車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

シエンタ トヨタ

新型シエンタの内装がかっこ良いと評判!その内容とは?

更新日:

ミニバンほど大きくはないけど、たくさん積めてたくさん乗れる。そんなシエンタはファミリーやレジャー好きな方に支持されています。

多方面で人気を得ているシエンタですが、先代までのデザインはどちらかというとシンプルでしたね。内装も合理性や利便性を追求したような質素な作りでした。

悪くはないけど特に話題にもならない・・・女性っぽい・・・

そんな存在でした。

2015年のモデルチェンジで外装デザインも一新し、見るからにアクティブな存在に生まれ変わりましたが、内装の方はどうでしょうか?探ってみましょう。

全体的にアクティブになったインテリア

先代のシエンタの内装は、全体的に丸みを帯びたデザインで、どちらかというと女性的なイメージが強かったように感じます。系統としてはアルトラパンのように可愛らしく保守的でした。現行シエンタでは可愛らしさはなく、その代わりアクティブさが前面に引き出されたデザインになっています。

デザインの形状が変更されアクティブに!

丸みを帯びた形状というのは保守や女性らしいというイメージを引き出します。先代シエンタは、メーターの形状、ステアリング、センターパネルなどが丸っこいデザインで統一されていました。

現行シエンタでは丸みを帯びていた箇所が、四角いデザインに変更されています。そのためカジュアルでアクティブなイメージが強くなりました。シエンタは価格から考えても、そこまで高級な仕様にはできません。

そうなってくると、こだわった作りは素材が追いつかず、かえって安っぽくなってしまうことがあります。現行シエンタのデザインはそういった部分もうまくカバーされ、カッコよく仕上がっています。

メーターの位置は運転席の前に

先代シエンタではメーターはインパネの真ん中に設置されていましたが、現行シエンタでは運転席の前に変更されています。運転席の前に設置されることで、視点を移さなくてもメーターを確認できるようになりました。

ありそうでなかったダークブラウンのシート

車のシートファブリックといえば、採用されているカラーはグレーやブラックが多いのではないでしょうか?シエンタで展開されている3色はブルーブラック、フロマージュとダークブラウン。ブラックでバシッと決めるのもかっこいいですが、ダークブラウンで、ちょっと個性を楽しむのも良いですね。

2列目3列目シートは機能がいっぱい

シエンタといえば、気になるのはやはり2列目3列目シートの機能ですね。先代シエンタと比較すると改良されているとことがたくさんあるようです。

2列目の独立したシートはそれぞれの姿勢で乗れる

2列目シートはリクライニング機能もスライド機能も備わっていますが、左右のシートが独立しているので、それぞれの姿勢でリラックスして乗ることができます。スライド機能も独立しているので、片側だけ前方に移動させたり折り畳んだりすることもできます。

これなら、細長い荷物を積む時にも役立ちますね。

スライドのレールがなくなった

先代シエンタではシートをスライドさせるレールが、車内の床部分にむき出している形状でした。すっごく邪魔だった!とは言いませんが、なければいいのに・・・と、ちょっと不満だったのですが。

現行シエンタではレールが見えなくなり、床がフラットになりました。これなら足をひっかけることもありませんし、視界にも入らないので、より広さを感じることができます。

補助席ではありません。ちゃんと座れる3列目シート

「3列目シートがあるからシエンタを選んだ!」

という声が多い割には、先代シエンタの3列目シートはおまけのようなつくりのシートでした。それでもないよりはましだったのでしょうが・・・。

現行シエンタの3列目シートは、座って見てびっくり!2列目シートと変わりない座り心地です。これなら、

一応7人乗れるよ。」

ではなく、ちゃんとたくさんの人を乗せてあげられます。ただ、やはり狭いので大人二人は窮屈に感じるでしょう。大人と小さな子供子供2人などの組み合わせでしたら、快適に乗りこなせるでしょう。

3列目の乗り降りがちょっと不便・・・

ミニバンのような大きさがないから仕方がないと言えば仕方がないのですが、3列目に乗り込むには、2列目シートを一度畳まなくてはいけません。もちろん、乗り込みやすいように、通常より楽に畳める工夫はされています。

ただ、片手でひょいひょいと操作するには少し慣れが必要かもしれません。

増えたの?減ったの?便利な収納

2人、3人で乗るのならシエンタは広くて快適ですが、いくら大勢乗れるとは言っても7人が乗り込んだら、車内は狭く感じるでしょう。そうなると、欲しいのが細かな収納ですね。

ポケットはたくさん!

コンセプトとしてスポーツバッグをイメージしたようですが、確かにスポーツバッグも小さなポケットがたくさんついている方が便利で好まれますよね。ドリンクホルダーはもちろん、シエンタは細かなポケットがたくさん用意されています。

特に助手席周辺は機能が充実

細かな工夫がたくさん詰め込まれたシエンタですが、助手席周りの収納はかなり便利に作られています。上下に設置されたグローブボックスは、2つあることで取説や普段使わないものと、ティッシュなどといった頻繁に使われるものを分けて収納できます。グローブボックスの間にはトレイも設置され、その脇には電源ソケットがあります。携帯、スマートフォンなどの充電をしながらポケットに置いておけるので、とても便利です。

フックも便利!

助手席部分には、回転式のフックも設置されています。使わないときはくるっと回して格納できるので、不要に洋服などに引っかかることもありません。必要なときだけ回してフックを出せば、3kgまでの重さを引っ掛けることができます。

運転席周辺の収納が減った・・・

ちょっと残念なこともあります。それは運転席周辺のトレイなどがなくなってしまったこと。運転席というのは駐車券を取ったり、駐車料金を支払うのに小銭を用意したりと、さりげないトレイや収納が欲しいところです。現行シエンタではそれがなく、ちょっと不便かもしれません。

3列目シートを畳めばラゲッジスペースも広々!

シエンタの3列目シートは畳んで床下に収納することができます。これは、同じタイプの車種、フリードと比較してもポイントが高いところです。3列目がフラットになりラゲッジスペースがしっかり確保できるので、大きなものも余裕で運ぶことができます。

まとめ

シエンタの内装、先代までは便利ではあるけど地味というイメージが強かったですが、現行モデルでは、便利で快適、さらにアクティブでおしゃれにもなっています。ただ、合理的に詰め込める車から、楽しく乗れる車に進化していると言えるでしょう。車の購入でシエンタを考えている方はもちろん、先代シエンタに乗っている方も、是非一度体感するべき!とオススメしたいですね。

損しないでシエンタに買い替える方法

シエンタへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くシエンタへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、シエンタを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.