車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

シエンタ トヨタ

新型シエンタの内装がかっこ良いと評判!その内容とは?

更新日:

ミニバンほど大きくはないけど、たくさん積めてたくさん乗れる。そんなシエンタはファミリーやレジャー好きな方に支持されています。

多方面で人気を得ているシエンタですが、先代までのデザインはどちらかというとシンプルでしたね。内装も合理性や利便性を追求したような質素な作りでした。

悪くはないけど特に話題にもならない・・・女性っぽい・・・

そんな存在でした。

2015年のモデルチェンジで外装デザインも一新し、見るからにアクティブな存在に生まれ変わりましたが、内装の方はどうでしょうか?探ってみましょう。

全体的にアクティブになったインテリア

先代のシエンタの内装は、全体的に丸みを帯びたデザインで、どちらかというと女性的なイメージが強かったように感じます。系統としてはアルトラパンのように可愛らしく保守的でした。現行シエンタでは可愛らしさはなく、その代わりアクティブさが前面に引き出されたデザインになっています。

デザインの形状が変更されアクティブに!

丸みを帯びた形状というのは保守や女性らしいというイメージを引き出します。先代シエンタは、メーターの形状、ステアリング、センターパネルなどが丸っこいデザインで統一されていました。

現行シエンタでは丸みを帯びていた箇所が、四角いデザインに変更されています。そのためカジュアルでアクティブなイメージが強くなりました。シエンタは価格から考えても、そこまで高級な仕様にはできません。

そうなってくると、こだわった作りは素材が追いつかず、かえって安っぽくなってしまうことがあります。現行シエンタのデザインはそういった部分もうまくカバーされ、カッコよく仕上がっています。

メーターの位置は運転席の前に

先代シエンタではメーターはインパネの真ん中に設置されていましたが、現行シエンタでは運転席の前に変更されています。運転席の前に設置されることで、視点を移さなくてもメーターを確認できるようになりました。

ありそうでなかったダークブラウンのシート

車のシートファブリックといえば、採用されているカラーはグレーやブラックが多いのではないでしょうか?シエンタで展開されている3色はブルーブラック、フロマージュとダークブラウン。ブラックでバシッと決めるのもかっこいいですが、ダークブラウンで、ちょっと個性を楽しむのも良いですね。

2列目3列目シートは機能がいっぱい

シエンタといえば、気になるのはやはり2列目3列目シートの機能ですね。先代シエンタと比較すると改良されているとことがたくさんあるようです。

2列目の独立したシートはそれぞれの姿勢で乗れる

2列目シートはリクライニング機能もスライド機能も備わっていますが、左右のシートが独立しているので、それぞれの姿勢でリラックスして乗ることができます。スライド機能も独立しているので、片側だけ前方に移動させたり折り畳んだりすることもできます。

これなら、細長い荷物を積む時にも役立ちますね。

スライドのレールがなくなった

先代シエンタではシートをスライドさせるレールが、車内の床部分にむき出している形状でした。すっごく邪魔だった!とは言いませんが、なければいいのに・・・と、ちょっと不満だったのですが。

現行シエンタではレールが見えなくなり、床がフラットになりました。これなら足をひっかけることもありませんし、視界にも入らないので、より広さを感じることができます。

補助席ではありません。ちゃんと座れる3列目シート

「3列目シートがあるからシエンタを選んだ!」

という声が多い割には、先代シエンタの3列目シートはおまけのようなつくりのシートでした。それでもないよりはましだったのでしょうが・・・。

現行シエンタの3列目シートは、座って見てびっくり!2列目シートと変わりない座り心地です。これなら、

一応7人乗れるよ。」

ではなく、ちゃんとたくさんの人を乗せてあげられます。ただ、やはり狭いので大人二人は窮屈に感じるでしょう。大人と小さな子供子供2人などの組み合わせでしたら、快適に乗りこなせるでしょう。

3列目の乗り降りがちょっと不便・・・

ミニバンのような大きさがないから仕方がないと言えば仕方がないのですが、3列目に乗り込むには、2列目シートを一度畳まなくてはいけません。もちろん、乗り込みやすいように、通常より楽に畳める工夫はされています。

ただ、片手でひょいひょいと操作するには少し慣れが必要かもしれません。

増えたの?減ったの?便利な収納

2人、3人で乗るのならシエンタは広くて快適ですが、いくら大勢乗れるとは言っても7人が乗り込んだら、車内は狭く感じるでしょう。そうなると、欲しいのが細かな収納ですね。

ポケットはたくさん!

コンセプトとしてスポーツバッグをイメージしたようですが、確かにスポーツバッグも小さなポケットがたくさんついている方が便利で好まれますよね。ドリンクホルダーはもちろん、シエンタは細かなポケットがたくさん用意されています。

特に助手席周辺は機能が充実

細かな工夫がたくさん詰め込まれたシエンタですが、助手席周りの収納はかなり便利に作られています。上下に設置されたグローブボックスは、2つあることで取説や普段使わないものと、ティッシュなどといった頻繁に使われるものを分けて収納できます。グローブボックスの間にはトレイも設置され、その脇には電源ソケットがあります。携帯、スマートフォンなどの充電をしながらポケットに置いておけるので、とても便利です。

フックも便利!

助手席部分には、回転式のフックも設置されています。使わないときはくるっと回して格納できるので、不要に洋服などに引っかかることもありません。必要なときだけ回してフックを出せば、3kgまでの重さを引っ掛けることができます。

運転席周辺の収納が減った・・・

ちょっと残念なこともあります。それは運転席周辺のトレイなどがなくなってしまったこと。運転席というのは駐車券を取ったり、駐車料金を支払うのに小銭を用意したりと、さりげないトレイや収納が欲しいところです。現行シエンタではそれがなく、ちょっと不便かもしれません。

3列目シートを畳めばラゲッジスペースも広々!

シエンタの3列目シートは畳んで床下に収納することができます。これは、同じタイプの車種、フリードと比較してもポイントが高いところです。3列目がフラットになりラゲッジスペースがしっかり確保できるので、大きなものも余裕で運ぶことができます。

まとめ

シエンタの内装、先代までは便利ではあるけど地味というイメージが強かったですが、現行モデルでは、便利で快適、さらにアクティブでおしゃれにもなっています。ただ、合理的に詰め込める車から、楽しく乗れる車に進化していると言えるでしょう。車の購入でシエンタを考えている方はもちろん、先代シエンタに乗っている方も、是非一度体感するべき!とオススメしたいですね。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.