もありますが、単品で36000円することを考えると4点セットで10万円以下は価格から見てもかなり充実した安全装備となります。

オプションの安全装備はつけるべき?

安全装備は海外では標準装備が当たり前とされているところもあり、国産車も最近の車は簡単な安全装備が標準装備されています。

ノートでも自動ブレーキや、車線逸脱防止装置などの標準装備があり、パッケージオプションで10万円ほど上乗せすると、さらに充実させることができます。

標準装備では前方カメラだけなのに対し、オプションでは前後左右、側面を映し、さらに警告ブザーで危険を知らせてくれますから、機能の面から言えば充実させたほうが良いでしょう。

ただ非常に残念な話ですが、充実させたは良いのだけど、安全装備が付いているのに使い方がわからず、使えていないという意見も多々あります。

「10万円上乗せしたけど、使いこなせなくて機能していない・・・。」

だけなら仕方ないで済むかもしれませんが、安全機能で十分に回避できた事故が避けられなかった!では、無駄になってしまいます。

安全装備が付いているから安全!とノートに全てお任せするだけではなく、使い方やどのような時にどう作動するのか?ということを知っておくことも重要です。

まとめ

ノートの安全装備は、高機能なものが標準装備とされているものが多く、コンパクトカーの中でも充実していると言えるのではないでしょうか。

さらに安全オプションも比較的リーズナブルな割には充実しているので、装備することでセーフティなノートとして、誰もが安心して乗れる一台となるでしょう。

ただどんな安全装備も、やはりドライバーをサポートする機能であり、運転を代わってくれるわけではありません。その辺りを認識し、性能を理解することでしっかりと安全面が得られるものとなります。

安全面を充実させた車安全運転を心がければ、ノートはまさに日産の安全の考え、”SAFETY SHIELD=危険を近づけない車”と言えるでしょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.