車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:HONDA公式ページ

フィット ホンダ

フィットベースだけどフィットじゃない。シャトルって何?

更新日:

フィットのお兄さんのような存在として、フィットとともに人気を集めていたフィットシャトルは、大きすぎず、小さくもない扱いやすいサイズのステーションワゴンです。

2015年夏にモデルチェンジをしましたが、あれ?名前を見ると「フィット」が外れてシャトルだけになってしまいました。

じゃぁもう、関係ないよね!といってしまうのは簡単ですが、つい最近までフィットシャトルとして製造されていたこともあり、現行でもフィットとの比較がよくされています。

今回はそんなシャトルがいったいどんな車なのか、探ってみましょう。

なぜフィットではなくなってしまったの?

dsn_photo02

引用:http://www.honda.co.jp/auto-archive/fitshuttle/2015/webcatalog/styling/

2015年3月まではフィットシャトルとして存在していたシャトルは、もともとフィットのワンランク上の存在でした。フルモデルチェンジで、さらにもうワンランク上げたい!そんな想いから、フィットとのつながりをなくし、シャトルとして独立しています。

 シャトルのベースはフィット15L

pic_gs_premium_white

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/gasoline/

独立したとは言っても、ベースはフィット。フィットを長くし、居住空間を広くしましたが、搭載されるエンジンも15Lでフィットと同じになります。そのため、フィットより大きくなってはいますが、コンパクトカーの枠から出ることもなく5ナンバーで扱いやすいワゴンとなります。

フィットとどこが違うの?

外観からして違う

type_hyb_x_mbm-pc

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/type/hybrid/

フィットと差別化を図るため、今回のフルモデルチェンジではボディデザインも変わりました。今までのフィットではスポーティなニュアンスは感じられても都会的とは言い難かったのですが、シャトルではアクティブというより先進的なイメージが強くなっています。

内装は高級感が満載

interior_design_main_visual

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/type/hybrid/

フィットの残念な部分としていつも付いて回っていた、質感の質素さ。これをシャトルでは感じることができません。ステアリングは本革巻、インパネ周辺やエアコンの吹き出し口周りはピアノ超ブラックの光沢ある装飾が施されています。

ハイブリッドでは専用メーターのライトが2重に装飾され、走行の仕方によってエコな運転ができているかを色で表示します。この照明もまた、アクティブなだけではなく先進的なイメージを引き出しています。

静粛性を強化

top_fuel

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

フィットよりも高級感を高めるためには静粛性にもこだわりたいところですね。また、静粛性をあげることで、長距離運転での疲労も軽減することができます。

シャトルではガラスにフィルムを挟み、耳障りなロードノイズシャットダウンします。このシャットダウンにはややこだわりがあり、心地よいエンジン音などは完全に消してしまわないようできています。

走行性能では安定性を充実

performance_driving_damper

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/performance/driving/

フィットが走りを楽しむことができるチューニングとなっているのに対し、シャトルはフワフワもしないし硬さも感じないサスペンションを採用することで乗り心地が良く長時間乗っても疲れないように設定されています。

フィットの居住性をさらに生かした室内空間

フィットは居住空間を広くするために、センタータンクレイアウトでシートの下にガソリンタンクを潜り込ませています。シャトルでもこの設計が採用されているので、フィットと同じように居住空間を広く保ちます。

車体としてはフィットよりも50cmほど長くなるため、居住空間はさらに広くなり活用の幅も広がります。

簡単に広々ラゲッジスペースを確保

interior_utility_main_visual_03

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/interior/utility/

シャトルのラゲッジスペースは後部座席を倒さない状態でも十分に広く、ゴルフバック4つ分を余裕で積むことができます。さらに後部座席を倒すとラゲッジが184cmまで広がります。

ワンタッチで倒したシートは後部座席の足元部分に畳まれフラットな状態になるので大人で、長くて大きもの(サーフボードなど)を積むのはもちろん、大人も横になることができます

どうにもこだわったラゲッジスペース下の収納

interior_utility_underbox_01

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/interior/utility/

フィットシャトルの時は、ハイブリッドタイプになるとラゲッジの床下にバッテリーを積んでいたので、床下収納がありませんでした。

新しくなったシャトルではハイブリッドタイプでも、それなりのスペースの床下収納が用意されています。これは、新しくシャトルが開発される時にこだわった部分の一つです。

リヤシートの後ろの引き出し式ボックス収納

interior_utility_basket_01

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/webcatalog/interior/utility/

シャトルの収納は、後部座席のポケットにスマホを収納できたり、電源が取れたりと、今時の車として申し分ない工夫がたくさん施されています。

その中で、特に良く考えて作られたのが後部座席の後ろについているマルチユースバスケット。普段使わない時は畳まれていますが、引き出す物を置ける収納スペースとして活用できます。

用途としては、壊れやすい物潰したくないケーキや花束後部座席に座った人のバッグなど、普通に座席などに置くのはちょっと心配なものを守りながら収納することができます。

まとめ

フィットが、街乗りメインでアクティブな傾向に造られているのに対し、シャトルでは少しゆったりとした大人っぽさを演出しています。

安定性や疲れにくさに重点を置いた構造は、大人になってからも何か楽しみを持ち、それにシャトルを活用してもらえたら!という思いを込められています。そのためコンセプトにも「日々のリゾート」をあげていますね。

ゆったりとしながらも収納に工夫があり、扱いやすい5ナンバー。5ナンバーなのにそれを感じさせない居住スペースは、なにしようかな?どこ行こうかな?という楽しみを沸かせるのではないでしょうか?

フィットベースで造られたフィットにはない快適さを感じることができそうです。

損しないで車を買い替える方法

車の買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢く車を買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、買い替える車の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-フィット, ホンダ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.