車の買い替え検討を徹底支援

車を買い替えたい.com

引用元:日産公式ページ

セレナ 日産

新型セレナは安全性能が充実!運転も車庫入れも怖くない!

更新日:

2016年8月24日、フルモデルチェンジして発売されたセレナ。燃費やボディデザインも期待されてはいましたが、特に発売前から注目されていたのは、自動運転と安全性能の充実化でした。

もともと安全性能の評価が高かったセレナですが、フルモデルチェンジによりどのように進化したでしょうか?探ってみましょう。

最新の安全装備は自動車庫入れ!

2016年のモデルチェンジでセレナは自動運転技術を駆使した装備が搭載されることで注目を集めていましたが、安全装備の中にも自動運転の技術が組み込まれています。

インテリジェントパーキングアシスト

77_dl0000618193

引用:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/safe.html

今まで苦手だった車庫入れをボタンひとつで、セレナが代わりにやってくれます。しかも、右から左からはもちろん縦列駐車も行ってくれます。これなら、

「新車だけど車の角がすでに傷だらけ・・・」

なんて悲しいことにはもうなりませんね。

操作はこんなに簡単!

537_dl0000618187

引用:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/safe.html

手順としては、駐車スペースの側に新型セレナを停め、パーキングアシスト専用スイッチを押します。あとは駐車位置を確認して開始ボタンを選んで押すだけです。

もう、駐車が苦手だからと、お店などの入り口からずーっと離れたガラガラの駐車場にわざわざ停める必要はありません。

車体が大きい割に運転があまり得意ではないママも乗運転しなくてはいけないシーンが多いミニバンでこの機能は本当に嬉しいですね。この装備があるだけでも、セレナを選ぶ価値があると言えるのではないでしょうか?

もともとあった機能も充実

モデルチェンジする前から、安全性能については比較的評価が高かったセレナ。その装備は新型になっても引き継がれています。

エマージェンシーブレーキ

フロントカメラが前方の車両、障害物、人物などを検知し、ぶつかりそうな可能性があれば、ブザーと警告表示で知らせてくれます。センサーがどうにも回避できなそうだと判断したら、急ブレーキを作動させます。

これにより衝突を回避させたり、衝突してしまってもダメージを軽減させることができます。もちろん、安全運転は大前提ですが、いざという時に頼もしい装備となります。

踏み間違い衝突防止アシスト

一時期、問題として騒がれたブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故を防止する装置となります。メータ内の表示ブザーが警告するのはもちろん、ブレーキとエンジンを制御することで衝突を防ぐ働きをしてくれます。

また車庫入れなどのクリープ走行の時に、障害物がぶつかりそうな時も知らせてくれます。

スマートルームミラー

通常のバックミラーですと、後方だけでなく、後部座席のヘッドレスト大きな荷物が映り込み、後ろがきちんと確認できないことがあります。スマートルームミラーは、バックカメラが直接バックミラーに後方の映像を映します。

これなら、見えにくいというストレスから解放され、天候や車内の環境に左右されることなく、後方の安全をしっかり確認できますね。

アラウンドビューモニター

今まで車庫入れはバックモニターやバックミラーで後方と、後方周辺を確認しながら駐車していたでしょうが、アラウンドビューモニターは、車周辺全ての状況を映し出してくれます。

運転席から見える範囲、バックモニターやバックミラーから確認できる範囲の目視では見落としていた小さな障害物も、アラウンドビューモニターでは見落とすことがありません。

またセレナのような大きな車体では見えにくい小さな三輪車、自転車などの移動しているものが近づいてくると、ブザーで教えてくれますので、しっかり確認して安全に車庫入れをできるようになります。

細かな合図で運転をサポート

車の運転で苦手な車庫入れやうっかり踏み間違いなどは、ありがちな事故につながりやすいので、大きく安全対策がされていますが、自動車による危険はそれだけではありません

もっと細かなことにもセレナは配慮し、対応してくれています。

進入禁止標識検知

よく知っている道ではあまり起こらないことですが、進入禁止表示に気がつかず一方通行を逆走してしまった・・・なんて経験、ありませんか?一方通行の道は対向車がいないはずなので、細い道でもスピードを出して走行するする車が少なくありません。

そこへ、予想外の車が逆走してきたら、自分はゆっくり走っていても、大きな事故につながります。そんな事故を未然に防ぐために、セレナはフロントカメラで、進入禁止標識を検知し、進入禁止道路への進入をブザーとディスプレイで教えてくれます。

LDW 車線逸脱警報/LDP 車線逸脱防止システム

車線変更などといった意志がある場合ではなく、車線を悦立つしそうになったときディスプレイとブザーが教えてくれます。警告合図だけではなく、車両に一時的に力が加わることで、車線内に戻るように促してくれます。

車の運転というのは、ちょっとしたことでバランスを崩し、車線に寄りすぎたり超えてしまったりすることがあります。バランスを崩すとあたふたしてしまい、余計ふらついたり車線をはみ出してしまったりしがちで、とても危険です。

そんなときでも、車線逸脱防止支援システムがあれば、スムーズにもとの走行位置に戻してくるので心強いですね。

ふらつき警報

車の運転は、いつも体調の良い時にできるとは限りません。疲れていても、子供のお迎えがあったり、長時間の運転で疲れたりもしますね。セレナは、ハンドル操作の動きから、運転手の注意力が低下しているのではないか?という判断をします。そして、

「休憩しませんか?」

と提案してくれます。自分では無理をしているつもりはなくても、疲れている時というのは誰でもあります。事故は自分だけにことでは済まないケースが多いですね。

セレナから提案があったときは無理をせず休むようにすると、より安全に運転ができるでしょう。

まとめ

セレナは車体が大きい方ですが、ファミリーカーという位置付けから、実際に運転する方は女性であったり、あまり運転が得意でない方の場合もあります。またミニバンということで、同乗者がいる確率も他の車種に比べると高い車になります。

もちろん安全運転を心がけることはとても大切ですが、安全装備が充実していれば、誰が運転しても比較的安全性を保つことができますから安心です。

モデルチェンジで安全装備が進化し充実したセレナはファミリーや女性にも、より優しい車に仕上がっていますから、運転も怖くなくなるのではないでしょうか。

損しないでセレナに買い替える方法

セレナへの買い替えを検討中のあなた。普通にディーラーで今の自分の車を下取りしてもらおうと思っていませんでしょうか?

だとしたら、大きく損をしてしまう可能性があります!

ディーラーは優しさであなたの車を下取りしているわけではありません。当然「儲けるため」に下取りを行なっています。なので、丸腰でディーラーに下取りを依頼すれば、安い金額を提示されてしまいます。そして、あなたが損をしてしまいます。

じゃあ損しないためにはどうすれば良いのか?

方法は簡単です。車の一括査定サイト「かんたん車査定ガイド(無料)」を活用しましょう。

かんたん車査定ガイドを活用して賢くセレナへ買い替えよう!

かんたん車査定ガイドでは約1分程度の入力で最大10社の買取業者に車の査定依頼を出すことができます。しかも無料で!

▼▼査定依頼はこちら(無料)
かんたん車査定ガイド【公式】

またそれに加えて入力完了後すぐに概算価格を出してもらえるので、「自分の車の価値が大体いくらか?」を把握することができます。実際の査定結果を待つことなく自分の車の大体の価値を知ることができるのは嬉しいですよね。

賢く車の買い替えを!
査定額の中で、一番高い見積額を持ってディーラーへ行きましょう。そして、その見積額をもとに下取り価格交渉をすれば、その金額より高い下取り額をディーラーは提示せざるを得ません。(してくれない場合は査定をしてもらった業者に車を売却しましょう。)

このようにかんたん車査定ガイドを活用すれば、買い替えの際に損することがなくなります!

賢く買い替えるためには、セレナを購入する際の値引き額も重要ですが、「今の車をいくらで下取りしてもらえるか?」も、相当重要なポイントなので、是非「かんたん車査定ガイド(無料)」活用してみくださいね!

あなたの車も1日過ぎるごとに古くなっていくので、早めの査定が損をしないポイントですよ。

-セレナ, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.