シエンタ トヨタ

シエンタの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

更新日:

こぶりなのに最大7人乗れる、便利で扱いやすい存在としてファミリーはもちろん、レジャー大好きな活動派からも支持されているシエンタ。2015年のモデルチェンジでは、燃費、走行性能はもちろん、デザインを大きく変更し、よりアクティブな存在となっています。

価格が比較的手頃なシエンタですが、2015年のモデルチェンジを機に、値引きを渋っているようだと言われていました。フルモデルチェンジから2年を過ぎた現在でも、根強い人気がありますがみんな一体いくら値引きしてもらっているのか?気になるところです。

シエンタを実際に購入した人は、どれくらい値引きをしてもらっているのか?また、どうやって値引きに持ち込んだのか?実際の値引き価格や、限界値引きをもとに、シエンタの値引き相場と、目標値引き額を割り出してみましょう。

値引き額は落ち着いてきている

2017年3月購入 値引き総額20万円

車体から16万円
オプションから4万円

最初は10万円の値引きと言われましたが、もう少し安くしてほしいと伝えると、わりと簡単に16万円まで値引きをしてくれました。

シエンタの値引き交渉は予備知識が必須だ!と交渉の仕方などをネットで調べ、用意周到で向かった割にはあっけなく20万円の値引きができました。

2017年5月購入 値引き総額23万円

車体から18万円
オプションから5万円

決算期は安くなるということで、3月末にシエンタを見に行き

「今日決めてくれるなら20万円値引きします。本日のみの価格です!」

と言われましたが、その日は契約しませんでした。2ヶ月後、他のディーラーで20万円引きの見積もりをみせたところ

「うちで契約してくれるなら同じ金額でやらせていただきます!

と言い、さらにオプションから値引きをしてくれ、総額23万円の値引きに応じてくれました。決算期よりも安く購入できました。

シエンタの価格は購入時期に左右されにくい

決算期は値引きがしやすくなるという話はウソという訳ではないのでしょうが、時期や店舗ごとの事情もあるため、決算期に囚われすぎない方が良さそうです。

それよりも、他ディーラーで出した見積り金額は値引き交渉に効果があるので、その時購入しなかったとしても出してもらった見積りは、交渉で提示すると良いでしょう。

新型デビュー直後の値引き

総額10万円
車体から7万円
オプションから3万円

ディーラーも新型シエンタにはかなり自信があったようで、値引きは交渉に応じることなく、車体価格からは7万円までと言い切られました。

「もう少しどうにかならないの?」

と聞くと

「はいっ!オプションから10%お引きしますよ!」

と、さも頑張っているように言い切りました。値引きしてくれるだけ良いかなと思い、総額10万円の値引きで契約しました。

こんな失敗談も・・・

展示車はないか?と聞き過ぎて・・・

フルモデルチェンジ直後にシエンタを見に行きました。どう交渉しても値引き額が7万円以上にならないため、キャンセル車や展示車の販売はないか?と何度か聞きました。

そのディーラーでは、販売終了した他の車種を在庫を抱えていたため、シエンタではなく他の車種を勧められてしまいました。黙っていても売れるシエンタよりとにかく在庫処分をしたかったらしく、かなり頻繁に他車種の在庫車あっせんの電話があり、戸惑いました。

混雑時にライバル車との比較

シエンタ発売直後の週末にシエンタを見ながら、フリードと迷っていると言ってみました。当然ライバルだから有効な反応があるはず!と思いきや、

「フリードはシエンタより上位に当たるので、シエンタのほうが安いですが、車は大きなお買い物ですからね。価格だけで決めて後悔するよりも気になっているならフリードを購入したほうが良いかもしれませんね!」

と、笑顔で見送られてしまいました。欲しい車種はシエンタでしたから、他のディーラーで仕切り直しとなりました。

発売直後はいつもより慎重な交渉が必要

ライバル車との比較や、キャンセル車の問い合わせ自体は値引き交渉に有効ですが、フルモデルチェンジ後は注目度が高く、注文も殺到しがちなため、普段の掛け合いではあしらわれてしまうこともあります。

トヨタの場合は、チャネルが豊富なため、チャネル同士の比較ができますから、他ディーラーとの比較の方が効果的かもしれません。

シエンタの値引き限界額は32万円!

シエンタを購入する時期にもよりますが、値引きしてもらえる金額というのは、大体同じくらいであることが多いと言えます。

ですが中には、相場よりもずっと多く値引きしてもらっている人もいます。シエンタの場合は32万円が限界額のようです。

2017年7月購入 オプションで頑張ってくれた!

値引き総額 32万円
車体から 17万円
オプションから 15万円

最初の車体値引き額は10万円でしたが、3件のディーラーで見積もりを出し、競合作戦で少しずつ値引き額を15万円まで増やしました。オプションも合わせて総額25万円で、そろそろ決めようと思い、最後に本命のディーラーで

1つ追加したいオプションがあるから、その分を値引きしてくれたらもうここで決めたいんだけど・・・。」

と伝えたところ、上司と相談しに行き

「わかりました。ただ、今日だけの価格なので今日、お願いします!」

と、総額で32万円値引きしてくれました。本当はすぐにでも欲しかったのを我慢し、購入にじっくり時間をかけましたが、妻も満足してくれたし、頑張った甲斐があったと思います。

購入金額が決まってからオプションを追加する

購入までの話が、ほぼまとまったころでオプションを加えるという作戦です。購入時期や店舗によって、成功する確率は変わりますが、交渉も終盤となるとディーラーもなんとか話をまとめてしまいたいため、わりと気前よく値引きに応じてくれるようです。

ここで交渉に効果のあるオプションはディーラーオプションになります。ディーラーオプションはディーラーで取り付けるため、値引きも融通が利き、値引きがしてもらえやすくなります。

ただ、32万円という限界値引き額は相当頑張って交渉をしている人の値引き額になるため、一般的とは言い難い金額になります。

値引き相場額は20万円

値引き限界額は誰もが得られる値引き額とは言えませんが、シエンタの値引き額は購入時期によって大体の相場はあります。値引き額の相場を知っていると、ディーラーとあとどれくらい値引き交渉ができるか?などが見えてきます。

シエンタの値引き相場は20万円ほどになりますが、オプションからの値引きも期待できるため、20万円以上を狙って交渉に挑むと良さそうです。

他の車種の値引きに関する記事一覧

アルトの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
スイフトの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
イグニスの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
C-HRの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
セレナの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
ノートの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
インプレッサの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
アクアの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
プリウスの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
デミオの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
ハスラーの値引き体験談から交渉術を学べ!相場より安く購入する方法。
ホンダフィット購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】
新型フリードの購入者体験談から値引き相場を割り出した【限界は?】
新型ヴォクシーの購入者の値引き体験談から相場を割り出した【限界は?】

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.