車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

シエンタ トヨタ

新型シエンタを試乗してみた結果をレポートでご報告

更新日:

2015年にフルモデルチェンジしてから1年が経つというのに、未だに人気が衰えないシエンタ。先代モデルには乗ったことがありますが、現行シエンタは何処がそんなに良いんだろう?と試乗をしてみることにしました。

今回はファミリーに支持されている車ということもあり、子供たちにも一緒に乗ってもらいました。その試乗報告をしたいと思います。試乗したのはガソリンタイプGグレードとなります。

外観は個性が強く印象的

以前までのシエンタのデザインは、どちらかというと控えめな印象でしたが、現行モデルのデザインは

これは何か新しい車なのかな?

と思うほど、個性を前面にだしたデザインです。ディーラーに展示してある他の車の中から、一目で

「あ!シエンタだ。」

と分かるほど。カラーも今まではどちらかというと保守的なイメージでしたが、今回試乗したエアーイエローなどは、眩しいほど元気いっぱいなカラーでした。

フロントマスクのサイドラインが特徴

口コミなどを見ると現行シエンタのボディデザインは、好みが分かれるようですが、実際に見てみるとカタログやコマーシャルで見るより、良い具合に他の車や景色に溶け込み程良い主張となっています。

テールランプからバンパーへのサイドラインの方が目立つ

車を見るときは、どうしてもフロンマスクばかりに目が行きがちですが、シエンタが個性を主張しているのはむしろ、バックスタイルかもしれません。

テールランプからリヤバンパーに繋がったラインのアクセントはかなりインパクトがあるデザインです。賛否はあると思いますが、個人的にはかっこいいと感じました。後ろから見てもシエンタだと分かる個性的なデザインです。

どのシートもちゃんと座れる!内装の快適さに納得

チープさを感じない内装

先代シエンタの内装は、デザインよりも機能やコストを重視しているのかな?と思うほど、内装全体を見てもシートのファブリックを見ても結構地味でした。

現行シエンタも高級感はありません。ですが使われているファブリックの質感やカラーなども手伝っているのでしょうが、安っぽさを感じない内装です。しっかり作られているという感じがします。

シートは柔らかすぎない快適な硬さ

価格から見て、内装やシートの座り心地などはカタログを見てもあまり期待できないなと思っていたのですが、シートの座り心地はとても良いです。これもまた、高級な感じではありませんが、快適さを重視した程よい固さだと思います。

さらに嬉しいのはこの程よい固さのシートが3列目まで採用されていることです。

子供たちは3列目シートがお気に入り!

元気いっぱいな子供達は、空間が広い車に乗るとじっとしていられません。大きなミニバンなどは特に視界にも余裕があり、広さがあるせいでしょうか?いつの間にかシートベルトを外して横になっていたりします。

横になるくらいならまだマシですが、2列目3列目シートの間を行ったり来たりします。長時間乗っていて飽きてくると、ウロウロしていて危ない・・・。後部座席がぐちゃぐちゃ・・・。

あなたたちはもう乗せません!!!

と言いたくなります。

今回は小学生低学年の子供2人に同乗してもらい、最初は2列目シートでゆったり座ってもらいました。その後もう一度3列目シートに座ってもらったのですが、3列目シートに座って2列目シートを下ろしたら、走行中は移動ができません。

ですから3列目はちょっと閉鎖されたような空間になります。大人が乗るとちょっと窮屈そうですが、小さな子供はこの閉鎖的な空間に安心するようで、2列目シートに座るより落ち着いて座っていました。

3列目シートのシート自体の作りが、先代のシートとは違いしっかりとしたものに変更されていますから、子供は3列目が安全かもしれないと感じました。

スライド式ドアは両面自動がおすすめ

スライド式のドアは、手動だと結構重さを感じます。その上3列目シートに乗り込むとなると、2列目シートを持ち上げたりもするので面倒です。子供や高齢の方が一緒に乗ることが多い場合は特に、両面自動をオススメします。

細かい収納がいっぱい!

シエンタはもともと収納がある方でしたが、現行シエンタは細かな収納が増えたような気がします。また、格納式フックもあり、お買い物をした後など、荷物をそこに引っ掛けて置けますね。ファミリーが使用することをよく考えられているようです。

実際に乗って運転してみると?

床が低いので乗り込みやすい

よくミニバンなどは、後部座席のスライドドアを開けると、よっこらしょ!っと乗り込むイメージがあります。シエンタは、床をぐっと低く設計されているので、乗り込むのがとても楽チンです。

運転席からの視界が良い

運転席はやや高めな位置にあり、座ってハンドルを握ると、車体自体はそんなに高く無いはずなのに、遠くまですっきり見渡せます。まっすぐに前を向いた時に自然にメーターも視界に入るので、車外も屋内も全体的に視界が良いなと感じました。

ステアリングの重さが気持ち良い

今回の試乗で一番感激したのは、実はステアリングの重さです。先代シエンタに乗る機会があり、しばらく乗っていたことがあるのですが、車体自体はそんなに軽くないはずなのにステアリングが軽自動車のように軽く、クルンクルン回りすぎて運転しにくいなと感じていました。

好みもあるので絶対良くなった!とは言いませんが、ステアリングが程良い重さになりとても運転がしやすくなったと思います。

主張しないアイドリングストップが快適

最近の車は、アイドリングストップはどの車種でも付いていますね。シエンタもディーラーの営業マンがわざわざ言わない程当たり前に装備されていました。しかもそのさりげないこと。信号待ちでブレーキを踏んだら、営業マンの声が大きくなったように思い、

「あれ?このシエンタってハイブリッドだったっけ?」

と車内がずいぶん静かになっていることに気がつきました。エンジンがストップしたことを主張しないままごく自然に止まり、また発進します。

パワー不足は感じられなかった

今回の試乗では7人乗りで7人乗せていないので、完全にはわかりませんが、やや急な坂道は難なく上がって行きました。1500ccですから当たり前とも思われますが、コンパクトだけどミニバンということで車体も重いですし、たくさん荷物を積んだり人を乗せると、その分パワーがいりますね。

ご家族が多い方は試乗の際、そのあたりを注意深く見た方が良いかもしれません。

まとめ

現行シエンタは、先代シエンタと比較すると、ちょっと同じものとは思えない程進化していると感じました。快適さの面は、先代シエンタは合理的な作りだと感じていましたが、現行シエンタはさらに快適さが増しているように思えます。

3列目シートも補助的な存在から、しっかりとした座席としてパワーアップしています。「なるほど、人気なわけだ!」と、納得した試乗となりました。

損しないでシエンタに買い替える方法

シエンタへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くシエンタへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、シエンタを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.