シエンタ トヨタ

新型シエンタの評価・口コミを部分別にまとめてみた

更新日:

シエンタがモデルチェンジをしてから早1年。もともと人気の高い車種ですが、発売からさらに人気を維持し続け、現在でも納車は通常より待たされます。

そんなシエンタ、果たして本当にいい車のでしょうか?実際にはどんな評価を受けているのでしょうか?気になるところですね。今回は☆☆☆☆☆(星五つ)で評価を表示していきます。

外装デザインは?★★★★☆

カラー、ボディデザイン共にインパクトが強い

モデルチェンジでガラッとデザインが変更されたシエンタ。カッコ良くなった!という声が多いですが、中には

「派手すぎるよ・・・」

「どうにも馴染めない・・・」

と戸惑う声もあります。

ただシエンタの不思議な魅力は、最初は派手すぎると感じても乗っているうちに、すごくかっこよく思えてきたりとても気に入ってくるという感想が多いところ。先代シエンタがおとなしいデザインだったというのも手伝って、最初見た時はびっくりされてしまうのかもしれませんね。

ですがスタイルとしては今時のデザインとして受け入れられやすく、また、車の性能も外装の派手さに恥じない装備になっているので、いつのまにかお気に入りの存在になってしまうのかもしれませんね。

気に入らなかったけどどっちでも良くなる」ではなく、好きになってくるというところがポイントではないかと思います。

インテリアデザインは?★★★★★

インテリアは見違えるほどかっこ良くなった!

インテリアデザインはとても評判が良いです。特に先代シエンタに乗っていて現行シエンタに乗り換えた方は大満足の様子。また、男性にも支持されています。先代シエンタの内装がどちらかというと女性向けだったため、先代シエンタもママには受けていました。

男性も不満というほどではありませんが

「便利で良い車なんだけど、内装がかわいすぎるんだよな・・・。」

という声もありました。現行シエンタの内装デザインは、男性が見てもかっこいいと感じられるデザインに仕上がっています。

インテリア機能性は?★★★★☆

安っぽさはなくなり、3列目シートも快適になった!

3列目シートの改良で、ぐぐっとインテリアの機能性が上がりました。シエンタは比較的価格設定が低めな車種ですが、シートの座り心地も良く内装自体もチープさを感じません。そうなってくるとコスト的にどうしても3列目シートは補助的な存在になり、作りも疎かになりがちです。

実際先代シエンタまでは、3列目シートはかろうじて座れる存在でした。現行シエンタでは車体を13,5cmほど長くし、シートをしっかり座れる材質に変更したおかげで、3列目シートも使えるシートとなっています。ワンタッチスイッチ式スライドドアもグレードによっては両面となり、快適さがグレードアップしています。

燃費は?★★☆☆☆

ガソリンタイプは良いがハイブリッドタイプが今ひとつ

シエンタの燃費、カタログを見るとガソリンタイプは20,6km/L、ハイブリッドタイプは27,2km/Lとあり、ハイブリッドタイプの数字を見ると、ミニバンもハイブリッドなら怖いものなしだなぁ・・・と感じるほど良いですね。

ただ、実際に乗ってみると、ガソリンタイプはカタログ燃費に近い数字が出せるのに対し、ハイブリッドタイプは期待するほど良くないようです。

先代シエンタの実燃費が10km/Lくらいだったことを考えれば、ハイブリッドタイプの18km/Lという数字は全然悪くありませんが、ガソリンタイプが15km/L辺りを出しているので、もう少し良くても良いのに・・・と感じてしまいますね。

走行性は★★★★☆

全体的に運転がしやすくなった!

先代シエンタが内装からしても女性目線で作られているせいか、ステアリングがとても軽いものでした。現行シエンタではステアリングをやや重めに設定し、回りすぎることなくハンドルを切りやすくなっています。

アイドリングストップ機能は、アイドリングストップを感じさせないほどスムーズさで、踏み込んだらしっかり発進してくれます。ミニバンにありがちなのっそり感はありません。

視界はもともと悪くなかったのですが、先代と比較すると、やや見にくくなったという声が多いですが、メーターの位置が運転席の前に装備され、視点を動かすことなく、メーターを確認できるようになっています。

ハイブリッドタイプでは、バッテリーを低い位置に設置することで重心が下がり、ガソリンタイプより車体に安定感があります。

価格は?★★★☆☆

全体的に高く感じるが、ハイブリッドタイプは特に高い!

先代シエンタより現行シエンタは価格が高くなっているので、やや不満な声はありますが、車体価格だけを見れば、そこまで高くなっているのかな?とも感じます。ところがLEDヘッドランプがオプション、安全装備もオプションと、オプション設定が多く、最高グレードでもホイールがアルミではないなど、細かく見ると高めに感じます

オプションを加えていくと300万円を超えてしまうケースもあり、どれが本当に必要なのか?などをじっくり検討しないと選択を失敗してとても高いシエンタになってしまうかもしれません。

また、ハイブリッドタイプは価格の割に燃費が期待できないので、上乗せ40万円の価値があるのかどうか?、これも良く考えてから選択した方が良さそうです。

まとめ

全体的なシエンタの評価としては、先代シエンタよりずっと改良され、装備も燃費も良くなっているようで、満足されている方が多いと感じます。

ただ、価格についてはオプションで左右されそうなイメージですね。オプションの選択によっては、もともとのシエンタの価格帯から大きく外れてしまいそうなケースもあり、そこは少し気をつけた方が良さそうです。

またハイブリッドタイプが人気はありますが、価格と燃費のことを考慮すると、ハイブリッドという存在としてはいまひとつぱっとしないようです。そのあたりもじっくり検討した方が良さそうです。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.