シエンタ トヨタ

シエンタのモデリスタカスタムはスッキリ!だけど存在感UP。

更新日:

2015年に新型として発売されたシエンタは、今までとは全く違ったアクティブでスタイリッシュなデザインで登場し驚かされました。

ノーマルシエンタのままでも十分個性的ですが、かっこいい車というのは更にオリジナリティを加えたり、こだわったりしたくなるものです。

ところでトヨタの公認カスタム、スタイル重視といえばモデリスタですが、シエンタではどのようなスタイルに仕上がるのでしょうか?モデリスタのカスタムを探ってみましょう。

また、カスタムすることで、走行性能や乗り心地は変わってきます。モデリスタの場合は乗り心地が大きく変わってしまうということもありませんが、どう変わるのか知っておくと心強いので、その辺りもふれておきましょう。

落ち着きと迫力のあるエアロパーツ

print

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/sienta.php

現行で走っているシエンタといえば歌舞伎の隈取のようなサイドのラインが特徴的ですが、個性的すぎる!インパクトが強すぎる!という意見もあります。

モデリスタでは、エアロパーツによって隈取のラインを隠しつつ、どっしりとしたスタイルで落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

フロントマスクは隈取りが取れてマイルドに

main_aerokit

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

フロントスポイラーによってシエンタの特徴でもある両サイドのラインを短く隠しています。そのためフロントデザイン自体は穏やかな印象になりますが、ワイドに張り出された形状のスポイラーによって程重心で落ち着いた雰囲気となります。

フォグランプを囲むメッキが穏やかな中にもキリッとした表情を作り出し、スタイリッシュな仕上がりです。隈取のデザインがイマイチと思っていた方にもオススメです。

リヤスカートですっきりとした落ち着き

aerokit_p03l

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

ノーマルデザインの特徴でもあるサイドのラインをバックでもリヤスカートで控えめにしています。そのため、ボディライン自体は重厚感が増しているのに重すぎず、すっきりした印象になります。

更に引き立てるエクステリアパーツたち

エクステリアのカスタムのメインはエアロパーツになりますが、もう少し細かいところに手を加えてあげると、更に個性的なシエンタになります。

フロントグリル、ミラー、バックドアの煌めくガーニッシュキット

exterior_01l

フロントグリルガーニッシュ

exterior_02l

ミラーガーニッシュ

parts_shinekit_03

バックドアガーニッシュ

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

モデリスタのフルエアロを選択するとシエンタは落ち着いた印象になります。ここに、アクセントとしてメッキ仕上げのガーニッシュを加えるとボディが引き締まり、スタイリッシュな印象が更に引き立ちます。

フロントグリル、ミラー、バックドアはグリルキットとして販売されていますが、単品での購入も可能です。好みに合わせて組み合わせてカスタムを楽しめます。

ドアハンドルガーニッシュは別売り

parts_selection_01

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

ドアハンドルをメッキ仕様にカスタムすると、ボディ全体が高級なイメージになります。ドアハンドルガーニッシュはキットには組まれていません。

ガーニッシュキットと組み合わせることでゴージャスさが増しますが、ドアハンドルガーニッシュだけの選択でも程よいアクセントとして効果があり、ボディがキュッと引き締まります。

リヤスポイラー

parts_selection_04

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

セダンタイプの車ですと、リヤウィングとも呼ばれるリヤスポイラー。空力をコントロールすることはできませんが、デザイン的には軽快さを印象付けることができます。

アルミホイールは15、17インチの展開

parts_selection_02

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

ノーマルシエンタではホイールサイズは16インチまでとなっていますが、モデリスタでは17インチのホイールを展開しています。

インチアップすることで迫力が増しますが、シエンタの17インチホイールは繊細なデザインなため、存在感がありすぎてちょっと・・・というような感じにはなりません。

フェンダーにスッキリとはまってくれます。もちろん、15インチも用意されていますから、ホイールだけの変更も可能です。

インテリアではワンランク上の高級感

top_interior

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

ノーマルシエンタのデザインはアクティブでカジュアルな傾向ですが、モデリスタのインテリアパネルを設置することで高級感も得ることができます。

インテリアパネル

parts_panel_01

引用:http://www.modellista.co.jp/product/sienta/special/index.html

モデリスタではセンタークラスター、フロントドアトリムのパネルを艶やかな木目調パネルにカスタムできます。アクティブなイメージに高級感を組み合わせることで、大人っぽ過ぎない落ち着いた空間を演出できます。

木目が大人っぽすぎるという方には、ピアノブラックメッキ調がオススメです。

カスタムするなら知っておきたい3つのこと

カスタムすると、ボディデザインなどが当然変わりますが、その分乗り心地や走行性能も変わってきます。同じように運転すると問題が起こることもありますので、注意点やどう変わるかをあげておきましょう。

その1 エアロを取り付けると車高が低くなる

エアロパーツを取り付けると、エアロパーツのデザインによって車高が下がります。モデリスタのシエンタ用エアロパーツでは、2cmほど車高が下がるようです。

車高が下がることで、ノーマルの時よりもコインパーキングへの駐車や、段差を乗り越えるのが難しくなります。傷つけてしまわないように段差などの乗り越えはゆっくり行いましょう。

その2 エクステリアの装飾は重量が増す

エクステリアパーツをカスタムすると、大体の車は通常より見た目のボリュームがアップします。車のサイズ自体も変わりますが、重量も増します。

シエンタのモデリスタ・カスタムはおおよそ20kgほどの増量となります。20kgで走行性能が大きく変わるということは考えられませんが、ただでさえシエンタは重量があるので、燃費に多少響くかもしれません。

その3 ホイールのインチアップで乗り心地が変わる

シエンタのモデリスタカスタムで一番変化を感じるのは、タイヤのインチアップした時ではないでしょうか?タイヤのインチアップをすると、その分タイヤの厚みを削ることになります。

通常より薄いタイヤになるので、路面をしっかり掴んで走行できる分、路面の凸凹は感じやすくなり、乗り心地は硬い印象となります。ただ、これは好みがあり、厚みのあるタイヤではフワフワした感じがすると、薄いタイヤを好む方もいます。

16インチまではノーマルシエンタでも展開されていて、それより1インチ上がった17インチでの走行性能(ハンドル操作など)は、ほとんど変わりません。

また、ホイールをインチアップするとタイヤも変更することになり、金額としては高くなります。

まとめ

シエンタのモデリスタ・カスタムは、シエンタの個性である両サイドのラインをカバーすることで、全く別の個性的なシエンタに仕上げています。

今までシエンタのデザインに不満があった方も、モデリスタデザインのシエンタなら納得できるのではないでしょうか?

シエンタの場合、見た目が変わる割にはそこまで激しいカスタムにはなっていないので、乗った感じも大きく左右されることは少なく、モデリスタなら初めてでも安心してカスタムできそうです。

ただ、やはり乗り心地などが気になるという場合は、モデリスタ・カスタム仕様のシエンタが展示されているお店などで、一度確認してからカスタムすることをオススメします。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.