車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

ノート 日産

日産ノート FOUR(4wd)よりe-POWERの方が良い?どっちを選ぶべき?

更新日:

2016年のマイナーチェンジでe-POWERを発売したノートですが、今の所e-POWERの4wd仕様は展開されていません。

ノートはエコスーパーチャジャーでも4wdの展開がなく、ノートで4wd仕様が欲しい方には選択肢がほとんどない状態でした。しかも今までのノート4wdに関する評判を聞くと、どうもあまり歓迎されていないようです。

そんな中、新しく発売されたe-POWERは雪道走行にも強い!などと囁かれていますし、FOURでは安全装備が標準装備の仕様も展開されています。これはどっちが良いのだろうか?と悩むところです。

今回はノートe-POWERとFOURはどっちが良いのか?FOURを選ぶとしたら安全装備は必要か?などに迫ってみましょう。

ノートFOURの4wd性能

日常生活の為の4wd

ノートで採用されている4wdは、アクティブな走行を想定したものではなく、日常をいかに安全に、安定して走行するか?ということに着目して設計されています。

日産の4wdであり、ニスモ仕様も存在するノートではありが、FOUR自体はGT-Rのようなスポーツ走行には向いていません。また、険しい道をガンガン攻めるような走行も得意ではありません。

スイッチで2wdと4wdを選択

ひと言に4wdと言っても、メーカーや車種によって、仕様が随分と変わるように、作動の仕方も変わってきます。ノートFOURの場合は、常に後輪が駆動しているフルタイム4wdとは違い、スイッチで4wdへの切り替えができるものとなります。

80km/h以下の走行中に2wdから4wdへ切り替えることができ、切り替えてからは30km/h以内であれば継続して4wdで走行できます。この条件から見ても悪路に立ち向かうというよりは、悪路でも走行できる状態をキープするために用意されていると判断できます。

安全装備が標準装備なら、なお安心!

FOURにはスマートセーフティエディションという安全装備が標準で装備された4wdが用意されています。もともと4wdには安全装備が備わっていましたが、2016年(マイナーチェンジよりも少し前)に改良され、より安全に悪路を走行しやすくされています。

安全装備の内容は?

インテリジェントアラウンドビューモニター

スマートルームミラー

踏み間違い衝突防止アシスト

フロント&バックソナー

の4点が安全装備として加えられます。正確に車両の周囲を確認でき、周囲に障害物が近づけばセンサーが察知して教えてくれます。そのため積雪場所からの発進がしやすくなったり、より滑りにくくなるなどの効果を期待できます。

その他にオートエアコン、外気温度計、 ピアノ調センタークラスターフィニッシャー、シフトベースシルバーフィニッシャー内装や機能も充実させています。

ノートの場合はコンパクトカーになりますから、レジャーでの雪道や悪路というよりは積雪が多い地方に住む方のニーズも高そうです。日常生活の一部として利用する車となると、ただ力強いだけではなく、積雪時の対応や安全面も確保できれば心強いですね。

視界確保の装備はオプション扱い

フォグランプ

LEDヘッドランプ

この2つの装備は4wdなら、できれば備わっていて欲しいところですが、ノートFOURではオプション扱いとなります。

安全装備が備わったスマートセーフティエディションが通常のFOURより約10万円の上乗せとなりますが、LEDヘッドランプフォグランプ(ハロゲン)のオプション選択も同じく約10万円のプラスとなります。

視界が優先では?と不満を持たれるかもしれませんが、日常での積雪や悪路に対応するにはスマートセーフティエディションに含まれる装備が必要となるため、安全装備が優先されています。

利用する条件によってオプションを選択する

スマートセーフティエディションは、積雪時などを考慮した装備となるため、霧が深い場所視界の悪い場所をよく走るのであれば、視界の確保を優先させた方が良いかもしれません。

ノートを多く利用する時間帯場所などといった条件で、安全装備を充実させるか、視界をしっかり確保するかが変わってくるでしょう。

e-POWERも雪道を走行できるの?

FOURが日常生活のための4wd程度ならば、パワフルなe-POWERの2wdの方が雪道に強いのでは?という考えもあるでしょう。確かにe-POWERで雪道を調子良く走行できる!という意見も見かけます。

タイヤさえしっかり冬タイヤなどを装備していれば、e-POWERに限らず2wdでも対応できますから、足回りのしっかりしたe-POWERやe-POWERニスモなら、難なくに走行することができるでしょう。

ただこれは、積雪後の道を走行するという限られた条件になります。

「レジャー先で一泊したら雪が積もっていた!」

「ぬかるみにはまり込んでしまった!」

というケースには対応していません。

たまにレジャーで雪道を走行する程度であれば、e-POWERでも問題ありませんが、帰省先が雪の多い地域で、帰省後も車を使うなどといったケースなら、4wdの方が心強いと言えるでしょう。

また、e-POWERは低燃費のためにエアコンを節約しています。ECOモードで走行は寒い季節には厳しいものがあります。

 e-POWERと4wdどっちを選ぶべき?

 レジャーとしての選択ならe-POWER(2wd)

年に何度かアウトドアでキャンプやスキーに出かけるという場合は2wdを選択し、タイヤを冬用にしたりチェーンを装着で十分対応できます。

いくらFOURの仕様が必要な時だけ4wdにできるといっても、やはり4wdは燃費も悪いですし、そもそもノートの4wdはアクティブな走行の為の4wdという造りではありません。

ただ、e-POWERはパワーフルなのでガソリン車ノートよりオススメではありますが、燃費と寒さ対策の視点から見ると、わざわざe-POWERにするよりガソリン車の2wdでも良いような気もします。

 日常的に4wdを活用したいのならFOUR

どっさり積もった雪に車が埋まってしまった!というケースでは、どんな車種でも諦めるしかないこともあります。

生活の一部としてノートを利用するなら、冬となれば毎日のように雪、雪が降ったり止んだりでぬかるんだ道を走る、前の日に降った雪が凍って道がガリガリという条件の中でも、車として機能してくれないと困ります。

FOURはアクティブな4wdではありませんが、日常生活での悪路に対応することを考えられていますから、FOURをオススメします。

まとめ

ノートの4wd、FOURはアクティな仕様の4wdではなく、日常生活に必要な4wdのため、4wdで括って選ぼうとすると、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

ですが普段の買い物送迎などでの利用目的に選ばれやすいコンパクトカーのノートは、天候に左右されることなく利用できるようにと考えられているようです。

帰省先が積雪地帯であったり仕事で積雪地帯に出向くなどという場合でも、2wdと4wdの切り替えができるFOURなら、普段は燃費も抑えられるし、悪路にも対応していて心強いのではないでしょうか。

パワーや走行性能が充実しているe-POWER(2wd)か、積雪や悪路を考慮して造られているFOUR(4wd)では、普段の利用条件によって選択すると良さそうです。

ノートを安く購入するために一番大事なのは下取り金額!

「ノートをなるべく安く購入したい!」というのは当然の願望です。そして、その可能性を高めるためには今の車をいくらで手放すかに目を向けるのがポイントです。

相場以上に安くノートを購入している方の多くは、ディーラーの下取り金額を高くすることに力を入れています。

ディーラーもビジネスで車を売っているので、当然ですが、利益額を大きくするためにあなたの車をできるだけ安く下取ろうとしてきます。

なので、ディーラーの下取り金額を鵜呑みにすると、正直損をしてしまいます。

そこで、おすすめしたい裏技が、一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」を上手く活用することです。

かんたん車査定ガイドでは、約1分程で最大10社に一括で査定依頼を出すことができます。なので、約1分の作業で、あなたの車の相場がわかってしまいます。(しかも無料です。)

簡単車査定ガイドで、複数の業者に査定をしてもらって、その中から一番高い業者に売るのも良いです。ただ、査定額をもとにディーラーに交渉するのが一番スマートです。

ディーラーからしたら、自分の所以外で売られてしまったら、自分たちの利益になりません。なので、可能な範囲で交渉に応じてくれるはずです。
(もし、ノートのディーラーが交渉に応じてくれなかった場合は、買取業車に売ってしまえば良いだけです。)

感情で「高く下取ってくださいよ!!」と言っても、当然通用しません。

でも、かんたん車査定ガイドの査定金額を使って「〇〇はこれくらいの金額を提示してくれています。」という事実としての数字を見せることができれば、相手は交渉に応じざるを得ません。

「がつがつ値引き交渉なんてしたくないよ。。」という方は・・

かんたん車査定ガイドを使って査定をしてもらった上で、ディーラーに下取りの査定をしてもらいます。査定額を単純に比較して、どこを使って今の車を手放すか決めれば、めんどくさい交渉も発生しません。

かんたん車査定ガイド経由の査定額の方が高い場合は、ディーラーの方に「下取りはなしで大丈夫です。」と伝えるだけでOKです。運が良ければディーラーの方から下取り金額のアップ提案をしてきます。その場合はあなたはがつがつ交渉したわけではなく、相手の要望に答える立場になるので、気持ちも楽です。

値引き交渉をする気がない人もかんたん車査定ガイドはこう使えば活用できます。

→かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは無料で使えるサービスで、かつ下記のフォームを入力するだけなので、すぐに終わります。

車の相場は日々変動します。あなたが所有している車は日に日に古い車になって行きますので、早めに査定依頼を出すことが、高額査定をもらうコツです。

また、かんたん車査定ガイドを使ったからと言って、必ず売却をしなければいけないわけではありません。

車の買い替えを検討していて、損したくない人は気軽に使ってみてくださいね。

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.