ノート 日産

日産ノート対トヨタのパッソ!違いを比較【どっちがおすすめ?】

更新日:

2016年のマイナーチェンジでe-POWERを発売したノートは、今までのハイブリッドとは違う、電気自動車に近い仕様や、加速の良さアクアと並び、話題を集めています。

ですがアクアとノートの決定的な違いは、ノートの選択肢がハイブリッドだけでなく、ガソリン車も今まで通り展開しているというところです。そしてガソリン車も手を抜くことなく、低燃費小さなエンジンでも力強さを発揮しています。

さて、e-POWERではハイブリッドという面でアクアと比較されますが、女性にも扱いやすく、低価格、燃費も良いという条件から、ガソリン車ではノートはパッソと良く比較されています

今回は大きさは違うのに、ライバル視されやすいノートとパッソの違いを見てみましょう。

パッソはこんな車

最近のコンパクトカーは車体の大きさ、価格などがコンパクトとは言い難くなりつつある中、パッソはトヨタが生産する、ボディサイズも価格もコンパクトな車です。

実用的な車が欲しいけど、そんなに大きくなくて良いかわいい車が欲しい。そんなニーズに丁度良く応えた仕様女性にも人気を集めています。

パッソとノートのサイズなどを見ると、いっけん全然似てない様にも思えますが、乗りやすく扱いやすい、購入しやすい価格で低燃費と、条件で選ぶとコンセプト似ているため、比較されやすくなります。

ノートと比較してみよう

サイズで比較。広々したノートと小回りの効くパッソ

ノートの全長が4100mmなのに対しパッソは3650mmと、まさにコンパクトなサイズです。コンパクトカーの中でも特に小ぶりなため、市街地などといった混雑した道でも非常に取り回しがしやすく、扱いやすいです。

室内長はノートが2065mmに対し、パッソは1830mm。これは全長3400mm以下で定められている軽自動車の室内長より狭くなります。定員は5人乗りとなり、前席はある程度広さがありますが、後部座席はかなり狭く感じます。

このサイズで長時間の走行となると、大人2人+小さなお子さん1〜2名までが限界かもしれません。

4100mmあるコンパクトカーの中でも、ノートは居住空間が広めに作られいて、高さもあるので車内が開放的です。後部座席に大人2人が座っても窮屈さを感じにくくなります。

デザインと質感で比較 合理的なノートとおしゃれなパッソ

ノートもパッソも2016年のモデルチェンジでデザインが変更されています。ノートはマイナーチェンジということで大きく変わってはいませんが、今までよりアクティブな装いになりました。

パッソは2種類のデザインが展開され、カッコ良くかわいくも選べるようになっています。カラーバリエーションやアクセサリーもこだわりがあり、色んなパッソを楽しめるようになりました。

そこを比較するとノートはおしゃれさでは負けてしまいますが、乗り込みやすさなどを考慮して設計されたデザインは合理的で快適です。

また、デザインとしてはバリエーションが豊富なパッソですが、内装の質感は軽自動車に近く、ややチープな印象になります。その点ノートは遊び心はありませんが、パッソよりも上質な安定感が感じられます。

燃費で比較 超低燃費パッソにはスーパーチャージャーで対抗

ノーマルエンジンのノートは23.4km/L、エコスーパーチャージャーでは26km/Lとなります。パッソは28.0km/Lと、ガソリン車でもダントツの低燃費になります。ノートとパッソではエンジンの大きさも違いますが、他の1000ccの車は28km/Lは出せていません。

ノートも1200ccとさほど大きくないことを考えると、パッソの28.0km/Lはかなり良いと言えます。ただ、ノートもエコスーパーチャージャーになると、1200ccで26km/Lとなりますから負けていません。どちらも低燃費と言えるでしょう。

動力、走行性で比較。1500cc相当のノートはパワフル

パッソは重量が910kgと1tを切っています。車体が軽いので坂道でも楽々!と言いたいところですが、1000ccには910kgでも重く、ちょっとパワー不足を感じます。

ノートは1200ccで車両重量が1040kgとなります。さらにエコスーパチャージャーでは搭載するエンジンは1200ccですが、1500ccほどのパワーを発揮してくれます。

価格で比較。価格だけで判断できないが安いのはパッソ

ノートとパッソではクラスが同等ではないため、価格での比較が正しくはできませんが、人気グレード(一般車として乗れる状態乗のグレード)で価格差を見てみましょう。

パッソ X’’L S Package 1,317,600円(S=スマートアシストⅡ。S無しは1,252,800円)

ノート MEDALST X 1,610,280円

比較すると、おおよそ30万円の差額になります。装備としては、ノートでは自動ブレーキなどの安全装備が標準装備となりますが、パッソではSの付いたパッケージ(スマートアシストⅡ)で64,800円上乗せしないと装備されません。

質感なども違いがあるので、30万円の差額で相殺されるかどうか?という見極めが重要になります。この見極めは車を購入する方が求める条件によって変わります。価格だけを見るなら、パッソの方が安いと言えるでしょう。

どっちを選ぶべき?

ファミリーなら少し高くてもノート

今は夫婦二人だけど今後家族が増える予定、すでに子供がいる、所有するのは1台で休日は家族でちょっと遠出もしたい、長い期間乗る、これらの条件が一つでも当てはまり、これからコンパクトカーを購入するなら、ノートが良いでしょう。

赤ちゃんや幼児くらいだったら、パッソでも用が足りそうに思えます。ですが子供は成長が早く、いつのまにか後部座席で窮屈そうにしています。

また、成長すれば、窮屈なだけでなく、その分重くなります。コンパクトなエンジンのパワーには重量が大きく作用するため、パッソを選択することで、窮屈な上非力さを感じやすくなります。

お財布に優しいのはパッソ

買い物や送迎などに使うセカンドカーとして欲しい、普段あまり車を使わない、家族で乗ることはほぼ無い、などという場合は、大きなサイズである必要も無いですし、そんなにお金をかけるわけにもいきません。

ものすごく実用的である必要も無いですから、パワーや快適さよりも、乗るのが楽しくなるようなファッション性の高いパッソがオススメです。小回りも効き、車体価格、燃費のどちらも低めお財布にも優しいと言えます。

まとめ

ノートとパッソは、普段の買い物や送迎といった「市街地を走行するのに利用する」「主に女性が利用する」などの条件に沿ったコンセプトが似ています。

30万円ほどの差額がありますが、上乗せとなるノートには安全装備や質感5人乗りとして対応出来る十分なスペースといったメリットがあります。

パッソには、より小回りが利く、運転しやすいと言ったメリットの他に、かっこいい!かわいい!というデザイン性がプラスされます。

扱いやすさの面ではどちらも快適なため、完全ママ専用!など女性目線で選択するのか、駐車スペースに条件があるけど、家族で乗れる車が欲しい、初心者や女性でも運転しやすいなど、ファミリー目線を優先するかで、選び方が変わりそうです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-ノート, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.