トヨタ プリウス

新型プリウスの後部座席の広さと実用性はどう?ライバル車種との比較も

更新日:

プリウスは2015年に、誰もが驚く大がかりなフルモデルチェンジを決行しました。先代プリウス(30系)の面影を感じないスポーティーな外観と、近未来を思わせる先進的なインテリア。そして、ハイテクな機能と充実した安全装備の数々。

これまでのプリウスも十分に素晴らしいモデルでしたが、新型プリウス(50系)の完成度は頭ひとつ抜きん出ていると言わざるを得ません。

50系プリウスは「TNGA」を採用しています。「TNGA」はトヨタが新開発した次世代プラットフォーム「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ」の略称です。この「TNGA」を採用したことで、50系プリウスはこれまでよりも圧倒的な低重心ボディを実現しました。プリウス50系のスポーティーな外観は、「TNGA」の恩恵によるものだったんですね。

低重心ボディの恩恵は、スポーティーな外観だけではありません。一体感のあるドライビングポジションの追求や、違和感のない自然な挙動を実現した走り。車内の静粛性の向上、気持ちの良い加速感など、50系プリウスが「TNGA」の採用によって得た魅力は数多くあります。

しかし、50系プリウスの低重心ボディがもたらしたのはメリットだけではありません。たしかに、50系プリウスはスポーティーさが増しました。このスポーティーさを強く感じるようになった大きな要因のひとつに、従来よりも低くなったルーフが挙げられます。

全高を低く抑えることで、スタイリッシュな外観やコーナリング時の安定感などを得ることができるようになります。ただし、車内が狭くなり、圧迫感を感じるようになってしまうというデメリットもあるんです。

スポーツカーならばそれでもいいでしょうが、実用車であるプリウスにとって、車内空間の縮小は大きな問題です。もちろん、トヨタは全高を抑えつつも、車内の狭さを感じさせない設計をしています。こればかりは、文章で解説するよりも実際にチェックした方が早いと思うので、50系プリウスの後部座席をご覧ください。

プリウスの後部座席

引用元:プリウス公式ページ

まずは、50系プリウスの内装全体を見てみましょう。こちらはベースグレードである「E」の内装ですが、ベースグレードらしからぬ上品な佇まいです。前席やインストルメントパネル周辺もじっくりとチェックしたいところですが、今回は後部座席を中心に解説します。

「E」の内装色はご覧の通り、ブラックです。シート生地はファブリックを採用。座面と背もたれの模様はシンプルですが、50系プリウスの内装の質感向上に一役買っています。後部座席のドアトリムには、これといった特徴こそないですが、質感は高そうです。

ただし、この素材は小傷が目立ちやすい傾向にあるので、注意が必要ではあります。インサイドドアハンドルはメッキで光沢があって、高級感があります。些細な演出にも手を抜いていないのは、良い意味でトヨタらしくないですね。

次に、量販グレードである「S」と「A」の内装をチェックしてみます。

引用元:プリウス公式ページ

引用元:プリウス公式ページ

「S」と「A」の内装色は、ブラックとクールグレーの2色から選択することが可能です。シート生地は上級ファブリックを採用し、「E」の廉価ファブリックシートよりも質感・座り心地ともに向上していることがわかります。座面と背もたれのハニカム模様がおしゃれで、近未来感の演出にも一役買っているようです。

それにしても、内装色のクールグレーはとてもかっこいいと思います。次世代のハイブリッドカーであるプリウスにふさわしい、先進性のある内装色です。ブラックとの色分けが素晴らしいですね。

ブラックよりもクールグレーの方が、ハニカム模様がしっかりと目立っているように感じます。また、グレーのドアトリムも良いですね。ブラックよりも車内が明るいので、解放感を感じるでしょう。

プリウスには「ツーリングセレクション」と名の付くグレードがあります。内外装に一部変更があり、ちょっと上質なグレードのことです。「S・ツーリングセレクション」なら「S」よりも、「A・ツーリングセレクション」なら「A」よりも、満足度の高いグレードとなっています。

引用元:プリウス公式ページ

引用元:プリウス公式ページ

「S・ツーリングセレクション」と「A・ツーリングセレクション」には、シート生地に合成革が採用されています。「S」と「A」より、豪華な仕様になっていることがうかがえますよね。

内装色はブラックとクールグレーの2色です。ブラックは高級感を演出し、クールグレーは先進性とスポーティーさを演出しています。「S」と「A」の上級ファブリックも良いですが、「S・ツーリングセレクション」と「A・ツーリングセレクション」はさらに良いです。

最後は50系プリウスの中でも上級グレードとなる「Aプレミアム」と「Aプレミアム・ツーリングセレクション」の2つ。

引用元:プリウス公式ページ

引用元:プリウス公式ページ

内装色はこれまでのグレードと同様、ブラックとクールグレーの2色が設定されています。ただし、シート生地はファブリックでもなければ合成革でもありません。そう、「Aプレミアム」と「Aプレミアム・ツーリングセレクション」には、高級車の代名詞とも言える本革シートが採用されているんです。

ブラックは合成革よりも強いツヤがあります。だからと言ってギラギラしているワケでもなく、あくまで品のある光沢です。逆に、クールグレーは艶消しのような感じで、光沢が少ないです。ラグジュアリーよりもスポーティーを優先した感じですが、決して安っぽさはありません。

また、ところどころに縫い付けられているブルーのステッチから、50系プリウスが次世代のエコカーであることを改めて再確認させられます。内装色とステッチが、非常にマッチしていますね。

画像ではわかりづらいですが、「Aプレミアム」と「Aプレミアム・ツーリングセレクション」の本革シートは非常に質感が高く、合成革とは比べものになりません。また、レザーシート特有のムレが気になる人もいるでしょうが、穴あけ加工されているので通気性が高く、その点は心配ご無用です。

プリウスの後部座席の広さは?

続いて、50系プリウスの後部座席の広さをチェックしてみましょう。

引用元:プリウス公式ページ

50系プリウスは先代プリウス(30系)と比べ、全高が20mmダウンしています。20mmという数値は、一見大差ないようにも感じますが、横に並べたり、実際に乗ったりすると、その違いを感じることができると思います。

単純に考えると、全高が20mmダウンしているということは、後部座席のヘッドクリアランス(頭上空間)が20mmダウンしているということ。ですが、50系プリウスのヘッドクリアランスが狭くなっているかと言うと、実際はそうではありません。50系プリウスは「TNGA」による低重心化に伴い、シートを従来よりも低く配置しています。

そのため、全高が低いからと言って、ヘッドクリアランスが狭いワケではないんです。正直、50系プリウスのヘッドクリアランスは、先代プリウス(30系)と比べて大きな違いはありません。むしろ、50系プリウスは全高が低い分、思っているよりも余裕があって驚くかも。

次は、後部座席の足元の広さ。後部座席を活用する機会が多いユーザーにとって、足元の広さは特に重要です。足元が窮屈だと、車内で快適に過ごすなんてもってのほかで、ただただ苦痛と闘うのみ。そうならないためにも、購入前にしっかりと予習しておくことは大切なんです。

実際にディーラーへ足を運び、試乗してください。と言いたいところですが、そういうワケにはいかないから、当サイトに足を運んでいるんですよね。50系プリウスの足元の広さは、正直、過もなく不可もなく、といったところ。特別狭いワケではないので、お出かけやプチ旅行なんかには十分な広さを確保していると思います。

ただし、特別広いワケでもなく、過信は禁物です。足を組むと、成人男性ならば前席に干渉すると思います。もちろん、前席のシート位置にもよりますけどね。

プリウスの後部座席は快適?

引用元:プリウス公式ページ

50系プリウスの後部座席の広さをじっくりとチェックしました。ズバリ、50系プリウスの後部座席は快適なのでしょうか。

答えは、乗車する人数次第です。50系プリウスは最大5人の乗車が可能です。当たり前ですが、5人が乗車すると、後部座席に乗る人数は3人となります。

50系プリウスは3ナンバーセダンに該当するので、ボディサイズも小柄ではありません。ですから、窮屈かと言われるとそうではありません。ただし、少なくとも快適ではないのでご注意を。長時間肩が触れるのは、思いのほかストレスが溜まりますよ。

これが5人乗車ではなく4人乗車となると、話が大きく変わってきます。後部座席には2人が座ることになり、1人分のスペースが空くので余裕が生まれますよね。

引用元:プリウス公式ページ

このように、後部座席中央のアームレストを引き出すことができるので、その快適性はグンと上昇するでしょう。このアームレストは、2人が肘を置いても十分な幅があります。

また、ドア側のアームレストと高さと角度を合わせているので、両肘を置いたとき、まるでソファに座っているかのようにくつろぐことができますよ。ドリンクホルダーが2つありますが、中央が繋がっているので、スマホなどを倒して置くことが可能です。

4人での乗車(後部座席には2人)ならば、50系プリウスの後部座席は非常に快適だと言えます。

ライバル車種の後部座席の快適性をチェック!

さて、50系プリウスの後部座席をじっくりとチェックしたところで、次は50系プリウスと競合する車種の後部座席を確認してみましょう。50系プリウスのジャンルは3ナンバー4ドアセダン、もしくは3ナンバー5ドアハッチバックです。トランクスペースを有するいかにもセダン、といった感じでもなければ、テールゲートが垂直になっているハッチバックの類でもありません。

日本を代表する大衆モデルでありながら、ある意味特殊な自動車である50系プリウスにはどんな自動車が競合するのか。強いて言えば、燃費性能が高い5人乗りの自動車です。

そんな自動車はたくさんありますよね。今回はその中でも、特に50系プリウスのライバルとして立ちはだかりそうな自動車をピックアップしてみました。

トヨタ・プリウスPHV

引用元:プリウスPHV公式ページ

まずはご存知、現在のトヨタの代表車種である50系プリウスの派生モデル、プリウスPHVです。50系プリウスのライバル車種を頭の中でイメージしたとき、1番最初に浮かんだ自動車がプリウスPHVでした。50系プリウスを購入する人の中で、おそらく最も悩んだ自動車はコイツではないでしょうか。

プラグイン・ハイブリッドを搭載したプリウスPHVは、簡単に言えばハイブリッドカーとEV(電気自動車)の良いところを集めた自動車です。ディーラーやさまざまな施設に設置された充電スタンドだけでなく、家庭用コンセントでも充電することができるというメリットがあります。

充電が切れたら50系プリウスと同様にハイブリッドカーとして、ガソリンを消費して走行することができます。EV走行だけでなく、ガソリンでの走行時も高い燃費性能を実現。好みにもよりますが、50系プリウスよりもスマートな外観を採用し、より一層先進性を感じさせます。

上辺だけ見れば、50系プリウスの完全上位互換とも言えそうなプリウスPHV。しかし、そんなプリウスPHVにも弱点はあって、一概に50系プリウスの上位互換とは言えないのです。

プリウスPHVの弱点は、後部座席を見るとすぐにわかります。

引用元:プリウスPHV公式ページ

「Aプレミアム」と「Aレザーパッケージ」に設定されている本革シートとクールグレーの内装色。50系プリウスにも設定されていますが、この近未来感のあるインテリアは本当にクールでカッコいいですね。ただし、今回注目すべきはシート生地でもなければ、内装色でもありません。

後部座席の中央をご覧ください。快適そうなアームレストがあります。ドリンクホルダーも2つあって不足はありません。ただ、残念なことに、このアームレストとドリンクホルダーは、収納することができません。後部座席中央に人が座ることができないんです。プリウスPHVの最大の弱点、それは乗車定員が4人だということです。

50系プリウスの後部座席は決して、5人乗車(後部座席に3人)が快適ではありません。でも、後部座席に3人座ることはできます。プリウスPHVはそもそも4人しか乗ることができないので、極端な話をすれば、軽自動車と同じです。もちろん、乗り心地や快適装備などに圧倒的な差はありますけどね。

定員が4人であることを割り切って設計されているプリウスPHVは、4人乗車ならばその快適性は50系プリウスをしのぎます。それは後部座席の形状を見れば一目瞭然です。ただし、乗車定員が少ないという大きな弱点があるので、その点に関しては50系プリウスの方が一枚上手ですね。

日産・リーフ

引用元:リーフ公式ページ

続いて紹介するのは、技術の日産が誇る100%電気自動車、リーフです。従来の自動車のようなエンジンは搭載していません。リーフに搭載されているのは、大容量のバッテリーと高出力のモーターのみ。先代リーフよりも大型のバッテリーを搭載しているため、EVの弱点のひとつでもあった最大航続距離は改善しつつあります。

外観も先代リーフのもっさりとしたデザインから、先進性を感じるシャープなデザインへと変貌を遂げました。50系プリウスやプリウスPHVのような独特のリア形状ではなく、定番の5ドアハッチバックスタイルで、リアビューの先進性は50系プリウスと比べると薄いですが、豊富な先進安全技術や快適装備がユーザーのドライビングをサポートしてくれます。

そんなリーフの後部座席をチェック。

引用元:リーフ公式ページ

画像は最量販グレード「S」の内装です。上級グレードの「S」や「X」には本革シートの設定もあります。ドアトリムなどの装飾から、先進性を感じることができません。そこはマイナスポイントです。

後部座席の足元の広さはまずまずで、若干狭いかなといった印象を受けます。個人的に残念だと感じる点は、後部座席中央にアームレストが装備されていないこと。また、後部座席中央の足元が盛り上がっていますが、50系プリウスはここがフラットになっています。

5人乗車時、後部座席中央に座る人の快適性は50系プリウスの方が上。4人乗車の場合でも、アームレストの有無やシート形状から、50系プリウスの方が勝っていると感じます。トヨタが50系プリウスのことをセダンだと言い張る理由は、後部座席の作りこみにあるのかもしれません。

マツダ・アクセラ

引用元:アクセラ公式ページ

最後に紹介する50系プリウスのライバル車種は、マツダの世界戦略車であるアクセラ。自動車学校の教習車としてもよく見かける車種ですが、アクセラの魅力はデザイン性の高い外観と多彩なラインナップ(グレード構成)です。

マツダが初代CX-5に初採用して以降、すべてのマツダ車に採用されているデザインアイデンティティ「魂動」。自動車に生命感を吹き込むそのアイデアは世界的に評価され、マツダのイメージがひと昔前のそれとは変わりつつあります。

アクセラは2013年に登場した自動車で、発売から既に5年が経過していますが、そのデザインは全くと言っていいほど色褪せてはいません。50系プリウスやリーフのような先進性は感じませんが、今にも走り出しそうな躍動感を感じます。流麗なボディラインは獲物を狩ろうとする獣のようです。

アクセラには2つのボディタイプがあります。4ドアセダンと5ドアハッチバックです。5ドアハッチバックには「クリーンディーゼル」と「ガソリン」の2種類が設定。4ドアセダンには「クリーンディーゼル」と「ガソリン」に加え、「ハイブリッド」が設定されてます。ちなみに、このハイブリッドモデルが搭載しているハイブリッドシステムはトヨタのモノです。

2つのボディタイプ、3つのパワートレインから、自分にマッチするグレードを選ぶことができるのは、アクセラ最大の魅力だと言えるでしょう。

そんなアクセラの後部座席をご覧ください。異なる外観を持つアクセラですが、内装は共通です。

引用元:アクセラ公式ページ

画像はアクセラスポーツ(5ドアハッチバック)のクリーンディーゼルモデル最上級グレード「22XD・Lパッケージ」のモノで、内装色はパーフォレーションレザー(ピュアホワイト)。インテリアデザインからもマツダのこだわりを感じることができます。後部座席のドアトリムは上品ですが、50系プリウスのような先進性は一切感じません。

座面が前方向に突き出ているため、4人乗車時の後部座席の快適性は高そう。アームレストもしっかりと装備されていますね。ただし、全体的にタイトで、50系プリウスの方がゆったりとくつろぐことはできそうです。5人乗車時の快適性は、広い分プリウスの方が上でしょう。

50系プリウスの後部座席は快適

これで競合車種の3車種との比較が終わりました。4人乗車での快適性が最も高いのは、間違いなくプリウスPHVです。次点で50系プリウス、もしくはアクセラでしょう。5人乗車での快適性に関しては、文句なしで50系プリウスがNo.1です。

やはりトヨタが頑なに50系プリウスのことをセダンだと言い張っているだけあって、後部座席の快適性は非常に高いことがわかりました。広さに関してはまずまずですが、タイトな方が好きな人もいますし、実際はユーザーそれぞれで評価が異なると思います。

50系プリウスはトヨタ系ディーラーであれば全店で販売されています。おそらく大半のディーラーが試乗車を用意していると思うので、50系プリウスの後部座席が気になる人は、ぜひ1度ディーラーへ足を運んでみてくださいね。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, プリウス

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.