車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

トヨタ プリウス

新型プリウスのPHVを徹底解説【燃費やデザインは?】

更新日:

2015年は生まれ変わった新型プリウスの刷新っぷりが話題でしたが、2016年秋には早くも新型プリウスPHVの発売が予定されています。

立て続けの発表で驚かされましたが、新型プリウスPHVの進化にもまた驚きです。今回の開発では、ソーラーパネルの標準装備やEV走行距離60km、また、以前とは違いボディデザインの変更もありました。

それでは新型プリウスPHVがどう変わったか見てみましょう。

ところでPHVとは?

まずはPHVってなんだろう?というところに少し触れましょう。

PHVのPはプリウスのPではなく・・・。プラグインのPになります。プラグインとは、「差し込む」という意味になりますが、何かを追加し機能を拡張するという意味でも使われています。

つまり、電力での走行を基本とした時、電池切れの問題を補うためにさらに何かで補強するということになります。

家庭用電源から充電できる現行プリウスPHV

現行プリウスでは電池切れの問題を補填するために、家庭で充電できるようにしました。それにより、EVスタンドを探し回らなくても手軽に充電がでますね。

モーターも通常のプリウスより大きなものを搭載することで、ガソリンよりEVでの走行が、より可能なようになっています。

太陽光エネルギーを活用し、さらなるEV化

もっと手軽に充電ができたら・・・いやできるはず!

新型プリウスPHVは車体の屋根にソーラーパネルを載せることを標準装備としました(現行モデルではオプション)。これなら、充電することばかり考えなくても、太陽光さえあれば勝手に充電ができますね。

充電スタンドがない駐車場、ひどい渋滞でスタンドまで当面たどり着けない、災害で停電してしまったなどという時にも慌てることがなくなります。

燃費や走行距離はどう変わった?

新型プリウスの燃費が40,08km/Lという数字を出しているのに対し、新型プリウスPHVは37.02km/Lと、あまりパッとしません

確かに燃費だけを見るとよくなっているようには思えませんが、バッテリーの変更やソーラーパネルの搭載により、EV走行距離が長くなったり充電時間の短縮ができるようになっています。

現行プリウスPHV・・・264km

新型プリウスPHV・・・60km

現行と新型を比較するとEV走行距離が2倍以上に伸びているのがわかりますね。

ソーラーパネルのフル活用化

現行プリウスPHVでは、ソーラーパネルがオプションでした。このソーラーパネル、新型プリウスPHVでは駆動用バッテリーに充電することができるようになりました。

ですから太陽光の下にあれば、いつでも充電ができてしまいます。充電時間も短縮できるようになりますね。

また、オプションでは急速充電器にも対応できるようになるので、いつも電池が満タンに近い状態を保つことが可能になってきます。

バッテリーの軽量小型と増量

EV走行距離を伸ばしたければバッテリーの量を増やせばいいのですが、従来のバッテリーは大きくて重く、車体重量も増やしてしまいます。そうなるとせっかくバッテリーのパワーが上がっても、燃費は悪くなり意味がありません。

新型プリウスではリチウムイオンバッテリーを採用し、燃費の向上、底重心化や居住空間の拡大をはかりましたね。

新型プリウスPHVでもこのバッテリーを採用することで、今までより多くバッテリーを積むことができるようになりました。そのため、EV走行距離が2倍以上の60kmまで伸ばせるようになったわけです。

ガソリンでも走れる実用性を忘れない

燃費が37.02km/Lでは新型プリウスより燃費が悪いと判断されがちですが、新型プリウスPHVはEV走行距離をぐっと伸ばすことで燃費分をカバーしています。むしろ普段EVメインで乗るのなら、燃費が37,02km/Lでも、あまり問題にはならないのではないでしょうか?

それよりも新型プリウスPHVはEVでの走行をメインと考えていて、緊急時にはガソリンでも走れるという、どの体制でも車として機能する実用性を追求しています。

デザインも先進的に!

現行プリウスPHVのボディデザインは通常のプリウスと変化があまりなく、見た目には特別感がありませんでした。新型プリウスPHVはフロントグリルやヘッドランプ、リアデザインが変わっています。

見た目としては、現行プリウスPHVなどと比べると先進的でシャープな印象になり、新型プリウスとの比較では、新型プリウスに落ち着きやクールさをプラスしたような印象に仕上がっています。

4眼LEDヘッドランプ

新型プリウスもヘッドランプが小さくなったと感じますが、PHVではさらに小さくなり横4つに並んで配置されています。

車のフロント部分を良く顔に例えて表現しますが、新型プリウスPHVの場合、細くコンパクトになったヘッドランプは、鋭いだけでなく、まるで遠くを見据えているような落ち着きを感じます。

バックデザイン

新型プリウスのバックデザインが、先代プリウスと比較してお尻が小さくなったというイメージなのに対し、新型プリウスPHVのバックデザインはとても個性的

空気の流れをイメージしたリアウィンドウはダブルバブルバックドアウィンドウを採用し、波打った形状をしています。一目で新型プリウスPHVと分かるとても先進的でかっこいい後ろ姿です。

内装にはタッチパネルを採用

運転席のとなりにはめ込まれたナビはタッチパネルとなっています。ただ、これはちょっと賛否両論ありそうです。

最近は車にスマホやタブレットを装着している方もいるかもしれませんが、走行中の揺れと戦いながらタッチパネルを操作するのは結構難しいと感じるかもしれませんね。

見る限りでは操作ボタンが大きいようなので、その辺りも考慮されているのでしょうか。実際試してみたいところです。

まとめ

新型プリウスPHVはハイブリッドカーの中のハイブリッドカーとして進化を遂げました。外装も今までの慎ましい存在から、ハイブリッドの王道を謳歌するような佇まいになりました。

今までは実験的だった機能も標準装備されることとなり、また、機能自体も改良され環境にもより優しくなっています。発表は2016年秋!と公表されています。実際に体感できるのが楽しみですね。

損しないでプリウスに買い替える方法

プリウスへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くプリウスへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、プリウスを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-トヨタ, プリウス

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.