シエンタ トヨタ

新型シエンタのハイブリッドモデルの評判【燃費や性能は良い?】

更新日:

2015年のモデルチェンジで、シエンタはハイブリッドタイプも発売されました。ミニバンといえば、たくさん詰めてたくさん乗せられるということでファミリーに支持されていますが、シエンタはその中でもコンパクトで扱いやすく、価格も手ごろなので大変人気です。

ただ、ミニバンの欠点は燃費が悪いところ・・・。そんななか発売されたシエンタハイブリッドは、燃費も良いのでは?期待と注目を浴びています。果たしてシエンタハイブリッドは、どんな仕様でどのくらい燃費が良いのでしょうか?探ってみましょう。

使われているハイブリッドシステム

シエンタに採用されているハイブリッドシステムは、アクアのものと同じ1,5リッターエンジン+モーターバッテリーとなります。全体的に小型化、軽量化されたハイブリッドシステムですね。ちょっと心配なのはアクアとシエンタでは重量が違い、アクアでは良い燃費をや小型でもパワフルさが引き出せても、シエンタでそれが同じように出せるのかというところではないでしょうか?

魅力的なのはこんなところ

発進は静かだけどスムーズ

シエンタは小さいけどミニバンです。それなりの重量もありますし、7人乗ることも想定されています。ミニバンといえば発進時ののっそり感がウィークポイントの一つでもあります。

シエンタハイブリッドでは発進時はEV走行となるので、より一層のっそりするのでは?と思うところですがとてもスムーズです。軽くアクセルを踏んだだけで、スイーっと進んでくれます。

加速が良い

加速時にはエンジンとモーターが同時に稼働します。それにより省エネに貢献するだけでなく、モーターのパワーも加速時にしっかり働き、加速を助けてくれます。ハイブリッドカーでよく言われる、坂道の加速が弱いという面もカバーされ、がっつり登ってくれます。

静かに走るEVドライブモード

発進、減速時だけでなく、ボタンを押せば通常の走行時にEVモードを選択することができます。これなら静かに走行したい場所、早朝深夜などの住宅街などもエンジン音を気にすることなく走行できますね。

ハイブリッドシステムインジケーターで出力状況がわかる

ハイブリッドシステムが今どんな作動をしているかが、一目で確認できるインジケーターが付いています。エコ運転ができているかも分かりやすく教えてくれます。

燃費はどうなの?

悪くはないけど思ったほど良くないかも・・・

ハイブリッドタイプとなると、改良によって燃費が良くなったガソリンタイプの車より、どうしても更に期待してしまうところがあります。確かにカタログ燃費では27,2km/Lと良い数字も出ています。

ですが、実際の燃費を見てみると、残念ながらシエンタハイブリッドではそこまで、燃費が良くなった!という実感がありません。確かにアクアのハイブリッドシステムを積んでいますが、シエンタ自体の車体重量や積載人数などを考えると、仕方がないのかもしれません。

また、現行モデルではシエンタガソリンタイプ自体の燃費も良くなっているというのも、ハイブリッドタイプの燃費が霞んでしまう原因かもしれません。

早めにハイブリッドに切り替わる

最近のハイブリッドカーはどちらかというとEV走行に重点を置いている車種が多いですが、シエンタの場合は、エンジンもフル活用しています。加速を良くするためにも発進から通常の走行までの間でEVモードからハイブリッドモードに切り替わるのが早いです。

その分燃料消費量も多くなってしまいますから、それも期待しているより燃費が良くない原因の一つかもしれません。

ハイブリッドではあるけど・・・

プリウスやアクアとはちょっとちがう

ハイブリッドと聞くと、プリウスやアクアを瞬時に連想してしまいますが、プリウスやアクアがハイブリッドカーとしての能力を追求した車だとすれば、シエンタはファミリータイプの車をハイブリッド仕様にした車と言えます。

燃費が良くなることも当然視野に入っているけど、シエンタの目的としては人をたくさん乗せることですから、燃費にばかり重きを置けませんね。たくさん乗せてもしっかり走らなくてはいけません。

同じトヨタが出しているハイブリッドではありますが、並べて見てしまうとどうしても、シエンタハイブリッドはハイブリッドの割には力不足だなぁと感じてしまうかもしれません。

乗る距離によっては必要ないことも

期待していた程燃費が良いわけではないし、ガソリンタイプと比較すると40万円程も上乗せになるシエンタハイブリッド。正直に言ってしまうと、通常街乗りがメインな方には燃費の面ではあまりメリットがないかもしれません。

実際ディーラーでどっちが良いか迷って相談すると、使い方(距離や頻度)によってはガソリンタイプを勧められるケースも多々あります。

ただ、走行中の騒音やオプションでコンセントが付けられるなど、ハイブリッドならではの装備もあるので、燃費だけに重点を置かないのであればハイブリッドタイプもオススメです。また、長距離を頻繁に走行する方は、ガソリンタイプよりハイブリッドの方がお得でしょう。

まとめ

燃費がいまひとつという評価を否めないシエンタハイブリッドですが、実は評判はとても良く、シエンタの中でも売れています。ハイブリッドの力不足を感じさせない加速や、スタート時のスムーズさは、快適だと感じられるのでしょう。

仕様頻度にもよりますが、燃費や価格だけを見たらガソリンタイプを購入する方がお得だというケースもありますから、シエンタハイブリッドを検討する場合は、燃費だけでなく、システムや装備なども視野に入れて検討されると良いでしょう。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.