引用元:日産公式ページ

セレナ 日産

新型セレナの燃費は期待して良い?フルモデルチェンジでHVも!

更新日:

広々とした空間で大勢でもゆったり乗れる日産セレナ。ファミリー向けということもあり車体が大きい分、燃費もそれなりでした。

2016年夏はセレナが生まれ変わるということで、燃費も良くなるのではないか?と期待しちゃいますよね。本格的なハイブリッドタイプも発売される予定があり、ますますファミリーに優しいミニバンとなるのではないでしょうか?

今回はそんな新型セレナの燃費を探ってみましょう。

現行セレナの燃費は?

まずは現行セレナの燃費を見てみましょう。

カタログでは?

JC08モード 16.0km/L

となっています。セレナクラスのミニバンは15〜16km/Lくらいのカタログデータが出ていますので、こんなもんかな?と言ったところでしょうか。ただ走行場所、運転の仕方によって燃費は左右されますから、そのあたりを少し探ってみましょう。また、S-ハイブリッドの機能がどれくらい影響しているかも知りたいところですね。

実燃費はどれくらい?

実燃費では街乗りで8km/L

高速道路では15km/L

通常、カタログデータの6〜7割だったら合格ラインとされている実燃費ですが、セレナの場合は半分くらいになってしまっていますね。これは何としても新型セレナでは燃費を良くしたいところです。

S-ハイブリッドはダメだった?

前回のモデルチェンジのとき、セレナはS-ハイブリッドという機能を搭載しました。これは、プリウスやアクアのような本格的なハイブリッドではなく、もっと規模の小さな電池を乗せることで、充電するほどではないけど減速時にバッテリーを充電し、発進時にそのエネルギーを使って燃料の消費を抑えるというものです。

ネーミングは違いますが、他メーカーでも最近発売となった軽自動車やコンパクトカーなどにも搭載されていますね。

ライバル車に先を越された

S-ハイブリッドを搭載し、出だしは良かったセレナですが、ここ数年はノア、ボクシーやステップワゴンのフルモデルチェンジにより、すっかり先を越されてしまいましたね。

モデルチェンジは車種によって時期がありますから、仕方がないといえば仕方がないでのですが、ミニバンも本格的なハイブリッド(ストロングハイブリッド)を搭載したタイプが出てきたり、エンジンを小型化させて燃費を抑える(ダウンサイジングターボ)タイプが出てきたりと、たくさん乗れて燃費も良いのが当たり前!な流れになってきてしまいました。

本格的なハイブリッド導入へ

新型セレナでも、ハイブリッドタイプが発売されます。このハイブリッドは今までの簡易的なものではなく本格的なものとなります。ただ、現時点ではハイブリッドタイプはガソリンタイプのものより、遅れての発売が見込まれるようです。

ハイブリッドだけでは勝てない・・・

他メーカーのミニバンがハイブリッドタイプを出しているから、

「じゃぁセレナも!」

とハイブリッドタイプを発売するわけですが、セレナに搭載されそうなハイブリッドタイプはエクストレイルのハイブリッドシステムになります。1モーター・デュアルクラッチ+CVTというタイプのものです。ただ、このハイブリッドシステムでは、他社のミニバンの燃費より良くなりません。ただでさえ出遅れているのに、これ以上差をつけるわけにはいきませんね。なんとしても、トヨタ・ノアの23.8km/Lを超えたいところです。

どんなハイブリッドタイプか?

そこで、完全な電気自動車として知られている日産独自のモーターを搭載しようという試みがあがっています。とは言っても、セレナが完全な電気自動車になるわけではありません。

仕組みとしては、エンジンで発電し走行はモーターで行います。通常ハイブリッドとして載せられているエンジンは、エンジンでの走行とモーターでの走行を使い分けていますね。

それを走行はモーターのみにするというものです。そうすることで使用するガソリンを最小限に抑えることができますし、搭載するエンジンの大きさも小型化することができます。EV+レンジエクステンダーと言います。

「重たいセレナをモーターだけで・・・大丈夫かな?」

という心配もいくらかありますが、これなら23.8km/Lを超えることが可能ではないでしょうか?

今後日産はこのタイプのハイブリッドタイプを発売していく予定でいるようなので、自信があるのでしょう。ただ、実はまだ搭載されたことがないエンジンでもあります。予測不能ではありますが、おおいに期待できるのではと感じます。

どれくらいの燃費になるか予想してみる

それでは新型セレナの燃費がどれくらいになるのか、ちょっと予想をしてみましょう。

ガソリンタイプ

ガソリンタイプは今までと同じようにS-ハイブリッドを搭載させるようです。そうなると燃費は、あまり変わらないかもしれませんね。ただ新型になるに辺り、燃費の見直しは当然されるでしょうから、軽量化などが考慮されるかもしれません。

S-ハイブリッドシステムに関しても、改良が期待できます。20.0km/Lとまではいなかくても、16.0km/Lよりは、良くなるのではないでしょうか。

ハイブリッドタイプ

現時点でハイブリッドタイプは、エクストレイルに搭載されているもの(1モーター・デュアルクラッチ+CVT)か、モーターメインのもの(EV+レンジエクステンダー)になることが予想できますが、エクストレイルと同様のものでは、22.0km/Lくらい、モーターメインのもでは24.0km/Lくらいが考えられます。

まとめ

新型セレナではハイブリッドシステムも導入され、燃費が良くなることが期待できるので、ますますファミリーに優しいミニバンに生まれ変わるでしょう。

エンジンが小型化すれば、居住空間もさらに快適になるでしょうから、フルモデルチェンジのセレナがどう変わるかはとても楽しみです。新型セレナの発表が待ち遠しいですね。

車の買い替えで損をしない方法を知っていますか?

車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。

愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか?

これ実はめちゃくちゃ損します!!

もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。

ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。

値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。

【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい

別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。

ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。

「仕方ないですね。!今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。!」
↑こういう言葉も信じてはいけません。ただのセールストークです。

ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。あなたは必ず後悔します。

【裏技】ディーラーに騙されない方法。自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。(無料+1分でできます。)

下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。

1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。たった、これだけです。

所要時間は1分です。お金もかからないです。無料です。

また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。なので、即座にご自身の車の価値がわかります。

買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。

「A社は〇〇万円で下取ってくれるみたいです!」
↑こう伝えるだけで、ディーラーはあなたの車をその金額以上で下取りをせざるを得ません。

もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。

なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。

ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。

何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。

あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!

かんたん車査定ガイドの公式サイトへ

-セレナ, 日産

Copyright© 車を買い替えたい.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.