車の買い替え

他メーカーの車の買い替え!注意点や知っておきたい事は?

更新日:

車というのは購入してからもメンテナンスや車検、長距離を走る前などの点検など、購入したディーラーと長く付き合うことになりますね。

ですから次の買い替えも同じメーカーの車を購入する方は多いのではないでしょうか?

私が育った田舎では車の話になると

「車何乗ってるの?」

「トヨタだよ。」

「じゃぁ、一緒だね!」

とか、

「お宅のホンダどうよ?」

などと車種ではなくメーカーで話をしていました。今思うと凄い会話ですがこんな会話が成立するほど、一度決まったメーカーの車を購入したらずっと同じメーカーの車を購入する傾向が強かった気がします。

同じメーカーでの購入が長いと、他のメーカーの車が欲しくなっても随分と世話になっているディーラーに気を使います。なんて断ればいいんだろう?と相手のことを気にしてしまいますよね。

でもやっぱりあのメーカーの車に買い換えたいし、買うのは自分だし。そもそも安い買い物じゃないから後悔したくない・・・と、自分を奮い立てつつ、なんとなく迷ってしまいますね。

ローンで購入し、まだローンが払い終わっていないこともあるでしょう。

メーカーを変えても大丈夫なのか?残ったローンや保険はどうするのか?などという素朴な疑問から、ぜひ確認しておいた方が良いことを今回は書類面や知識運転操作や車の装備に分けてあげてみましょう。

他メーカーに買い替えで気を付けること・書類、知識編

他メーカーに買い替える時、一番面倒くさそうだなっと思ってしまうのが、書類の手続きではないでしょうか?また、親の代から同じメーカーで、ずっと同じディーラーだと気を使いますね。

今までの販売店に気を使ってしまう・・・

車のディーラーは売ったら終わりではないので、他メーカーに買い替えとなるとどうしても対人面で気を使うこともあります。特に散々親切にしてもらっていると、自分のエゴでディーラーを裏切っているような気分にもなります。

ですが最近では車種も星の数となっていますし、メーカーによる個性も様々ですから昔ほど、気を使う必要はありません。

メーカー側も情だけでお客さんを囲えないということは良く分かっていますし、他メーカーへの買い替えには慣れっこです。あなたが購入するのを止めても、他の誰かがまた新しくお客さんになるでしょう。

ただ、今まで気持ち良く対応してくれていたのなら、今後のためにも一報入れておいても良いでしょう。メーカーは違っても、困った時には相談に乗ってくれるということもありますよ。

ちょっと引き止められたりもすることでしょう。ですがディーラーも分かっていますから、そこは「お仕事」と割り切りましょう。反対に、こんなに長く付き合ってたのに引き止めてもくれないと寂しいよな〜っとポジティブに考えましょう!

残っているローンはどうしよう?

同じメーカーなら、買い替えの時にローンが残っていても切り替えが楽にできましたが、違うメーカーはどうでしょう。

答えは同じように切り替えることができます。残っているローンは、今乗っている車の下取りや買取価格で埋め、それでもまだ残っていれば払えるものは払い、残りは次に買う車に上乗せとなっているケースが多いでしょうが、他メーカーでも同じです。

ただ、下取り価格は、他メーカーだといくらか安い値を付けられてしまうことが予想できますので、この場合は買取専門店に査をだしてから判断しましょう。

今契約している保険はどうしよう?

今までのディーラーや保険が良い対応などで気に入っているのなら、保険はそのまま今のところで入り続けるということも可能です。また、ディーラーは良くても保険内容がイマイチだったというならここで変えるのが良いきっかけですね。

買い替えるメーカーのディーラーが紹介してくれますし、自分で探してきて入ることもできます。ただ良いきっかけとばかりに、あまり安く宣伝しているところに飛びつくのは良いとも限りません。自分で探した場合は、サービス、対応など、しっかり下調べをしてください

下取りが安くなるって本当?

メーカーを変えると下取りが安くなる・・・?と言うのは、買い替えを検討されたことがあれば1度くらい聞いたことがあるかもしれませんね。本当のところどうでしょうか?

他メーカーでの下取りが安くなってしまう理由

他メーカーでの下取りが安く下取りされるといわれる理由の一つに、同じメーカーの車の下取りが高く買ってもらえるということがあるようです。

他メーカーの下取りを決して安く査定しているわけではありませんが、同じメーカーの車をあまり安く買い取るとイメージが悪いため、同じメーカーの方を高めに査定をしているということで、他メーカーが安く下取られるように感じるようです。

それに同じメーカーの買い取った車は自分のメーカーの中でメンテナンスしたり直営の中古車販売店に出せるので、コストもそこまでかかりません

他メーカーの場合、イメージの心配はいりませんね。むしろ転売しなくてはいけない手間やコストを考えると、その分が査定額から引かれてしまいますそうなるとどうしても安く下取ることになってしまいます

買取専門店に査定を依頼してみよう!

他メーカーでの買い替えの場合は、もちろん他メーカーにも査定してもらいますが、必ず買取専門店の査定を出しましょう

もし、査定額が同じくらいなら、他メーカーで下取ってもらっても良いでしょうが、おそらく買取専門店の方が高く買い取ってくれるでしょう。

ただこれら(他メーカーは下取りが安い)は絶対ではありません。他メーカーでも納得いく金額でしたら、そこで引き取ってもらっても問題はないですよ。

注意点

ローンが残っている状態で乗っている車を売却することはできません。車を買い取ってもらう場合はローンの支払いを済ませておきましょう。車を売った金額でローンを賄うということは可能ですから、買取専門店に相談してみましょう。

他メーカーに買い替えで気を付けること・車体の操作や装備編

試乗は必ずしましょう

これはメーカーを変えるというより、違う車種に変わる時はできるだけ行いましょう。1度だけでなく何度も乗った方が良いですし、別のディーラーで違うコースも走った方が良いですね。

ブレーキのかかり具合、シフトレバーの入れ具合、操作時の硬さやハンドルの重さは、メーカーや車種によって全然違います

外車の場合は配置などの確認も念入りに!

現行の外車はかなり国産車と仕様が似ているのですが、それでもワイパーとライト、ウィンカーの操作レバーが逆だったりしますから、配置をしっかり確認しましょう。

道を譲ってもらって「ありがとう!」サインをパッシングしようとしたら、ウォッシャー液が吹き出した!なんて恥ずかしいだけなら良いですが・・・。

危険が迫った時、焦るとそのまま事故になりかねません。走行中に操作するものは、必ず確認してください。

ドアの開け方が変?国産では自動だったものが当然のように手動?なかなか良い値段なのにこの内装?お国事情的仕様の装置?などはあらかじめ知っておかないと、長く付き合えませんね。

左ハンドルの助手席に配慮を!

外車は、最近では右ハンドルでの販売も多いですが左ハンドルを希望される方もいますね。左ハンドルの良いところもたくさんありますよ。特に左に寄せるのは本当に楽です。駐車券の発行も左ハンドルでも受け取りやすくなりました。

さて、左ハンドルって怖そう?と思うかもしれませんが、本当にびっくりさせられるのは左ハンドルの助手席です!運転する人は自分が運転するので、運転自体は難しく感じても大して怖くありません。

ですが左ハンドルの助手席は、対向車が自分の横スレスレに走っていくように見え、ぶつかりそうな感覚になります。おそらく今まで助手席でググー眠っていた奥様も、もう寝てなんかいられません。

ちゃんと運転しているのに、「ちゃんと運転してよ!」とキレられます。これももちろん慣れですしぶつかってくることもないのですが、知らずに乗ると人によっては二度と乗りたくなくなるようです。助手席に乗る方には一言断っておくなり、余裕があればちょっと大回りをするなどしてあげたいところです。

まとめ

一見面倒くさそうな他メーカーへの買い替え、そんなに難しくもないということが分かりましたね。ただ、注意したいことや押さえておきたいこともありました。

その辺りをちょっと意識することで、ずっと費用を削減できたり、乗り出しの時に戸惑わなくてすみそうです。人との関わりももちろん大切ですが、あなたが乗りたい車にあなたが快く乗れることを心から願います。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-車の買い替え

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.