トヨタ プリウス

新型プリウスベースのSUV【C-HRってどんな車?いつ発売?】

更新日:

2015年に新型として生まれ変わったプリウスは今までのハイブリッドカーのイメージを一掃して、走りやデザインもカッコよくなりました。当然予約注文は殺到し、売り上げも好調ですが・・・。

実はトヨタには悩みがありました。RAV4もヴァンガードもRASHも販売終了となっており、SUVがブームだというのにトヨタから販売されているSUVがハリアーしかなくなってしまったのです。

もっとたくさんの人にSUVを楽しんでもらいたいのに、ハリアーは価格、スペック共になんとなく高級志向。丁度良いSUV販売の点で乗り遅れている・・・

そこでトヨタは新型プリウスをベースにしたハイブリッドタイプのSUVC-HRを発表しました。今回はプリウスのSUVと言われているC-HRがどんな車なのか、販売はいつなのかを探ってみましょう。

C-HRはどんな車?

モーターショーで話題沸騰

color_3t3

引用:http://toyota.jp/c-hr/bodycolor/?padid=ag403_chr-sg_160928_stt_chr_top_bcolor_nav

C-HRは2016年春に行われたジュネーブ・モーターショーで発表されています。1,2Lという小さなエンジンプリウスと同じハイブリッドシステム、無駄のない立体的なデザインが話題となりました。

SUVブームに乗り遅れたとは言わせない、世界を視野に入れた開発となり、モーターショーでの発表の時点でかなり注目されていました。

いままで「SUVはトヨタじゃないだろ?」とアンチトヨタだった方も、C-HRには心を奪われることでしょう。

エクステリアはヨーロッパ調

img1

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

新型プリウスを始め、最近のトヨタの車はエクステリアにかなり力を入れています。C-HRの場合は、ヨーロッパテイストを盛り込んだ仕様で、スタイリッシュでクールに攻めています。例えば後部座席のドアノブは一見どこにあるかわからない2ドアクーペ仕様。無駄を省き彫刻のようにカットされたボディはダイアモンドのブリリアントカットをイメージしているとか。

C-HRはかっこいいだけではなく、賢さや力強さを盛り込んだイイトコ取りなデザインに仕上がっています。

内装は近未来をイメージ

img1-1

引用:http://toyota.jp/c-hr/interior/?padid=ag403_chr-sg_160928_stt_chr_top_interior_nav

SUVというとアクティブやカジュアルなイメージを強調した、どちらかというとアウトドアっぽい傾向の内装が多い中、C-HRは先進性をぐっと大人っぽくまとめたインテリア。

操縦しやすいさを一番に考え、さらに高級感と未来感を合わせた、このサイズでこのスペック?目を疑うようなこだわりを感じます。

ダウンサイジングターボ1,2LエンジンとTNGAの採用

SUV車は多目的仕様ということで、通常の車よりパワーを求められます。それなのにC-HRのエンジンの大きさは1200ccと非常に小ぶり。この大きさは通常のコンパクトカーの中でも小さい方になります。

それなのに非力さを感じさせないのはターボのおかげ。コンパクトSUVとはいえ1500ccは欲しいところをダウンサイジングし、ターボで補うことで、エンジンのパワーをキープします。SUVは車両重量がただでさえ重いところ、重量も燃料の消費量もカットすることができ、燃費向上に役立ちます。

ハイブリッドシステムは、新型プリウスに採用されているものと同じものが採用されます。基本はガソリンタイプでハイブリッドタイプの展開もあるSUVはたくさんありますが、プリウスベースとなると燃費もかなり変わってくるのではないでしょうか?

また、新型プリウスといえばハイブリッドシステムの他にもTNGAの採用。これによりプリウスは劇的に剛性燃費乗り心地などが改良しました。SUVとなると、プリウスより条件は悪くなりますが、それをしっかりカバーしてくれることが期待できます。

ライバル車ヴェゼルの立ち位置が危うい!

pic_styling_bodycolor_08

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ところでヴェゼルはSUVの中でも人気ナンバー1と言われるほど売れています。ヴェゼルもヨーロッパ調のデザインでこだわったスタイリッシュなエクステリアと、SUVの割には比較的小さな1500ccエンジンが採用され、価格も手頃と人気を独占していました。

C-HRの外観をみると、やはりヨーロッパ調で後部座席のドアノブの作りなどは、ヴェゼルと良く似ていて、意識しているのかな?と思わざるを得ません。

1,2Lのダウンサイジングターボエンジンは、ヴェゼルよりさらに小さなエンジンでパワーを感じさせてくれることが期待できますし、ハイブリッドは得意分野

ホンダの営業の人が、「C-HR出るの嫌だなぁ〜」とこぼしていましたが、これは確かに人気を奪われてしまいそうな仕上がりです。

 発売予定はいつ頃?

すでにトヨタのホームページや、雑誌でも発表が取り上げられていますが、まだ具体的な発売日は定められていません。

ただ、ディーラーでも、2016年の春頃に「秋か年内には販売が決まると思うよ!」という話が営業の人にも話されていたことから、年内に発売されるのは間違いないのではないでしょうか。

先行予約が12月中頃辺りから!

フルモデルチェンジや新登場で発売される車種では、一般に発売される前に先行予約が行われることがあります。C-HRの場合、12月の中頃辺りに先行予約が開始されるのではないかと予想されています。

先行予約のメリットとしては、先行予約特典(大体は値引き)があることいち早く納車されることがあります。

もう絶対C-HR!と決めている方には外せない予約ですが、実態がわからない状態での購入になることもありますから、ディーラーではじっくり説明してもらった方が良いですし、できるだけ情報を集めたいところです。

実物の情報収集はまだ難しい

11月26日に富士スピードウェイにて先行試乗会が行われますが、すでに予約を締め切っていますし、場所が特定されていることでなかなか足を運ぶことができない方も多いでしょう。

サイトなどで、スペックやエクステリアなどのおおよその情報はありますが、いきなり先行予約をしてしまうのはなかなか勇気が要る決断ですね。

他のSUVを試乗してイメージをつかむ

そうはいってもいち早くC-HRのことを知りたい方もいるでしょう。そんなときはひとまず、ジュークやヴェゼルを見に行ってみるというのも手ではないでしょうか?

特にヴェゼルは、車体の大きさではC-HRの方が多少幅が大きくなりますが、ドアの作りやハイブリッドがある点などで比較ができます。

もともとSUVに乗っていたのであればいくらか感覚がわかるでしょうが、初めてSUVを選択するのであればまだ発売までに時間がありますし、他の車種に乗っておくことで、どこが良いのか?なども具体的に実感できるのではないでしょうか?

もし先行予約を考えているのなら、トヨタのホームページなどで情報を集めつつ、ヴェゼルの試乗などをすることでイメージを掴みやすくなるでしょう。

まとめ

トヨタのSUVといえばハリアーしかなく、でもハリアーは高級志向でいくら人気とは言っても購入する人を選ぶような存在でした。今回発表されたC-HRは、カジュアル過ぎず大人っぽ過ぎず大き過ぎずと、いままで二の足踏んでいた方にも選択しやすくなりそうですね。

しかもベースがプリウスということで、SUVの悩みの種だった燃費の悪さも解消されそうな予感です。発表前からずいぶん注目を集めていましたが、いよいよ実物に触れられる機会が迫ってきています。

具体的な発売日などはまだ公表されていませんが、ディーラーでおおよその話を聞くことはできるでしょうから、気になる方は是非、お店に足を運んでみてはいかがでしょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, プリウス

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.