車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

ノート 日産

日産ノートのエンジン・動力性能の違い!買いはe-POWERに限るの?

更新日:

2016年のマイナーチェンジで、ハイブリッドシステムを導入で話題になっているノートですが、ノートで展開されているのはe-POWERだけではありません。

低燃費と走行性能にこだわった仕様のエコスーパーチャージャーなど、ガソリン車も用意されています。

「e-POWERの加速は確かに気になるけど、ガソリンエンジンの車も捨て難い

と迷う方や、e-POWERで初めてノートという車種が気になり始めた方、また車の購入が初めてでノートを検討している方は、比較することでそれぞれの良さなどがわかるのではないでしょうか。

今回はノートにはどんなエンジンがあるのか?また、それぞれの魅力と注意点、どっちを選ぶべきか?などに迫りました。

3つのノート、それぞれの違いは?

1,2L 3気筒 ガソリンエンジン

引用:http://www.nissan.co.jp/NOTE/performance_engine.html

コンパクトカーにふさわしい軽量コンパクトなエンジンになります。今時の車なのでアイドリングストップなどの機能はありますが、それ以外はノートの中で一番ノーマルなガソリンエンジンが搭載された仕様となります。

1,2L 3気筒 ガソリンエンジンの魅力

コンパクトカーらしい価格で購入できるノートと言えます。グレードにもよりますが、車体価格が150万円以内で抑えられ、オプションや諸費用を含めても200万円ほどで購入が可能です。

また、先進的な機能がほとんど付いていませんが、今までずっとガソリン車に乗っていてそれに慣れているという方や、新しい機能がかえって煩わしい方には、安心して乗ることができます。

1,2L 3気筒 ガソリンエンジンの注意点

ノートは発売当初から低燃費にこだわったガソリン車です。何度かの改良により当時(ノートは2005年発売)よりさらに良くはなっていますが、ハイブリッドスーパーチャージャーのような低燃費は期待できません。

また減税の対象ではありますが免税にはなりません。減税額も2割ほどとなります。

1,2L 3気筒 ガソリンエンジン+エコスーパーチャージャー

1,2Lのエンジンにスーパーチャージャーをプラスすることで、低速域でも1,5Lに匹敵する加速力を引き出すことができます。スーパーチャージャーとは過給器を指しますが、ターボとは違い、エンジンがさほど回っていない状態でもパワーを発揮しやすくなります。

スイッチでECOモードへの切り替えができ、ECOモードでの走行中はスーパーチャージャーが作動しません。パワーが必要な時とそうでない時を使い分けることで燃費に優しいドライブができます。

1,2Lガソリンエンジン+エコスーパーチャージャーの魅力

燃費自体はノーマルなノートと比較して大きく変わりませんが、エコメーターが付いているため、燃費を気にしながらもガソリン車の走行を楽しむことができます。ECOモードを上手に利用することで、ノーマルのガソリン車よりも燃費コントロールが上手くできます。

また、エコスーパーチャージャーでの走行は、1200ccであることを忘れられるパワフルな走行が味わえます。減税対象車になるため、諸費用を抑えることができます。

1,2Lガソリンエンジン+エコスーパーチャージャーの注意点

低燃費と言っても、駆動はガソリンエンジンだけになるため、それなりに燃料を消費します。また、ハイブリッドカーのようなEV走行をするわけではないので、ガソリン車と同じ騒音があります。

1,2Lガソリンエンジン+モーター(e-POWER)

e-POWERのハイブリッドシステムは、今までのハイブリッドシステムとは役割が反対になります。ガソリンエンジンは発電だけに専念し、走行はモーターのみで行います。モーターということは、エンジンを動かす必要がないため、変速ギヤがありません。

ギヤがないということはアクセルを踏むギヤが変更される加速する(CVTやATの場合)という動作がないため、加速の速さがガソリンエンジンとは比較にならないほど速いです。

給油をすること自体はガソリン車と変わりませんが、燃料の使い道が発電のみとなるため、走行するよりも燃料の消費を抑えることができます。

静粛性は完全な電気自動車ではないため、エンジンが作動した時の音はありますが、モーター走行の場合はかなり静かになります。

1,2Lガソリンエンジン+モーター(e-POWER)の魅力

踏んでからのレスポンスがとても速いので、加速が良いです。また、ガソリン車とは違う加速の仕方をするため、電気自動車の走行を楽しむことができます。

リーフほどではないですが、エンジンが作動しない限り騒音は抑えらるため、静かな車を求めている方にはオススメです。免税対象車のため、諸費用を大きく抑えることができます。

1,2Lガソリンエンジン+モーター(e-POWER)の注意点

ハイブリッドタイプはどのメーカーも似たようなことが言えますが、ノートでもe-POWERは約30万円の上乗せになります。そのため、燃費だけで判断して購入すると割高となります。

また、e-POWERは今までにないハイブリッドシステムということで、まだ実際に一般車として走行されてから日が浅く、安定しているとは言えません。そのため、リコールなどが起こる可能性は他の車種より高くなります。

e-POWERの場合は完全な電気自動車というわけではないため、免税対象ではありますが、助成金期待できません

ここが迷いどころ?ガソリン車とe-POWER

レスポンスの仕方で選ぶ

エンジンには変速ギヤがあります。ギヤを変更することで加速の大小を調整できます。レンスポンスが良いと言うのは、この変速動作をしてから加速に至るまでが速いということになります。

どんなに素早くても、ギヤを変えて加速するという動作があり、他のハイブリッド車でもギヤはありましたが、モーターで走行するe-POWERには変速ギヤがありません。

ということは変速の感覚がないまま瞬時に加速します。そのため、「踏んだら即加速」の表現も今までの解釈とは別物になります。また、アクセルを緩めたらすぐに回生ブレーキに切り替わります。これはまさに新感覚ではないでしょうか。

新感覚のモーター走行が気に入った違和感を感じないならばe-POWER、やっぱりエンジンの方が好きであればエコスーパーチャージャーがオススメです。

燃費の違いで選ぶ

今まではエコスーパーチャージャー搭載のガソリン車が一番低燃費なノートでしたが、これからはハイブリッドタイプを選択できます。ハイブリッドタイプには、ガソリン車では出せない燃費の良さがあります。

ノートか?他のハイブリッドカーか?と迷っていた方には、ノートでどちらも選べるようになりました。しかも、今までのハイブリッドとは違い、パワー面も落ちません。そのため動力性能を妥協しないで、低燃費な車を選ぶことができます。

まとめ

現時点で「日産ノート」と言えば、e-POWERを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ノートはガソリン車も今まで通り展開されています。

通常のハイブリッドであれば燃費やパワー、価格などを検討すればよいところですが、e-POWERでは、また一味違う走行性能を味わうことができるため、迷う楽しみが増えました。

e-POWERの性質としては、完全な電気自動車とも異なるため、今のところは比較対象がありません。また、加減速の仕様も目新しく似ている車種を挙げるのも難しいところです。ノート同士で比較するとそれぞれの良さがよくわかるのではないでしょうか。

e-POWERとガソリン車の違いは誰もが(ハイブリッドカーが好きではない方など)楽しむことができるでしょうから、ぜひお店で乗り比べてみることをオススメします。

ノートを安く購入するために一番大事なのは下取り金額!

「ノートをなるべく安く購入したい!」というのは当然の願望です。そして、その可能性を高めるためには今の車をいくらで手放すかに目を向けるのがポイントです。

相場以上に安くノートを購入している方の多くは、ディーラーの下取り金額を高くすることに力を入れています。

ディーラーもビジネスで車を売っているので、当然ですが、利益額を大きくするためにあなたの車をできるだけ安く下取ろうとしてきます。

なので、ディーラーの下取り金額を鵜呑みにすると、正直損をしてしまいます。

そこで、おすすめしたい裏技が、一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を上手く活用することです。

かんたん車査定ガイドでは、約1分程で最大10社に一括で査定依頼を出すことができます。なので、約1分の作業で、あなたの車の相場がわかってしまいます。(しかも無料です。)

簡単車査定ガイドで、複数の業者に査定をしてもらって、その中から一番高い業者に売るのも良いです。ただ、査定額をもとにディーラーに交渉するのが一番スマートです。

ディーラーからしたら、自分の所以外で売られてしまったら、自分たちの利益になりません。なので、可能な範囲で交渉に応じてくれるはずです。
(もし、ノートのディーラーが交渉に応じてくれなかった場合は、買取業車に売ってしまえば良いだけです。)

感情で「高く下取ってくださいよ!!」と言っても、当然通用しません。

でも、かんたん車査定ガイドの査定金額を使って「〇〇はこれくらいの金額を提示してくれています。」という事実としての数字を見せることができれば、相手は交渉に応じざるを得ません。

「がつがつ値引き交渉なんてしたくないよ。。」という方は・・

かんたん車査定ガイドを使って査定をしてもらった上で、ディーラーに下取りの査定をしてもらいます。査定額を単純に比較して、どこを使って今の車を手放すか決めれば、めんどくさい交渉も発生しません。

かんたん車査定ガイド経由の査定額の方が高い場合は、ディーラーの方に「下取りはなしで大丈夫です。」と伝えるだけでOKです。運が良ければディーラーの方から下取り金額のアップ提案をしてきます。その場合はあなたはがつがつ交渉したわけではなく、相手の要望に答える立場になるので、気持ちも楽です。

値引き交渉をする気がない人もかんたん車査定ガイドはこう使えば活用できます。

→かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは無料で使えるサービスで、かつ下記のフォームを入力するだけなので、すぐに終わります。

車の相場は日々変動します。あなたが所有している車は日に日に古い車になって行きますので、早めに査定依頼を出すことが、高額査定をもらうコツです。

また、かんたん車査定ガイドを使ったからと言って、必ず売却をしなければいけないわけではありません。

車の買い替えを検討していて、損したくない人は気軽に使ってみてくださいね。

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.