車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

シエンタ トヨタ

さりげない重厚感がかっこいい!シエンタ、TRDカスタムはどんな感じ?

更新日:

奇抜なデザインで新型としてデビューしたシエンタ。発売当初はデザインに賛否いろいろとありましたが、今ではすっかり馴染んでいますね。

デザイン的にもカスタムをしやすくなっているシエンタは、純正だけでなくモデリスタ、TRD でもカスタムが展開されています。

今回はトヨタ公認カスタムカーの中でもスポーティなデザイン走行性能なども手掛けるTRDから、どんな展開がされているのか探ってみましょう。

フルエアロでエクステリアはずっしり重厚

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_01_pc

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

TRD ではシエンタの個性的なデザインをそのまま引き継ぎ、主にボディラインを変更しています。

重厚なフロントアンダースポイラー

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_03_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

車高自体は1cm下がるだけですが、それよりもずっと低くなっているように見えます。これは、スカート部分を張り出させて厚みを持たせたデザインとなるためです。

どっしりと構えたようなフロントマスクが力強さを感じさせます。

LEDライトをはめ込める

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_06_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

フロアーアンダースポイラーのスカート部分には、LEDライトをはめ込むことができるようになっています。ライトの色はホワイトで、エンジンをかければ常に点灯する(イグニッションオンの状態で)仕様となっています。

繋がりをもたせたサイドスカート

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_04_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

フロントアンダースポイラーから繋がりを持たせたラインに仕上がっています。デザイン性だけでなく実用性も兼ねていて、空力をコントロールし、高速走行時の安定性が上がります。TRDらしいですね。

引き締まったリヤスポイラー

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_05_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

ノーマルシエンタのバックスタイルと違ってくるのはディフィーザー付きのデザイン。

ノーマルシエンタでは、同じラインで1繋がりにぐるっとバックを囲んでいるのに対し、TRD のリヤバンパースポイラーではディフィーザー部分に変化を持たせ、ラインの形状を細くし、ボディを引き締まったように見せています。

アルミホイールは15インチ2デザイン

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_07a_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

TRDではホイールサイズはノーマルシエンタと同じ15インチのみの展開になります。インチアップしないのか・・・とちょっと意外ですね。

ノーマルサイズと同じということは、タイヤは替えなくても良くなりますし、走行性能が変わる心配もありません。

ランプを変えておしゃれな演出

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_12_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

ヘッドランプウィンカーバルブ、バックランプ色を変更することができます。ヘッドランプは、通常オレンジ色っぽい光が照らしますが、TRD のランプに変更することで青白い光に変わります。

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_09_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

ウィンカーバルブでは本当に些細なことのようですが、点灯していなくてもウィンカーバルブの中がオレンジ色に透けているのを消灯時はクリアに見せることができるようになります。

バックランプは変更することで、バックするときの見通しが良くなります。

インテリアパーツでスポーティな演出

インテリアパーツは内装をドレスアップするパネルなどがありませんが、さりげないカスタムで、内装にスポーティな印象を与えることができます。

プッシュスタートスイッチ

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_15_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

TRD のロゴ入りプッシュスタートスイッチになります。赤いボタンはアクセントにもなりますし、レース仕様みたいでかっこいい雰囲気を楽しめそうです。

2種類の本革シフトノブ

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_14_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

本革シフトノブに変更することで、さらにスポーティなイメージのシエンタになります。ただのシフトノブじゃないか!と思うかもしれませんが、レースにも参加しているTRDのロゴ入りで、かっこいいです。

シエンタの内装自体が比較的アクティブなデザインですから、しっかりマッチしてくれそうです。球型がおすすめです。

TRDロゴ入りフューエルキャップガーニッシュ

carlineup_sienta_customize_trdsportivo_2_16_lb

引用:https://toyota.jp/sienta/customize/trdsportivo/

ガソリンのキャップになります。本当に些細なカスタムでしかも給油しないと見せることもできません。セルフスタンドでは自分で給油するので、はっきり言って自己満足の世界です。

それでも、こんなところがTRDなんてかっこいい!と小躍りしてしまうのは、私だけでしょうか?このカスタムは非常に地味ですが、貼るだけ価格も1,080円と手頃ですから、あえてオススメします。

チューニング系はラインナップがない

シエンタのTRDカスタムでは、サスペンションやマフラーの展開がありません。純正でもモデリスタでも展開がないので残念ですが、カスタムしたい場合は社外製品となります。

社外製品の依頼はメーカーから外れてしまうので、メーカーでの保証は受けられません。良く下調べをしてからカスタムを依頼しましょう。

まとめ

シエンタのTRDカスタムはあまり派手さもなく、バリエーションも少なめです。ですがシエンタの個性をそのまま活かしつつ、さりげないはずなのに存在感が増すTRDのカスタムは、人気が高いようです。

特にエアロパーツは人気があるようですが、エアロパーツのカスタムは部分的に行うとバランスが悪くなるため、フルエアロで装備することをオススメします。

損しないでシエンタに買い替える方法

シエンタへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くシエンタへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、シエンタを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-シエンタ, トヨタ

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.