トヨタ ルーミー

トヨタルーミーの口コミ・評価を総合すると素晴らしいデザインな車だった!

更新日:

トヨタの誇る人気のコンパクトカー「ルーミー」昨今のダウンサウジングの需要にしっかりと応えたルーミーは巷でも高評価を受けています。その良さはなんと言ってもコンパクトなデザインにも関わらず広々と使える車内空間にあるのではないでしょうか。それを可能にしているのが、小さな外形に絶妙にマッチさせた高い車高でしょう。

これは軽トールワゴンの代表格でもあるタントの開発を手掛けたダイハツが開発したクルマだということが大きいでしょう。しっかりとタントの技術を活かしながら作った普通車ということで巷でもかなり話題になりました。

さて今回はそんなルーミーの評価や口コミを様々な視点から取り上げ、いったいルーミーとはどんな車なのかを徹底的に解説していこうと思います。これからルーミーの購入を検討している人やコンパクトカーの購入をお考えの方に参考にしていただければと思います。

エクステリアに対する評価・口コミ

ルーミーのエクステリアに対する口コミはかなり良いものが目立ちました。タントのようなハイトワゴン系のデザインを好むユーザーから高評価を集めているようです。

比較対象によくあがるのが同じトヨタのタンクですが、フロントデザインはルーミーを好む口コミの方が多かったのに対し、リアのデザインはタンクを好む口コミが多かったのが印象的でした。ルーミーはフロントデザインが良く、リアデザインはいまいちのようです。リアビューはカスタムなりでカバーする必要がありそうですね。

コンパクトカーなので全長、全幅共に小さめに設計されているのにも関わらずその車高のおかげでかなり大きいという印象を持つ方が多いようです。乗ってみると小さくて運転しやすく、外から見ると大きく迫力あるように見えるのもルーミーの魅力の1つですね。

ルーミーのエクステリアに対する口コミをまとめるとかなり高評価なものが多かったです。

インテリアに対する評価・口コミ

インテリアに対しては良くも悪くもシンプルだという評価が多かったです。ノーマルは黒とオレンジ、カスタムは黒と青を基調に統一されておりデザインに対する評価は上々です。ただし内装の質感はシンプル過ぎて軽自動車感を脱せていないという口コミも散見されました。

逆にこのクラスとしては上出来という口コミも散見されましたが、枕詞のように「このクラスにしては」という言葉が付いていたので、そこまで期待を持てるものではないようです。

リアシートが左右分割スライドをしたり後席足元へ収納することで大空間の荷室が作れたりすることへの評価は軒並み高く、これはタントなどの技術を継承したダイハツならではの室内設計と言えるでしょう。

ルーミーの内装に対する評価は可もなく不可もなくといったところでしょう。ただし後席のアレンジ力にはかなり高評価が集まっていました。

走行性能に対する評価・口コミ

走行性能はあまり期待できそうにありません。買い物や街乗りならばそこまで違和感なく走れるようですが、1000ccのエンジンで重い車体を動かすため加速が遅かったり、高速走行ができなかったり、坂道を上る時にパワーがなかったりと、かなり走行に難があるようです。

高速走行やアップダウンの激しい道を走行する方の場合はターボにした方が良いという口コミを多く見ました。また車高が高いため急カーブや横風にあおられた際の安定感がない、カーブを曲がるときに遠心力がかかるなどの欠点もあげられていました。

街乗りや近距離の走行でしか使わない主婦の方などからは走行性能に対する悪評は出てきていなかったため、そういった利用用途であれば走行性能も気にならないと思いますが、期待はしない方がよさそうです。

乗り心地に対する評価・口コミ

乗り心地に対する口コミも賛否両論でした。ルーミーはダイハツが設計する軽自動車の延長の車種であるため、普通車のコンパクトカーを期待して乗った方は悪い評価をし、大きい軽自動車に乗るつもりで乗った方は良い評価を付けているという印象です。

足回りはかなり硬いようで、乗り心地もあまり期待できるものではなさそうです。ゆっくり走るのには問題ない程度だという認識でいれば間違いないでしょう。

ルーミーの乗り心地に関する評価は良いとは言えないものでした。

燃費に対する評価・口コミ

ルーミーのカタログ燃費は2WDのNA車で24.6㎞/L、ターボ車で21.8㎞/Lとなっています。これは同クラスの車種に比べるとかなり劣る数値で、口コミや評価を見ても燃費に対しては不満を持っているユーザーが多いように感じました。

燃費に関してはスズキの同クラスの車「ソリオ」と比較されることが多いようで、燃費でいうとソリオには太刀打ちできないようです。燃費を気にするならばルーミーを選ぶべきではないかもしれません。

価格に対する評価・口コミ

ルーミーの価格に対する評価や口コミを見るとほとんどのユーザーが満足していました。

価格に関しては軽トールワゴンと比較されることが多く「タント」や「N-BOX」などとの比較が目立ちました。ルーミーは最低グレードで1,463,400円、最高グレードでも1,965,600円とタントやN-BOXと比べても引け劣らない価格設定となっています。

そのため軽自動車を買う予算でも十分手の届くトールタイプのコンパクトカーということでユーザーにとっても納得いく価格だったということでしょう。オプションを付けると少し高くなるという意見も少しありましたが、それはどの車種でも同じことです。

ルーミーは価格に関しても高評価だと思っていいでしょう。

総合的な評価・口コミ

ルーミーの口コミを総合的にまとめていくと、まずエクステリアに関してはかなりの高評価であり満足しているユーザーが大半です。そしてインテリアに関してもおおむね満足しているユーザーが大半で1000ccクラスにしてはシンプルにスッキリまとまったデザインのようです。また価格に関しても満足しているユーザーが多く納得いく価格設定だということがわかります。

逆に走行性能や乗り心地、燃費に関しては不満を持つユーザーが多く、評価も良くないものが多かったのでそういった所を求める方には不向きな車なのかもしれません。

ただしコンパクトカーに求められるのはデザインと価格、そして燃費であり走行性能や乗り心地は及第点であることを考えると無視していいレベルの口コミなのかもしれません。燃費が悪いところはいただけませんが、デザインや価格と天秤にかけて納得できるならばルーミーは買いでしょう!

ルーミーは洗練されたデザインに惹かれたなら買うべき車です!

今回はルーミーの口コミや評価を見ながら、いったいルーミーがどういった車なのかを徹底解説していきました。各項目に分けて口コミや評価を見ていくとわかってくることが多々ありました。

ルーミーを購入した方の多くはそのエクステリアのデザインに惹かれて購入しており、また価格も安価に抑えられているため購入しやすかったという意見を多く見ることができました。

乗り心地や走行性能、燃費などに期待できない分、エクステリアにしっかり惹かれている場合でないと購入は考えた方が良さそうですが、それらを補って余りある洗練されたエクステリアデザインがルーミーの最大の魅力ですよね!

これだけ多くのユーザーを魅了しているのが良いデザインの証拠です。価格も安価に抑えられていますのでルーミーのデザインが好きだという方は思い切って購入してみてはどうでしょうか?

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-トヨタ, ルーミー

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.