車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

トヨタ プリウス

新型プリウスと新型プリウスPHV!買うならどっち?

更新日:

プリウスが新型としてデビューし、はや1年。今回のモデルチェンジでは、プリウスのあまりの変わりように誰もが驚かされました。ところでプリウスには、家庭でも充電ができるプラグインハイブリッドタイプのPHVがありますが、いよいよPHVも新型として発売されるようです。

コンセントが付くだけでしょう?

と思った方もいるでしょう。確かに今までのPHVは外観も装備もそこまで大きな変化がありませんでした。

しかし今回の進化の仕方は世界でも注目される「世界初!」装備の搭載で、燃費の面でも大きく変化を遂げています。

これは、どっちを買うべきか、悩むところですね。今回はプリウスと新型プリウスPHV、どっちがどう優れているかを比較してみましょう。

燃費で選ぶなら断然PHV

プリウスのカタログ燃費は40.2km/L。それと比較すると新型プリウスPHVの燃費は37km/L。これなら燃費はプリウスの方が良いように思えます。

PHVではEV走行が60kmまでできます。しかも、通常ですとちょっとパワーが必要に感じるシーンではエンジンでの走行に切り替わるところ、PHVは、138km/hまで、EVモードのみで走行することができます。

普段の道で138km/hなど出しませんから、普通にお買い物や送迎、ちょっとした用事で出かけるぶんには、EV走行だけでまかなえてしまいます。

ところで燃費をよくする一番の方法は、給油をしないことです。新型プリウスPHVで、普段60km範囲内の仕様でしたら、給油をする機会がぐっと減るということになります。

マンションに住んでいても安心して購入できる電気自動車

EV走行がメインですが、充電が切れたらハイブリッドモードに切り替わります。この時、チャージモードに切り替えると、走行しながら充電をすることもできます。

ソーラーパネルで太陽光エネルギーも充電できますから、今まで住まいがマンションのため、電気自動車の購入に二の足を踏んでいた方も、検討を視野に入れることができます。

車体価格を選ぶならプリウス

実はまだ、具体的な金額は出ていないのですが、現行プリウスSグレードの車体価格が約250万円となります。現行プリウスPHVの車体価格はSグレードで約295万円になります。現行PHVが発売された時プリウスは3代目に当たっていたので、3代目Sグレードの価格も調べると、約230万円とあります。

3代目プリウスと現行PHVの価格差は約65万円ですが、プリウスの価格自体がモデルチェンジで20万円値上がりしている現時点では、65万円の上乗せでは購入できないと考えられます。

そうなると車体価格だけで約80万円以上の上乗せも想像でき、プリウスとは別の車と考えざるを得ません。燃費がいくら良くても80万円の元は取れないでしょうから、車体価格で見ると、プリウスを選択した方が良いでしょう。

走行性能重視ならプリウス

日常、60km範囲内での走行が多いとなれば燃費の面では相当なコストパフォーマンスとなりますが、新型プリウスPHVはEV走行に重点を置くため、2モーターの搭載となり車体重量が150kg分重くなっています。

新型プリウスPHVは、静粛性、滑らかな走り出しに関しては高級車の様だ!とまで言われていますが、重量が増した分はやはり走行性能に影響が出やすくなり、ハンドル操作はしにくくなります。

そこで、走行にこだわる方はタイヤを変えたりするわけですが、プリウスは今回のモデルチェンジで、走行性能がとても良くなっています。特にハンドルの切れはとても良く、運転していて楽しい!と感じる方が多い様です。

購入後、タイヤを変えたりすることなく、運転を楽しむなら、プリウスでしょう。燃費はそこそこで、走行性能を重視したらプリウスを選択した方が後悔しなそうです。

未来感を噛みしめたいならPHV

燃費ももちろん良く、購入後のお財布には当然優しくなりますが、それはさておき、とにかくいまの時点で最先端の車に乗りたい!というのであれば、絶対にPHVはオススメです。

もちろん、上を見ればMIRAIなどもありますが、水素ステーションは充電スポットよりさらに数が少なく、その上車体価格も高額で一般向けとは言い難い存在です。

完全な電気自動車は確かにハイテクですが実際に乗りこなすとなると誰もが走行距離バッテリーの計算を瞬時にできるわけではなく、ややストレスとなりそうです。

新型プリウスPHVはEV走行も得意とし、家で充電もでき、太陽光もエネルギーとして利用することができます。しかも、いざとなればちゃんとハイブリッド走行もしてくれるます。

一見、まだエンジンを積んでいるところに時代遅れを感じがちですが、忙しい日々を送りつつ、エコに貢献し、燃費も抑えられる、現時点で万人が手に入れられる最先端の形ではないでしょうか?

モデルチェンジでかっこ良くなったプリウスとはさらに差別化し、より先進的でスタイリッシュなボディデザイン、縦型ディスプレイはナビだけでなく、いろいろな制御ができるナビゲーションとして装備され、欲しかった!がぎっしり詰まっています。

新型プリウスPHVはまさにイイトコ取りではないか?と感じます。

まとめ

プリウスと新型プリウスPHVを比較すると、名前は似ているけど別の車種?というような気がしてしまうほど、今回のフルモデルチェンジでPHVは進化することになりそうです。

ただ、「プリウスといえば燃費!とエコ!」の面だけを取り上げれば、PHVの方がより低燃費なハイブリッドカーとなりそうです。また、ハイブリッドでも走る楽しみを諦めたくないということを重視すれば、やはりプリウスの方が楽しく乗ることができます。

この冬プリウスはハイブリッドの枠にとどまらず、走れるプリウス、バンタイプのプリウスα、多目的なC-HR、最先端のPHVと個性的な顔が揃いそうですね。まもなく発売です。PHVが実際の発売でどれくらい注目されるのか?楽しみです。

損しないでプリウスに買い替える方法

プリウスへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くプリウスへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、プリウスを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-トヨタ, プリウス

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.